データの更新または再クエリを実行する

ネットワーク上でデータベースを共有している場合、Microsoft Access は設定された間隔で情報を更新します。最新のデータを表示するには、データシート ビューまたはフォーム ビューからレコードを更新します。つまり、[ホーム] タブで [すべて更新]、[再表示] の順にクリックします。更新プロセスで行われるのは、データシート内またはフォーム内の既存のデータの更新です。レコードの記録、新しいレコードの表示、削除されたレコードや指定の抽出条件を満たさなくなったレコードの削除は行われません。より詳細な更新を実行するには、マクロを使ってデータを再クエリします。

注: レコードセットのサイズによっては、再クエリ プロセスに時間がかかる場合があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

更新間隔を設定する

手動でデータの再クエリを実行する

クライアント データベース内のデータを再クエリする

Access アプリケーションのデータを再クエリする

更新間隔を設定する

既定では、データは 60 秒間隔で更新されます。更新間隔は、次のようにしてユーザーが変更できます。

  1. [ファイル] で [オプション]、[クライアントの設定] の順にクリックします。

  2. [詳細設定] で、[再表示の間隔 (秒)] の設定を変更します。

ページの先頭へ

手動でデータの再クエリを実行する

  • Shift キーを押しながら F9 キーを押します。

ページの先頭へ

クライアント データベース内のデータを再クエリする

マクロを作成してイベントに添付し、イベントが発生するたびに自動的にデータの再クエリを実行するようにできます。たとえば、フォームがフォーカスを受け取るたびに、フォーム内のデータを再クエリする必要があるとします。この場合、次の手順を使用して、マクロを作成してフォームの [フォーカス取得後] イベントに添付できます。

  1. [作成] タブの [マクロ] をクリックします。このコマンドを使用できない場合は、[モジュール] または [クラス モジュール] をクリックして、[マクロ] をクリックします。

  2. 緑色のプラス記号 (+) の横にあるボックスの矢印をクリックし、[再クエリ] をクリックします。

  3. マクロを保存し、マクロ ビルダーを閉じます。

  4. 目的のフォームをデザイン ビューで開きます。プロパティ シートが表示されていない場合は、F4 キーを押します。

  5. フォームが選択されている状態で、プロパティ シートの [イベント] タブをクリックします。

  6. [イベント] タブで、[フォーカス取得後] プロパティ内の矢印をクリックし、 マクロ名の [再クエリ] をクリックします。

  7. フォームを保存します。

ページの先頭へ

Access アプリケーションのデータを再クエリする

Access アプリケーションのクエリはサーバー上で実行します。Access アプリケーションのデータを再クエリするには、レコードの再クエリのマクロを使います。このマクロを使うには、最新のレコードセットが必要です。

  1. 目的のフォームを開き、[アクション] をクリックして、[レコード移動時] をクリックします。

  2. [アクション カタログ] の [レコードの再クエリ] をクリックします。Where= を空白のままにしておくと、結果に対して追加のフィルター処理は実行されません。また、OrderBy= を空白のままにしておくと、特別な並べ換えは実行されません。

  3. フォームを保存します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×