データの傾向を予測する

フィル ハンドルを使用することで、単純な線形傾向または指数増加傾向に適した一連の値を拡張できます。

フィル ハンドル

ここでは次の手順を使用し、傾向を表示して予測し、見通しを立てる方法について説明します。

データから傾向系列を作成する

線形の最適な傾向系列を作成する

線形の傾向系列では、初期値に増分値 (つまり、系列の初期値と次の値の差分) が加算されてから、それ以降の値にそれぞれ加算されます。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を高めるには、3 つ以上の初期値を選びます。

  2. 値の増加方向または減少方向にフィル ハンドルをドラッグします。

    たとえば、セル範囲 C1:E1 を選び、これらのセルの初期値が 3、5、および 8 の場合、増加傾向の値を入力するにはフィル ハンドルを右にドラッグし、減少傾向の値を入力するには左にドラッグします。

    ヒント: 系列の作成方法を手動で制御するには、[編集] メニューの [塗りつぶし] をポイントしてから [系列] をクリックします。

指数増加の傾向系列を作成する

増加傾向系列では、初期値に増分値が乗算され、係数の次の値が得られます。その後、結果として得られた積と以降の積にそれぞれ増分値が乗算されます。

  1. 近似曲線の傾向を示す初期値が入力されている 2 つ以上のセルを選びます。

    傾向系列の精度を高めるには、3 つ以上の初期値を選びます。

  2. CONTROL キーを押しながら、増加値または減少値を入力する方向にフィル ハンドルをドラッグします。

    たとえば、セル範囲 C1:E1 を選び、これらのセルの初期値が 3、5、および 8 の場合、増加傾向の値を入力するにはフィル ハンドルを右にドラッグし、減少傾向の値を入力するには左にドラッグします。

  3. CONTROL キーとマウス ボタンを離し、コンテキスト メニューの [連続データ (乗算)] をクリックします。

    Excel で自動的に増加傾向が計算され、続けて選択したセルに系列が入力されます。

    ヒント: 系列の作成方法を手動で制御するには、[編集] メニューの [塗りつぶし] をポイントしてから [系列] をクリックします。

グラフで近似曲線を使用して傾向系列を表示する

2-D グラフで近似曲線と移動平均を使用して傾向をグラフで表示し、予測の問題を分析 (回帰分析とも呼ばれる) することができます。移動平均を使用すると、データの変動が滑らかになるため、パターンや傾向がより明確に示されます。変数間の関連を評価する回帰分析を使用すると、グラフの近似曲線を実測値よりも延長して将来の値を予測できます。

  1. グラフ上で、近似曲線または移動平均を追加するデータ系列をクリックします。

  2. [グラフのデザイン] タブで [グラフ要素を追加] をクリックし、[近似曲線] をポイントします。

    注:  近似曲線を追加できるのは、非積み上げグラフ、2-D グラフ、面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、株価チャート、散布図、またはバブル チャートのみです。

  3. 使用する近似曲線または移動平均の種類をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

    注: 移動平均を散布図に追加する場合、移動平均はグラフで x の値をプロットする順序に基づいて計算されます。目的の結果を得るために、移動平均を追加する前に x 値の並べ替えが必要になる場合があります。

2-D グラフで近似曲線と移動平均を使用して傾向をグラフで表示し、予測の問題を分析 (回帰分析とも呼ばれる) することができます。移動平均を使用すると、データの変動が滑らかになるため、パターンや傾向がより明確に示されます。変数間の関連を評価する回帰分析を使用すると、グラフの近似曲線を実測値よりも延長して将来の値を予測できます。

  1. グラフ上で、近似曲線または移動平均を追加するデータ系列をクリックします。

  2. [グラフ] メニューの [近似曲線の追加] をクリックし、[種類] をクリックします。

    注:  近似曲線を追加できるのは、非積み上げグラフ、2-D グラフ、面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、株価チャート、散布図、またはバブル チャートのみです。

  3. 使用する近似曲線または移動平均の種類をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    選択内容

    操作

    多項式近似

    [次数] ボックスに、独立変数に使用する最大次数を入力します。

    移動平均

    [区間] ボックスに、移動平均の計算に使用する区間数を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

    注: 移動平均を散布図に追加する場合、移動平均はグラフで x の値をプロットする順序に基づいて計算されます。目的の結果を得るために、移動平均を追加する前に x 値の並べ替えが必要になる場合があります。

関連項目

FORECAST 関数

TREND 関数

GROWTH 関数

LINEST 関数

LOGEST 関数

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×