データの・ ストリーマーのリボンに移動します。

データの・ ストリーマーのリボンに移動します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PC に正常にデータの・ ストリーマーをインストールしたら、Excel のリボンの新しい「データ ・ ストリーマー」タブが表示されます。作業を開始するには、このタブを選択します。リボンでは、アドインの主なコントロールが含まれているし、3 つの手順に従います。

データ ソースに接続します。


手順 1: データ ソースの接続
 
デバイスを接続します。

ワークシートのデータを視覚化するには、データ ソースを選択する必要があります。(コンピューター、Adafruit グラウンドなど) からのデータをストリーミングするか、データ ファイルのインポートを選択するには、以前に記録したデータ ファイルを開くし、それを再生してマイクロ コント ローラーの選択を接続するデバイスを選択します。手順 3 でデータを記録する方法を紹介します。

ファイルをインポートします。

オプション a: デバイスを接続する

接続するデバイスを選択すると、サブ リボン現在を自分のコンピューターに接続されているデバイスを選択することができますが表示されます。お使いのデバイスが表示されていないすべてのデバイスが表示されない、または、互換性のあるデバイスがコンピューターに接続されているし、必要なドライバーがインストールされていることを確認します。お使いのデバイスには、接続した後に自動的に表示されます。    

メモ:デバイスは、「シリアル デバイス」のような一般的なとして登録されている可能性があります。お使いのデバイスが接続されているし、汎用 USB またはシリアル デバイスとして表示されている表示のみデバイスが表示される場合は、必要なものがあります。

オプション b: データ ファイルのインポート (データの記録済み)

以前にデータを記録した場合、ここで開くことができます。ボタンを選択すると、ファイルのブラウザーが開きます。.Csv ファイルを再生するかを選択します。現在開いているブックで記録されたとき、データのエラーが発生する可能性がありますか確認します。ファイルを開くと、記録されたデータをビジュアル化するデータの再生] ボタンを選択します。    

ハッキング縦線開く
 
手順 2: データ ストリーミング
 
データのストリーム

のデータ ソースを選択したら、それが Excel にストリーミングを開始する時間です。
デバイスでは、データの開始] ボタンを選択します。

手順 3: レコードのデータ (ライブ データのみ)

レコードのデータ    

お使いのデバイスからリアルタイム データを記録したい場合は、[データ ファイルをインポートする] ボタンを選択します。すぐにレコーディングが開始されます。

停止する準備ができたら、[レコーディングの停止] を選びます。[、.Csv ファイルに記録されたデータを保存するように求めされます。

保存ハッキング縦線

データを再生するには、お使いのデバイスから切断(データ ソース > デバイスを切断) し、[データ ファイルのインポート] を選びます。次に、次のオプション B 上記の手順を実行します。

視覚エフェクトをキャプチャ

視覚エフェクトのキャプチャを選択すると、現在の Excel ウィンドウのスクリーン ショット .png ファイルがキャプチャされます。共有し、または画像ファイルを印刷できます。

高度な        

警告:[詳細設定] の設定を変更すると、ブックが切れる可能性があります。変更しないでください詳細設定では何も実行していること確認し、変更内容を反転する準備がわかっていることを確認することをお勧めします。

コンソール] タブの [

コンソールは、生のシリアル データをデバイスに接続されている場合に表示されます。これは、お使いのデバイスでの接続の問題のトラブルシューティングに役立ちます。    

コンソール] タブ

受信したデータと転送のデータを表示するデータの送信を表示するデータの受信] のチェック ボックスを選択します。

お使いのデバイスで必要に応じて、速度を調整することもできます。既定の設定は、9600 します。

選択をオフにすると、コンソールの内容を消去します。

再生] タブ

手順 1 では、オプションの B. で説明したように、以前に記録したデータ ファイルを再生中に、[再生] タブが使用されています。再生すると、中に、詳細設定し、データと行の数を確認のタイムラインをスクラブこのウィンドウを表示できます。

再生

[設定] タブ

設定

データ

受信したデータの解釈に関連する設定が含まれています。

  • データ行の数: は、ブックに保存するデータの行の最大数を指定します。一部のブックは、この設定を変更する必要があります。既定では、15 です。

  • データ チャネルの数: は受信データ ストリームでデータのチャンネル数 (列、フィールドなど) を指定します。この番号では、フィールドの数以上を .csv ファイルの各行でなければなりません。一部のブックは、この設定を変更する必要があります。既定では、[エンタープライズ フラグ 20 です。

  • データの遅延時間 (ミリ秒) – データを表示するには、各反復ミリ秒単位で、遅延を指定します。既定では、175ms です。

  • データの向き– は、データのワークシートにデータを追加する必要があります順序を指定します。降順最後線を表示、最も既読になった下部で、順線を表示、最も既読になった上部にあるときにします。一部のブックは、この設定を変更する必要があります。既定では、最新の最後です。

Port

シリアル接続に一般的に関連する設定が含まれています。これらの設定を既定の設定と互換性がないデバイスを接続している場合に必要があります。

ユーザー インターフェイス

確認ダイアログ ボックスが表示されたらを調整して、接続プロセスの合理化など、ユーザー インターフェイスに関連する設定が含まれています。

  • 常に接続されているデバイス] ダイアログを表示する– 受信すると、デバイスが接続されている確認] ダイアログ ボックスのデータの表示を開始する方法のガイダンスを含む、環境設定を設定します。既定値がチェックされます。

  • 常にレコーディングの保存] ダイアログを表示する– 受信すると、レコーディングの保存確認] ダイアログ ボックスのデータを再生する方法のガイダンスを受信を含む、環境設定を設定します。既定値がチェックされます。

  • デバイス上のデータのストリームを自動的に接続またはファイルの import – に迅速にデータをビジュアル化するか。このチェック ボックスをオンが自動的に開始データから、デバイスまたは選択したファイルからデータを再生します。既定では、チェックインします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×