デスクトップ データベース内のデータをフィルター処理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フィルターを適用するには、フィルターに使用するフィールドまたはコントロールを右クリックし、ポップアップ メニューの下半分に表示されるフィルター コマンドを選びます。フィルター条件として特定の値を使用するには、値を選んで右クリックし、フィルター コマンドを選びます。フィルターのオプションは、使用するフィールドのデータ型によって異なります。Hello WORLD という値を選んだテキスト フィールドの場合に表示されるフィルター オプションを示します。

テキスト フィルター オプションが表示されるコンテキスト メニュー

フィルターを使用してフォーム、レポート、クエリ、またはデータシートの特定のレコードを表示したり、レポート、テーブル、またはクエリの特定のレコードのみを印刷したりできます。フィルターを適用することによって、基になるオブジェクトのデザインを変更せずにビュー内のデータを制限できます。

この記事では、適用する、保存、および Access デスクトップ データベースでのフィルターを削除する方法について説明します。Access アプリでフィルター処理する方法については、ブログAccess 2013 で、データのフィルター処理投稿記事を参照してください。詳細については、Access アプリには、一般的には、 Access アプリを作成する」が参照してください。

この記事の内容

フィルターについて

さまざまなフィルター方法

データの [フィルター適用] と [フィルター処理なし] のビューを切り替える

フィルターをクリアする

フィルターを保存して自動的に適用する

フィルターについて

表示されるデータを限定することがデータベースの基本タスクであり、フィルターはその方法の 1 つですが、クエリの方がより便利な場合があります。フィルターを使用する場合、共通フィルター、選択フィルター、フォーム フィルターなど、いくつかの方法があります。

クエリを使用するケース

表示されるデータを限定する場合、フィルターよりもクエリの方が便利な場合があります。クエリを作成するにはちょっとした作業が必要で、クエリ デザイナーを開いたり、テーブルを追加したりする必要があります。ただし、いったんクエリを作成すると、データ ソースを利用するフォームやレポート、その他のクエリなどにデータを提供できる新しいデータ ソースを取得したことになります。次のような場合には、クエリの使用を検討してください。

  • 限定された同じデータ セットを、複数のオブジェクトで何度も使用する予定がある場合。フィルターは保存や適用と解除の切り替えができますが、フィルターを作成したオブジェクト以外でそのフィルターを使用することはできません。

  • 予測される複数の結果の範囲、つまり複数の代替抽出条件を同時に含める必要がある場合。これはフォーム フィルターでも可能ですが、フォーム フィルターの場合は、すべての代替抽出条件が個別のタブに表示されます。クエリでは、すべての代替抽出条件が一度にまとめて表示されます。

さまざまなデータ型をサポートするフィルター

フィルターにはさまざまな種類があり、1 つのデータ型にしか適用されないものや、複数のデータ型に適用されるものがあります。使用できるフィルターは、フィルターを適用するフィールドの種類と値によって異なります。日付/時刻データの共通フィルターの図を次に示します。

日付フィールドのフィルター

1. 日付/時刻データの共通フィルター

2. [期間内のすべての日付] フィルターは日付/時刻データでのみ使用可能です。日付値の日と年の部分は無視されます。

フィルターを再利用する

オブジェクトにフィルターを適用して保存すると、次にオブジェクトを開いたときにフィルターを使用できます。FilterOnLoad プロパティでは、オブジェクトを開いたときにフィルターを適用するかどうかを指定することができます。

他のデータベース オブジェクトでフィルターを再利用する場合は、クエリとして保存することができます。

ページの先頭へ

さまざまなフィルター方法

主に 3 つのフィルター方法があります。

  • 共通フィルター    - データから値を選んでフィルターする簡単な方法で、[次を含む] のような一連の組み込み比較フィルターもあります。

  • 選択フィルター    - 共通フィルターと同様に簡単な方法で、フィルターとして使用する値が表示されている場合に便利です。

  • フォーム フィルター - 同時に一連のフィルターを適用する場合は、フォーム フィルターによってプロセスをより詳細に制御できます。

共通フィルター

共通フィルターは、ほとんどの種類のデータに組み込まれており、データに固有の基本的なフィルターを提供します。たとえば、日付/時刻データをフィルターする場合、[] 共通フィルターを使用して、特定日付以降に発生する日付を除外することができます。

注:  共通フィルターは、一度に 1 つのフィールドで機能します。複数のフィールドやコントロールにフィルターを適用するには、それぞれ別々にフィルターを適用するか、高度なフィルター オプションを使用します。

共通フィルターを使用するには    フィルターを適用するフィールドの見出しをクリックすると、共通フィルターがポップアップ メニューの下半分に表示されます。

日付の共通フィルター
日付/時刻データの共通フィルター

1. フィルターを適用して特定の値を抽出するには、チェック ボックス リストを使用します。このリストには、現在フィールドに保存されているすべての値が表示されます。

2. 値の範囲をフィルターするには、比較フィルターをクリックし、目的の値を指定します。

共通フィルターに関するヒント

  • 1 つだけまたはいくつかの値を使用して値リストをフィルターするには、オフ、 (すべて選択) ] チェック ボックス、目的の値を選択します。

  • Null 値をフィルター処理する (レコードを表示するフィルターのフィールドにデータがない) をオフ、 (すべて選択) ] チェック ボックスを横にチェック ボックスを選択し、 (空白)

  • 共通フィルターにワイルドカード文字を使用して、検索精度を下げることができます。たとえば、アスタリスク (*) のワイルドカードは、任意の文字列と一致します。そのため、Michele のさまざまなスペルと一致させる場合は、フィルター文字列 Miche*l* を使用して [名] フィールドに [次の値と等しい] の共通フィルターを適用します。

  • フィルターに (ワイルドカードとしてではなく) ワイルドカード文字自体を含める場合は、文字を角かっこで囲みます。

共通フィルターが表示されない場合

共通フィルターは、次のような状況では使用できません。

  • Yes/No 型、OLE オブジェクト型、および添付ファイル型の各フィールドで、データ固有のフィルターを使用できない。

  • メモ型フィールドで、値リストを使用できない。

  • データシート ビュー、フォーム ビュー、レポート ビュー、レイアウト ビュー以外のビューで、共通フィルターを使用できない。

選択フィルター

現在選択されている値に基づいてフィルターを適用するには、リボンの [ホーム] をクリックして、[並べ替えと​​フィルター] で [選択範囲] をクリックします。ドロップダウン リストには、使用可能なフィルター オプションが表示されます。共通フィルターと同様、選択フィルターのオプションは、データ型によって異なります。選択された値を右クリックして、選択フィルターを使用することもできます。

[選択フィルター] メニュー

フォーム フィルター

フォームに入力してフィルターを適用するには、[ホーム] タブの [並べ替えと​​フィルター] で、[詳細設定] をクリックし、[フォーム フィルター] をクリックします。フォーム フィルターを使用すると、フィルターを適用しているフォームと似た空のフォームが作成され、必要な数のフィールドに値を入力できるようになります。入力が完了すると、一致するレコードが検索されます。これは複数のフィールドの値を使用してフィルターを適用する場合に便利です。次の図は、簡単なフォーム フィルターを示しています。

フォーム フィルター

注: フォーム フィルターの使用中に、複数値型、メモ型、ハイパーリンク型、Yes/No 型、または OLE オブジェクト型のフィールドを使用してフィールドの値を指定することはできません。

代替フォーム フィルターの値を [または] タブで追加する

さまざまなのフィルター処理するために使用する値の組み合わせを追加するには、をクリックして、 または] タブの [フォーム – [フィルターの下部にあるフィルター処理に使用する新しい空のフォームが開きます。[または] タブを使用するたびに Access 作成もう 1 つです。常に 1 つに使用されるフォーム フィルター] タブまたはします。複数のフォーム フィルターを使用して値のセットを指定すると、セットに一致するレコードが含まれます。詳しく、つまり、[または] タブをフィルターより多くのデータを使用します。

フィルター/並べ替え​​の編集

通常のフィルター方法を使用しない、自分で作成したフィルターを適用しなければならない場合もあります。そのような場合は、[フィルター/並べ替え​​の編集] を使用します。フィルターのデザイン方法はクエリのデザイン方法に似ています。

  1. データシート、フォーム、レポート、またはレイアウトのいずれかのビューで、テーブル、クエリ、フォーム、またはレポートを開きます。

  2. ビューにフィルターが適用されていないことを確認します。レコード ナビゲーター バーで [フィルターなし] が淡色表示されている (使用不可である) ことを確認します。レコード ナビゲーター バーが表示されていない場合は、[ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で [詳細設定] をクリックし、[すべてのフィルターのクリア] をクリックします ([すべてのフィルターのクリア] が淡色表示されている場合、有効なフィルターはありません)。

  3. リボンのをクリックしてHome、次に、 並べ替えとフィルター ] のグループ詳細, ]、をクリック高度なフィルター/並べ替えの編集します。

  4. フィルターを適用するフィールドをグリッドに追加します。

  5. 各フィールドの [抽出条件] 行で、抽出条件を指定します。抽出条件はまとめて適用され、すべての抽出条件に一致したレコードだけが [抽出条件] 行に表示されます。代替的な抽出条件を単一のフィールドに対して指定するには、[抽出条件] 行に最初の抽出条件を入力し、[または] 行に 2 番目の抽出条件を入力します。

    ヒント: 

    • [または] 行のすべての抽出条件のセットが、[抽出条件] 行の代替抽出条件のセットとして適用されます。両方の抽出条件のセットとして適用する条件については、[抽出条件] 行と [または] 行の両方に入力する必要があります。フィルターが適用された行を表示するには、[フィルター] をクリックします。

    • 抽出条件を作成する方法を学習に効果的な方法では、一般的なフィルターまたは探している内容に近い結果を生成する選択に基づくフィルターを適用します。次に、フィルター、ビューに適用されていると、表示、 フィルター ] オブジェクト タブ

[フィルター] ドキュメント タブの特殊なコマンド

2 つの特別なコマンドを表示する利用、 フィルターの文書] タブ。タブのデザイン グリッドの上にある任意の場所を右クリックすると、 クエリの読み込みとショートカット メニューの [クエリとして保存コマンドを利用します。

特殊なフィルター オプション

[クエリから​​読み込み] をクリックすると、選択したクエリのデザインがグリッドに読み込まれます。これにより、クエリ条件をフィルター条件として使用できます。

[クエリとして​​保存] をクリックすると、フィルター設定を新しいクエリとして保存できます。

ページの先頭へ

データの [フィルター適用] と [フィルター処理なし] のビューを切り替える

データの [フィルター処理なし] のビューに切り替えるには、レコード ナビゲーター バーの [フィルター適用] をクリックします。

レコード ナビゲーターのフィルターの切り替え

[フィルター適用] のビューに戻すには、レコード ナビゲーター バーの [フィルター処理なし] をクリックします。

ページの先頭へ

フィルターをクリアする

フィルターをクリアして、完全に削除します。[フィルター処理なし] をクリックしてクリアしたフィルターを再適用することはできません。フィルターをもう一度作成する必要があります。単一のフィールドから単一のフィルターをクリアすることも、ビュー内のすべてのフィールドからすべてのフィルターをクリアすることもできます。

  • 1 つのフィルターをクリアする    フィルターが適用された項目を右クリックして、[<フィールド名> のフィルターをクリア] をクリックします。

  • すべてのフィルターをクリアします。   ホーム] タブの] グループの並べ替えとフィルター ] をクリックしてし、詳細設定] をクリックし、 すべてのフィルターのクリアします。

ページの先頭へ

フィルターを保存して自動的に適用する

テーブル、クエリ、フォーム、またはレポートを閉じるし、フィルターの場所でフィルターは、オブジェクトに保存されます。オブジェクトを開くと、次回データをフィルター処理なし] が表示されますが、保存したフィルターを適用する – レコード ナビゲーター バーのフィルター処理なし] をクリックしてフィルター後のビューに切り替えるだけにできます。オブジェクトを開くときに適用するフィルターを実行する場合に、設定、 FilterOnLoadプロパティをはい

注: FilterOnLoadプロパティの設定が、オブジェクトの読み込み時にのみ適用されます。デザイン ビューでオブジェクトのプロパティを設定し、[別のビューに切り替えるには、適用する設定がされません。終了して、変更のオブジェクトを再度開く必要がある、 FilterOnLoadプロパティの設定を有効にします。

フィルターをクエリとして保存する

クエリとしてフィルターを保存して、他のオブジェクトで再利用するには、[フィルター/並べ替え​​の編集] を使用します。リボンの [ホーム] をクリックして、[並べ替えと​​フィルター] で、[詳細設定] をクリックし、[フィルター/並べ替え​​の編集] をクリックします。目的に合わせてフィルターを設定し、[フィルター] タブ上で空白の場所を右クリックし、[クエリとして保存] をクリックします。

[フィルター/並べ替えの編集] のコンテキスト メニュー

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×