デスクトップの Office プログラムでドキュメントを読み取り専用で開く

デスクトップの Office プログラムでドキュメントを読み取り専用で開く

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ドキュメント ライブラリでドキュメント名をクリックすると、Office プログラムで読み取り専用ファイルとして突然開く場合があります。 編集用に開く方法は次のとおりです。

ドキュメント タイトルをクリックする代わりに、[メニューを開く] (3 つのドット) をクリックし、[編集] をクリックします。
[開く] メニューで [編集] をクリックする

注記: 

  • タイトルのクリック時に Office Online での編集用にドキュメントを開いておきたい場合は、ライブラリで設定できます (ライブラリ設定を変更するアクセス許可がある場合)。

  • ライブラリで [ライブラリ] タブをクリックします。[ブラウザーで開くドキュメント] セクションで、[ライブラリの設定][詳細設定] の順に移動し、[Web ブラウザーで開く] に切り替えます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×