デジタル署名を使用してメッセージを保護する

デジタル署名を使用してメッセージを保護する

メール メッセージにデジタル署名を添えると、なりすましではなく本人がメール メッセージの内容に署名したことが保証され、セキュリティが一層強化されることになります。デジタル署名はデジタル ID から生成され、証明書と公開キーが含まれます。デジタル ID は一意のデジタル マークとして機能するものであり、内容が送信中に改ざんされていないことを受信者に知らせます。プライバシー保護を強化する目的で、メール メッセージを暗号化することもできます。

デジタル署名と普通の署名の違いは何ですか。

デジタル署名は、送信メッセージの定型文に含まれる署名と同じではありません。電子メール署名は基本的にはカスタマイズ可能な結びのあいさつ文であり、誰でもコピーできます。一方、デジタル署名付きのメッセージは、署名に使用されたデジタル ID の所有者からのみ取得できます。デジタル ID は送信者が本人であることを確認するものであり、メッセージの改ざんを防ぐのに役立ちます。

デジタル署名の詳細はこちらから、デジタル ID の取得方法はこちらからご確認いただけます。

1 つのメッセージにデジタル署名を追加する

  1. メッセージの [オプション] タブの [アクセス権] で、[メッセージに署名を追加] をクリックします。

    • [メッセージに署名を追加] ボタンが表示されない場合、次の操作を行います。

      • メッセージを開いて、[オプション] をクリックします。

      • [さらにオプション] グループで、右下隅にあるダイアログ ボックス起動ツール リボンのダイアログ ボックス起動ツール ボタン をクリックします。

      • [セキュリティ設定] をクリックし、[このメッセージにデジタル署名を追加する] チェック ボックスをオンにします。

      • [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

    • [メッセージに署名を追加] ボタンが表示されない場合は、メッセージにデジタル署名を付けるようにデジタル ID を構成していない可能性があります。次の操作を行い、デジタル署名をインストールする必要があります。

      • [ファイル] メニューで [オプション]、[セキュリティ センター] の順にクリックします。

      • [Microsoft Outlook セキュリティ センター] で [セキュリティ センターの設定]、[電子メールのセキュリティ] の順にクリックします。

      • [インポート/エクスポート] をクリックし、コンピューターのファイルからデジタル ID をインポートするか、[デジタル ID の取得] をクリックし、使用するデジタル ID を発行するサービスの一覧を見つけます。

  2. メッセージを作成し、送信します。

すべてのメッセージにデジタル署名を追加する

  1. [ファイル] タブで [オプション]、[セキュリティ センター] の順にクリックします。

  2. [Microsoft Outlook セキュリティ センター] で [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  3. [電子メール セキュリティ] タブの [暗号化メール] で、[送信メッセージにデジタル署名を追加する] チェック ボックスをオンにします。

  4. 次のオプションのいずれかを選択します (使用可能な場合)。

    • S/MIME セキュリティを使用しない受信者がメッセージを読むことができるようにするには、[署名されたメッセージを送信する際は、クリア テキストで送信する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

    • デジタル署名されたメッセージを受信者が改ざんされることなく受信していることを確認するには、[すべての S/MIME 署名されたメッセージの確認メッセージを要求する] チェック ボックスをオンにします。メッセージを開いた人とメッセージが開かれた時刻とを知らせる通知を要求することができます。S/MIME 返信メッセージ要求を使用したメッセージを送信すると、目的の確認情報は受信トレイに送信されるメッセージとして返信されます。

  5. 複数の証明書から使用するものを選択するなど、その他の設定を変更するには、[設定] をクリックします。

  6. 開いている各ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

個別のメッセージにデジタル署名を追加する

  1. メッセージの [メッセージ] タブで、[オプション] の [メッセージにデジタル署名を追加] ボタン イメージ ボタンをクリックします。

    注: このボタンが表示されない場合は、[オプション] の右下隅にある [オプション] ダイアログ ボックス ランチャーをクリックして、[メッセージ オプション] ダイアログ ボックスを開きます。[セキュリティ設定] ボタンをクリックし、[セキュリティ プロパティ] ダイアログ ボックスで、[このメッセージにデジタル署名を追加する] チェック ボックスをオンにします。[OK] をクリックし、ダイアログ ボックスを閉じます。

  2. メッセージを作成し、送信します。

すべてのメッセージにデジタル署名を追加する

  1. [ツール] メニューの Outlook メールで、[セキュリティ センター] をクリックし、[電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  2. [電子メールの暗号化] の [送信メッセージにデジタル署名を追加する] チェック ボックスをオンにします。

  3. 次のオプションのいずれかを選択します (使用可能な場合)。

    • S/MIME セキュリティを使用しない受信者がメッセージを読むことができるようにするには、[署名されたメッセージを送信する際は、クリア テキストで送信する] チェック ボックスをオンにします。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。

    • デジタル署名が受信者によって検証されることを確認し、メッセージが改ざんされずに受信されたことの確認と、メッセージを開いた人と開いた時刻を伝える受信通知を要求するには、[このメッセージに対する S/MIME 確認メッセージを要求する] チェック ボックスをオンにします。メッセージを S/MIME 確認メッセージの要求と共に送信すると、この確認情報は送信者の [受信トレイ] にメッセージとして送信されます。

  4. 使用する特定の証明書の選択などのその他の設定を変更するには、[設定の変更] をクリックします。

  5. [OK] を 2 回クリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×