スキップしてメイン コンテンツへ

デジタル署名または暗号化されたメッセージを送信する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

電子メール メッセージのプライバシーを保護する必要がある場合は、それを暗号化します。 Outlook でメール メッセージを暗号化するとするには、判読可能なテキスト形式からスクランブル暗号化テキストに変換することを意味します。 メッセージを暗号化するための公開キーと一致する秘密キーがある受信者のみ閲覧のメッセージを解読できます。 ただし、秘密キー、せずにすべての受信者には、解読テキストが表示されます。

メール メッセージにデジタル署名すると、なりすましではなく信頼できる送信者からのメールであることを受信者が確認できます。 デジタル署名を使用するのには、送信と受信者の両方が S/MIME 標準をサポートするメール アプリケーションが必要です。 Outlook では S/MIME 標準がサポートされています。

Outlook は、2 つのオプションの暗号化をサポートしています。

  1. S/MIME 暗号化の送信者と受信者の S/MIME 暗号化を使用するには、S/MIME 標準をサポートするメール アプリケーションが必要です。 Outlook では S/MIME 標準がサポートされています。

  2. Office 365 のメッセージの暗号化(Information Rights Management) - Office 365 のメッセージの暗号化] 送信者を使用するには、Office 365 のメッセージの暗号化] O365 E3 ライセンスに含まれている必要があります。

暗号化されたメッセージを送信する

S/MIME で暗号化

この手順を開始する前にする必要があります最初に追加した、 証明書キーチェーン、コンピューターにします。 証明機関からデジタル証明書を取得する方法については、 Mac ヘルプを参照してください。 Outlook の連絡先のエントリが保存されている各受信者の証明書のコピーをする必要があります。 Outlook に連絡先の証明書を追加する方法については、インポート、エクスポート、または連絡先の証明書を削除するを参照してください。

ディレクトリ サービスに公開されて、その他の連絡先と共に使用する受信者の証明書は、Microsoft Exchange Server で使用されるグローバル アドレス一覧 (GAL) など、 LDAPディレクトリ サービスで、受信者が表示されている場合情報。

上記の場合、受信者はLDAPディレクトリ サービスでは、ディレクトリ サービスにし、その他の連絡先の情報と共に使用する受信者の証明書が公開されます。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

    [ツール] タブの [アカウント] ボタン

  2. アカウントから、暗号化されたメッセージを送信する] をクリックし、[詳細設定_gtセキュリティを選択します。

  3. 証明書では、証明書を使用するを選択します。 Mac os X ユーザー アカウントのキーチェーンに追加したそれらの証明書とデジタル署名または暗号化に対して有効な証明書のみが表示されます。 証明書をキーチェーンを追加する方法の詳細については、 Mac ヘルプを参照してください。

  4. [OK] をクリックして、[アカウント] ダイアログ ボックスを閉じます。

  5. Office 365 サブスクライバーにして、[16.19.18110915 を作成したかどうか、以上

    メール メッセージには、[オプションを選択して [暗号化を選択し、ドロップダウン リストから、[S/MIME で暗号化するオプションをパックします。

    S/MIME オプションを使用して暗号化します。

  6. Outlook for Mac 2019、2016 と 2011

    電子メール メッセージでは、_gtセキュリティ_gtメッセージの暗号化オプションを選択します。

    Outlook 2016 でのセキュリティとアクセス許可のボタン

  7. メッセージの作成を完了し、[送信] をクリックします。

    注: 暗号化されたメッセージを送信するとき、受信者の証明書を使って、受信者のメッセージのコピーが暗号化されます。 送信者の証明書は、Outlook の [送信済みアイテム] または [下書き] フォルダーに保存されるメッセージのコピーを暗号化するために使われます。

Office 365 のメッセージの暗号化を使用して暗号化

  1. 場合は、Office 365 のサブスクライバーで 16.19.18110915 を作成以上

    電子メール メッセージで、オプションを選択し、暗号化を選択し、転送不可 など、適用するには、制限されている [暗号化] オプションを選択または暗号化専用です。

    電子メール メッセージの暗号化] ボタンが表示されています。

    注: Office 365 のメッセージの暗号化は、O365 E3 ライセンスの一部です。 さらに、([暗号化] ボタンのオプション) を暗号化のみの機能は Exchange Online を使っているサブスクライバー (Office ProPlus ユーザー) にのみ有効です。

  2. Outlook for Mac 2019、2016、および 2011

    電子メール メッセージで_gt アクセス許可のオプションを選択し、[転送不可など、適用するには、制限されている [暗号化] オプションを選びます。

    Outlook 2016 でのセキュリティとアクセス許可のボタン

    注:  暗号化専用の機能がこれらのバージョンの Outlook for mac では無効にします。

デジタル署名されたメッセージを送信する

この手順を開始する前にする必要がありますに追加した証明書、キーチェーン、コンピューターにします。 証明機関からデジタル証明書を取得する方法については、 Mac ヘルプを参照してください。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

    [ツール] タブの [アカウント] ボタン

  2. デジタル署名されたメッセージを送信するアカウントをクリックし、[詳細設定_gtセキュリティを選択します。

  3. 証明書では、証明書を使用するを選択します。 Mac os X ユーザー アカウントのキーチェーンに追加したそれらの証明書とデジタル署名または暗号化に対して有効な証明書のみが表示されます。 証明書をキーチェーンを追加する方法の詳細については、 Mac ヘルプを参照してください。

  4. 次のいずれかの操作を実行します。

    S/MIMEメール アプリケーションがない、証明書を確認することができない場合でも、デジタル署名されたメッセージをすべての受信者を開くことができますがようにするには、デジタル署名されたをクリア テキストでメッセージを送信] を選びます。

    受信者に暗号化されたメッセージを送信するのには、署名と暗号化証明書] を選択しているかどうかを確認し、[署名付きメッセージに自分の証明書を含める] を選びます。

  5. [OK] をクリックして、[アカウント] ダイアログ ボックスを閉じます。

  6. 場合は、Office 365 のサブスクライバーで 16.19.18110402 を作成以上

    電子メール メッセージのオプションを選択し、[サインイン] を選びます。

    電子メール メッセージに署名] ボタンが表示されています。

    Outlook for Mac 2019、2016 と 2011

    電子メール メッセージでは、_gtセキュリティ_gtメッセージにデジタル署名オプションを選択します。

    Outlook 2016 でのセキュリティとアクセス許可のボタン

  7. メッセージの作成を完了し、[送信] をクリックします。

関連項目

PC の Outlook でデジタル署名を使用してメッセージを保護する.

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×