デジタル署名の信頼性を確認する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

デジタル署名と証明書は、ソフトウェアのセキュリティの中心的な役割を再生します。この記事とデジタル署名と関連付けられている証明書は有効であることを示す情報を表示する方法について説明します。

デジタル署名の詳細については、「デジタル署名と証明書」を参照してください。

この記事の内容

Word、Excel、または PowerPoint でのデジタル署名と証明書の信頼性

デジタル署名の信頼性を確認する方法

無効なデジタル署名

デジタル署名の修復可能なエラー

デジタル部分署名

Word、Excel、または PowerPoint でのデジタル署名と証明書の信頼性

信頼性を確認するには、次の手順に従って、デジタル署名の証明書のデータを表示します。

  1. デジタル署名を持つ Word 文書、Excel ワークシート、または PowerPoint プレゼンテーションを開きます。

  2. 署名欄をダブルクリックします。

    注: 署名欄が使用できない場合は、赤色の [署名] ボタンをクリックします。[署名] ウィンドウが表示されたら、署名の名前の下矢印をクリックし、[署名の詳細] を選択します。

    次のイメージは、[署名] ボタンの例です。

    赤色の [署名] ボタン

  3. [署名の詳細] ダイアログが表示されます。

  4. 証明書の詳細情報を表示するには、[表示] をクリックします。

  5. [証明書] ダイアログが表示されます。

  6. [全般] タブでは、次の証明書の情報を確認できます。

    • 発行先    この証明書の発行先

    • 発行者    証明書を発行した組織

    • 有効期限の開始日と終了日    証明書の有効期限

  7. [詳細] タブでは、次のような詳細情報を確認できます。

    • バージョン

    • シリアル番号

    • 発行者

    • サブジェクト

    • 公開キー

  8. [証明のパス] タブでは、証明のルートおよび証明書の状態を確認できます。

次のイメージは、[証明書] ダイアログの例です。

[証明書] ダイアログ

ページの先頭へ

デジタル署名の信頼性を確認する方法

信頼できる署名は、その署名が有効なことを示すコンピューターのユーザー アカウントにおいて有効です。署名を別のコンピューターや別のアカウントで開いた場合、そのアカウントでは証明書の発行者を信頼していないために、署名が無効であると表示されることがあります。また、署名が有効であるためには、署名の暗号化の整合性が保持されている必要があります。これは、署名付きコンテンツが改変されておらず、署名証明書が有効期限切れになっていたり、取り消されたりしてないことを意味します。

ページの先頭へ

無効なデジタル署名

Word 2010、 PowerPoint 2010、 Excel 2010では、無効なデジタル署名が [署名] ウィンドウで [署名の詳細] ダイアログ ボックスの赤いX赤字で示されます。デジタル署名が無効になる理由は次のとおりです。

  • コンテンツが改変されたため、デジタル署名が破損している。

  • 証明書が信頼できる証明機関 (CA) によって発行されていない。たとえば、自己署名証明書などがあります。この場合は、信頼されていない発行元を信頼して、再度署名を有効にする必要があります。

  • 署名の作成に使用された証明書が取り消されており、タイム スタンプがない。

次のイメージは、無効な署名が表示された [署名] ウィンドウの例です。

無効な署名が表示されている [署名] ウィンドウ

[デジタル署名] ダイアログを表示する

  1. 表示するデジタル署名が含まれたファイルを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。Microsoft Office Backstage ビューが表示されます。

  3. [情報] タブをクリックし、[署名の表示] をクリックします。[署名] ウィンドウが表示されます。

  4. 一覧で、署名の名前の下矢印をクリックし、[署名の詳細] を選択します。

  5. [署名の詳細] ダイアログが表示されます。

次のイメージは、[署名の詳細] ダイアログの例です。

[署名の詳細] ダイアログ

デジタル署名が無効な場合

デジタル署名およびその証明書が無効な場合は、以下のことを行います。

  • 署名者に連絡し、署名に問題があることを知らせる。

  • 組織内のセキュリティ インフラストラクチャを担当しているシステム管理者に連絡する。

  • セキュリティ レベルの設定を下げることはお勧めしません。

  • 信頼できる発行元を追加、削除、表示する

ページの先頭へ

デジタル署名の修復可能なエラー

Office 2010はデジタル署名の新しい分類カテゴリがあります。有効または無効な以外でOffice 2010署名をできますが、署名に何らかの問題は、エラー回復可能な署名を。もう一度有効にするには、署名にエラーを修正することがあります。3 つのシナリオの回復不可能なエラーがあります。

  • 確認者がオフラインである (インターネットに接続していない) ため、証明書の取り消しデータを確認できないか、データが存在する場合はタイム スタンプを確認できない。

  • 署名の作成に使用された証明書の有効期限が切れており、タイム スタンプがない。

  • 証明書を発行したルート証明機関が信頼されていない。

次のイメージは、修復可能なエラーが表示された [署名] ウィンドウの例です。

[署名] ウィンドウ、回復不可能なエラー

重要: 修復可能なエラーが発生した場合は、システム管理者に問い合わせてください。署名の状態を有効にできる場合があります。

ページの先頭へ

デジタル部分署名

Office 2010で有効なデジタル署名するファイルの特定の部分が適用されます。ただし、必要なパーツよりも小さいに署名する署名を作成することができます。この部分的な署名が正しく暗号化に使用します。

Office では、これらの署名を読み取ることができます。ただし、Office プログラムで作成されていない可能性があります。部分署名されているファイルの処理方法が不明な場合は、IT 管理者に依頼して、署名元を特定してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×