テーブル間のリレーションシップ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

アレン・ブラウン著、アクセス MVP

データベース初心者は、必要に応じてテーブルを操作したり、1つのテーブルを別の表に関連付けたりすることができます。この例では、次の方法が最も簡単です。

学校の教師として、マーガレットは、各学生の名前と自宅の詳細、受講した被験者とともに、成績が達成されたことを追跡する必要があります。これをすべて1つのテーブルで実行するには、次のフィールドを作成してみます。

名前

都道府県

自宅の電話番号

Subject/件名

成績

しかし、この構造体は、新しい主題ごとに、学生の名前と住所をもう一度入力する必要があります。入力に必要な時間とは別に、学生がアドレスを変更したときに、マーガレットが以前のすべてのエントリを見つけて更新しなければならない場合、どうなるかを想像できますか?学生ごとに1つのレコードのみを使用して、別の構造を試みます。これには、次のような多くの追加のフィールドが必要です。

名前

都道府県

自宅の電話番号

サブジェクト1の名前

サブジェクト1のグレード

サブジェクト2の名前

サブジェクト2のグレード

サブジェクト3の名前

しかし、どのように多くの科目を許可する必要がありますか?この廃棄物の容量はどれくらいですか?"履歴 104" を見つけるには、どの列をどのように表示するかを確認してください。どのようにして、古い列に含まれる可能性のある成績を平均することができますか?このフィールドの繰り返しが表示されるたびに、データを別々のテーブルに分割する必要があります。

この問題の解決策としては、学生用、教科用、成績用の3つのテーブルを作成する必要があります。学生テーブルには、学生ごとに一意のコードが含まれている必要があるため、コンピューターは同じ名前を持つ2人の学生を混乱させることはありません。マーガレットはこのフィールドStudentIDを呼び出すため、学生テーブルには次のフィールドが含まれています。

StudentIDには、学生ごとに一意のコードを記述します。

と名を分割して、検索を簡単にします。

FirstName

同じ理由でアドレス分割アドレス情報を指定します。

郊外

郵便番号

電話番号

[サブジェクト] テーブルには、次のフィールドがあります。

SubjectIDは、各サブジェクトの一意のコードを記述します。

件名の完全なタイトル

このトピックで取り上げる内容について簡単に説明します。

成績表には、次の3つのフィールドがあります。

StudentIDは、学生テーブルの学生にこのエントリを結びつけます

SubjectIDは、このエントリをサブジェクトテーブルの件名に結び付けます。

この学生がこの主題で達成したマークを等級とします。

3つのテーブルを作成した後、マーガレットはその間のリンクを作成する必要があります。access 95-2003 では、データベースコンテナーウィンドウを選択し、[ツール] メニュー (access 1-2 の [編集] メニュー) からリレーションシップを選びます。Access 2007 では、リレーションシップは [データベースツール] リボンの [表示/非表示] グループにあります。"成績" は、他のテーブルとのリレーションシップの "関連テーブル" になります。

ここでは、学生テーブル内のすべての学生を入力します。それぞれに一意のStudentIDが含まれています。次に、 SubjectIDを使用して、すべての教科を科目表に入力します。次に、マークの準備ができたら、用語の最後に、[学生] テーブルから適切なStudentIDを使用して [成績表] に入力し、[件名] テーブルからSubjectIDを選びます。

マークを入力するには、"form/サブフォーム" ウィザードを使用してフォームを作成します。 "サブジェクト" はメインフォームのソースであり、"成績" はサブフォームのソースです。これで、メインフォームに適切な件名を付け、サブフォームに各StudentIDグレードを追加します。

成績は対象によって入力されましたが、マーガレットは学生によって表示される必要があります。彼女は別のフォーム/サブフォームを作成し、メインフォームは [学生] テーブルからデータを読み取り、[成績表] からサブフォームを選びます。以前のフォームで成績を入力したときにStudentIDを使用していたため、Access はこのコードを新しいメインフォームの1つにリンクし、メインフォームの学生のすべての教科と成績を自動的に表示します。

MVP ロゴ

アレン・ブラウンは、アクセスのための最も重要なプロ (MVP) です。ブラウン氏はアレン・ブラウンのデータベースとトレーニングの所有者であり、オーストラリアのパースに住んでいます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×