テーブル内の行をグループ化する (Power Query)

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターを表示する方法の迅速なビデオは、この記事の最後を参照してください。

クエリ エディター] で行の値の値は 1 つまたは複数の列の値に基づいて行をグループ化して 1 つの値にグループことができます。詳細については、複数のデータ ソースからデータを結合チュートリアルを参照してください。

Power Query は 2 種類のグループ化] 操作: 集計する集計関数] に基づく列または行の操作を実行します。

必要な作業

1 つ以上の列をグループ化する

1 つ以上の列をグループ化するには

集計関数を使って列を集計する

行の操作を実行する

1 つ以上の列をグループ化する

クエリ エディター リボンを使用する

  1. クエリ エディター リボンで、[グループ化] をクリックします。

クエリ エディター コンテキスト メニューを使う

  1. グループ化する列のヘッダーを右クリックし、[グループ化] をクリックします。

1 つ以上の列をグループ化するには

  1. [Query Preview] グリッドで、1 つ以上の列を選びます。 たとえば、Year 列と Order_Details.ProductID 列を選びます。

  2. [グループ化] ダイアログ ボックスでは、手順 1 で右クリックした列名が [グループ化] ドロップダウン リストで既定で選ばれます。 必要に応じて、ドロップダウン リストから他の列名を選ぶことができます。 複数の列をグループ化する場合は、[+] をクリックしてから、新しく追加した行の [グループ化] ドロップダウンリストで列名を選びます。 グループ化列を削除するには、レコードに対して [] をクリックします。

  3. [新しい列名] テキスト ボックスにグループの名前を入力します。

  4. [操作] ドロップダウンで、[集計関数] か [行の操作] を選びます。

  5. 列を集計するには、[集計操作] を実行する列を [] ドロップダウンから選びます。 [行の操作] では [] は不要です。データがテーブル行に基づいてグループ化されるためです。 集計列を追加するには、[+] をクリックして、新しく追加した行の [] ドロップダウン リストから列名を選びます。 集計列を削除するには、レコードに対して [] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

集計関数を使って列を集計する

[グループ化] ダイアログ ボックスで、[Sum]、[Average]、[Min]、[Max] などを [操作] として選びます。

集計操作のための [グループ化] ダイアログ ボックス

ページの先頭へ

行の操作を実行する

[グループ化] ダイアログ ボックスで、[すべての行][行数のカウント] を [操作] として選びます。

[行の操作] の [グループ化] ダイアログ ボックス

  • グループ化で [すべての行] を選ぶと、新しくグループ化した列を後で展開し、展開する列を選ぶことができます。

    グループ化: すべての行

  • グループ化で [行数のカウント] を選ぶと、新しくグループ化した列には、グループ化した各行の値の数のみが表示されます。

    グループ化: 行数のカウント

ページの先頭へ

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×