テーブル作成クエリを作成する

テーブル作成クエリを作成する

この記事では、Access でテーブル作成クエリを作成して実行する方法について説明します。テーブルのデータをコピーしたり、データをアーカイブしたり、クエリの結果をテーブルとして保存したりする必要がある場合、テーブル作成クエリを使用します。

既存のレコード セットにあるデータの一部 (1 つ以上のフィールドなど) を変更または更新する場合は、更新クエリを使用できます。更新クエリの詳細については、「更新クエリを作成して実行する」を参照してください。

既存のテーブルにレコード (行) を追加する場合は、追加クエリを使用します。追加クエリの詳細については、「追加クエリを使用してテーブルにレコードを追加する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

テーブル作成クエリを理解する

テーブル作成クエリを作成する

クエリの抽出条件と式の詳細

無効モードでクエリがブロックされないようにする

テーブル作成クエリを理解する

テーブル作成クエリを実行すると、1 つ以上のテーブルからデータを取得し、その結果セットを新しいテーブルに読み込むことができます。 この新しいテーブルは、既に開いているデータベースに置くことも、別のデータベースで作成することもできます。

通常は、データのコピーやアーカイブが必要な場合に、テーブル作成クエリを作成します。 たとえば、過去の売上データのテーブルが 1 つ以上あり、そのデータをレポートで使うとします。 トランザクションから 1 日以上経過しているため、売上の数値は変更できません。また、データ取得のクエリを頻繁に実行すると、時間がかかる場合があります (特に、サイズの大きいデータ ストアに対して複雑なクエリを実行する場合)。 別のテーブルにデータを読み込んで、そのテーブルをデータ ソースとして使用すると、ワークロードを減らしてデータ アーカイブを簡単に実行できます。 作業を進めるにあたり、新しいテーブルのデータが単なるスナップショットであり、ソース テーブルとの関係や接続はないという点に注意してください。

テーブル作成クエリの作成プロセスには、次のようなさまざまな手順が必要です。

  • データベースが署名済みでなかったり、信頼できる場所になかったりする場合は、データベースを有効にします。 この操作を行わないと、アクション クエリ (追加クエリ、更新クエリ、テーブル作成クエリ) を実行できません。

  • クエリ デザイン ビューで選択クエリを作成してから、これを変更して必要なレコードが返されるようにします。 複数のテーブルからデータを選んで、事実上、データを非正規化できます。 たとえば、顧客、運送会社、仕入先のデータを 1 つのテーブルに入れることができます。この操作は、適切に正規化されたテーブルが含まれる運用データベースでは実行できないものです。 また、クエリの抽出条件を使用して、結果セットをさらにカスタマイズしたり絞り込んだりすることもできます。

    データの正規化の詳細については、「データベース設計の基本」を参照してください。

  • 選択クエリをテーブル作成クエリに変換し、新しいテーブルの場所を選んでから、クエリを実行してテーブルを作成します。

テーブル作成クエリと、更新クエリまたは追加クエリを混同しないでください。各フィールドのデータを追加または変更する場合は、更新クエリを使用します。既存のテーブルの既存のレコードのセットにレコード (行) を追加する場合は、追加クエリを使用します。

ページの先頭へ

テーブル作成クエリを作成する

テーブル作成クエリを作成するには、最初に選択クエリを作成し、次にこの選択クエリをテーブル作成クエリに変換します。選択クエリでは演算フィールドと式を使用して必要なデータが返るようにします。次の手順では、選択クエリの作成方法と変換方法を説明します。要件を満たす選択クエリが既にある場合は、この手順を省略し、すぐに選択クエリを変換してテーブル作成クエリを実行できます。

選択クエリを作成する

注: 必要なデータを生成する選択クエリが既にある場合は、次の手順に進んでください。

  1. [作成] タブの [クエリ] グループで [クエリ デザイン] をクリックします。Access 2007 を使用する場合は、[作成] タブの [その他] グループで [クエリ デザイン] をクリックします。

  2. [テーブルの表示] ダイアログ ボックスで、データを取得するテーブルをダブルクリックします。クエリ デザイナーの上の部分に、各テーブルがウィンドウとして表示されます。テーブルの追加が終了したら [閉じる] をクリックします。

  3. 各テーブルで、クエリで使用するフィールド (複数可) をダブルクリックします。各フィールドはデザイン グリッドの [フィールド] 行にある空白セルに表示されます。次の図では、デザイン グリッドにいくつかのテーブル フィールドが追加されています。

    デザイン グリッドに 3 つのフィールドが含まれているクエリ

  4. オプションとして、[フィールド] 行に式を追加することもできます。

  5. また、オプションとして、デザイン グリッドの [抽出条件] 行に抽出条件を追加することもできます。

  6. ボタンの画像 (実行) をクリックしてクエリを実行し、データシートに結果を表示します。

  7. 新しいテーブルに保存するデータが返されるまで、必要に応じてフィールド、式、抽出条件を変更してクエリを再実行してください。

選択クエリを変換する

  1. 選択クエリをデザイン ビューで開くか、またはデザイン ビューに切り替えます。これを行うには次のようにいくつかの方法があります。

    • データシートでクエリを開いている場合は、クエリのドキュメント タブを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

    • クエリを閉じている場合は、ナビゲーション ウィンドウでクエリを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [クエリの種類] グループで [テーブルの作成] をクリックします。

    [テーブルの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

    Access の [テーブルの作成] ダイアログでは、テーブル作成クエリのオプションを選択できます。

  3. [テーブル名] ボックスに、新しいテーブルの名前を入力します。

    または

    下矢印をクリックして既存のテーブル名をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新規テーブルをカレント データベースに配置する   

      1. 選択されていない場合は、[カレント データベース] をクリックし、[OK] をクリックします。

      2. ボタンの画像 (実行) をクリックし、[はい] をクリックして操作を確認します。

        注: 既存のテーブルを置き換える場合、Access ではまずテーブルを削除するため、削除を確認するメッセージを表示します。[はい] をクリックした後、もう一度 [はい] をクリックすると、新規のテーブルが作成されます。

    • 新規テーブルを他のデータベースに配置する   

      1. [他のデータベース] をクリックします。

      2. [ファイル名] ボックスに他のデータベースの場所とファイル名を入力します。

        または

        [参照] をクリックし、新しい [テーブルの作成] ダイアログ ボックスを使用して他のデータベースを見つけ、[OK] をクリックします。

      3. [OK] をクリックして最初の [テーブルの作成] ダイアログ ボックスを閉じます。

      4. ボタンの画像 (実行) をクリックし、[はい] をクリックして操作を確認します。

        注: 既存のテーブルを置き換える場合、Access ではまずテーブルを削除するため、削除を確認するメッセージを表示します。[はい] をクリックした後、もう一度 [はい] をクリックすると、新規のテーブルが作成されます。

ページの先頭へ

クエリの抽出条件と式の詳細

ここでは、クエリ条件と式の手順について説明します。クエリ条件とは、クエリで含める必要があるレコードを識別するルールです。指定したデータ セットの一部のレコードのみをすべて表示したい場合は、抽出条件を使用します。たとえば、>25 AND <50 という抽出条件では、25 より大きく 50 より小さい値が返されます。"Chicago" OR "Paris" OR "Moscow" という抽出条件では、これらの都市のレコードのみが返されます。

抽出条件の使用方法の詳細については、「クエリの抽出条件の例」を参照してください。

式とは、1 つの値に評価される数学演算子、論理演算子、定数、関数とフィールド、コントロール、プロパティの名前を組み合わせたものです。テーブルに直接存在しないデータが必要な場合は、式を使用します。たとえば、[単価]*[数量] の式では、"単価" と "数量" のフィールドの値の乗算が実行されます。式はさまざまな方法で使用でき、その作成と使用のプロセスは非常に複雑になる場合があります。

ページの先頭へ

式の作成と使用の詳細については、「Build an expression」 (式を作成する) を参照してください。

無効モードによってクエリがブロックされないようにする

信頼できる場所に保存されていないデータベースを開いた場合や、データベースを信頼することを選択していない場合、既定ではアクション クエリ (追加、更新、削除、テーブルの作成) をすべて実行できなくなります。

アクション クエリを実行しようとしたのに、何も実行されていないように思われる場合は、Access ステータス バーに次のメッセージが表示されていないか確認してください。

無効モードのため、アクションまたはイベントはブロックされました。

このメッセージが表示されたら、次の操作を実行します。

  • メッセージ バー (リボンのすぐ下) の [コンテンツの有効化] メッセージ バー をクリックします。

Access 2007 を使用している場合は、次の手順に従ってブロックされたコンテンツを有効にします。

  • メッセージ バーの [オプション] をクリックします。

    [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • [このコンテンツを有効にする] をクリックし、[OK] をクリックします。

  • クエリをもう一度実行します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×