テーブルの詳細をエクスポートする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

エクスポート先のデータベーステーブルの名前とキーフィールドのデータの種類を指定します。

データベース

前のページで選択した [データベース接続を開く] (ODBC) データソースを表示します。

テーブル名

データベースにテーブルがある場合は、下のテキストボックスに一覧表示されます。図形データを既存のテーブルにエクスポートするには、下のテキストボックスでテーブル名を選択します。上のテキストボックスに表示されます。新しいテーブルを作成し、それに図形データをエクスポートするには、上のテキストボックスに新しいテーブルの名前を入力します。

キーフィールド

ウィザードによって、 ShapeKeyというデータベーステーブルにキーフィールドが作成されます。キーフィールドは、各図形を一意に識別します。フィールドの新しい名前を入力できます。

キーの種類

キーフィールドの値を指定します。

  • ShapeIDは、図形がページ上で作成された順序に従って図形に割り当てられる数値です。

    同じ図面ページ内の2つの図形が同じ ShapeID を持つことはありません。

  • GUIDは、データをエクスポートするときに各図形に割り当てられた、一意の null で終わる128ビットの文字列です。同じドキュメント内の2つの図形が同じ GUID を持つことはありません。

キーフィールドをテーブルの主キーにする

キーフィールドを主キーフィールドにすることで、データベースプログラムはフィールドにすばやくアクセスすることができます。一部の ODBC データソースでは、フィールドを主キーフィールドとしてマークすることはできません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×