テーブルの正規化を使用してデータを正規化する

テーブルの正規化を使用してデータを正規化する

データをインポートするときに、元データが正しい関連テーブルに分割されない場合があります。Access の利点を最大限に得るには、データを正規化する必要があります。それには、キーとなる情報によって関連付けられた複数のテーブル (それぞれが 1 つの項目に対応) にデータを分割します。テーブルの正規化は、この重要なタスクに役立ちます。リボンの [データベース ツール] をクリックし、[解析] で [テーブルの正規化] をクリックします。ウィザードが起動して、処理の手順が示されます。

注: このトピックの情報は、Microsoft Access デスクトップ データベース (.mdb または .accdb) にのみ適用されます。

1 つのテーブルから作成された 2 つのテーブルと、それらのデータを組み合わせて表示するクエリ

1 元のテーブル

2 テーブルの正規化で作成されたテーブルなします。

3. テーブルの正規化で作成したクエリ

4. ルックアップ リスト

Microsoft Access データベースに、1 つまたは複数のフィールド内で繰り返される情報を含むテーブルがある場合は、テーブルの正規化を使用してデータを関連テーブルに分割することで、データをより安全で効率的に保存することができます。この処理を正規化と呼びます。

テーブルの正規化では、繰り返される情報を含む 1 つのテーブルが別々のテーブルに分割され、それぞれの種類の情報が 1 件だけ保存されます。これにより、データベースの更新がより効率的で簡単になり、サイズも小さくなります。ウィザードでデータが分割されても、ウィザードでクエリを作成することにより、データを引き続き 1 つの場所で表示して、作業できます。

このクエリを使用して、複数のテーブルのデータを同時に更新することができます。また、クエリには、データの正確さを高めるためのその他の時間短縮機能も用意されています。

  • クエリで繰り返されているフィールドを変更しても、実際にはクエリの基になるテーブルのフィールドを 1 つだけ更新しているので、その値を持つすべてのレコードが自動的に更新されます。

  • 新規テーブルからは、クエリがルックアップ フィールドを継承するため、値を正しく入力しなくても、リストから値を選択することでフィールドの値を変更することができます。ルックアップ リストは基になるテーブルの値を参照します。同じ値を複数のレコードに適用する場合は、その値を毎回リストから選択することで、正確さと整合性を維持できます。

  • フォームやレポートを元のテーブルを基にしていたが自動的にに基づいてクエリこれで、ためウィザードがクエリに元のテーブルの名前を割り当てるし、テーブルの名前を変更します。

  • クエリを参照する既存のフォームとレポートは、自動フィールド更新を継承します。新しいフォームとレポートは、ルックアップ リストも継承します。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×