テーブルのプロパティ] ページ (ADP)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このプロパティ ページには、一連データベースのテーブルのプロパティにはが含まれています。

選択したテーブル

テーブル デザイナーまたはデータベース ダイアグラムで選択したテーブルで [テーブルの名前が表示されます。データベース ダイアグラムで複数のテーブルが選択されている、選択範囲の最初のテーブルの名前だけが表示されます。別のテーブル プロパティを調査または変更するのには、リストを展開します。

所有者

テーブルの所有者の名前が表示されます。所有者名は、Microsoft SQL Server ロールまたは SQL Server のユーザーがします。ドロップダウン リストには、すべてのユーザーと、データベースで定義されるロールが含まれています。ドロップダウン リストでユーザーとロールがあるアイコンは異なります。役割のアイコンは、ユーザーのアイコンは 1 つだけが表示されます 2 つの面を示しています。

テーブル名

選択したテーブルの名前が表示されます。テーブルの名前を変更するには、このボックスに新しい名前を入力します。

テーブルの Id 列

SQL Server テーブルの id 列として使用する列を示しています。Id 列を変更するには、ドロップダウン リストから選択します。ドロップダウン リストで、空白のテーブルには id 列がないことを示すエントリを選択できます。

テーブルの ROWGUID 列

(SQL Server 7.0 以降のみです)。SQL Server テーブルの ROWGUID 列として使用する列を示しています。ROWGUID 列を変更するには、ドロップダウン リストから選択します。ドロップダウン リストで、空白のテーブルには ROWGUID 列がないことを示すエントリを選択できます。

テーブル ファイル グループ

選択したテーブル データを保存するファイルのグループの名前を選択します。1 つ以上のユーザー定義のファイル グループを有効にするには、この設定が必要です。この設定には、SQL Server 7.0 以上のデータベースのできるだけです。データベース オブジェクトを作成して、ファイルのグループを指定しない場合は、SQL Server に割り当てる既定のファイル グループ。既定のファイル グループは、最初に、プライマリ ファイル グループです。

ファイルのグループの作成と詳細については、SQL Server のマニュアルを参照してください。

テキスト ファイル グループ

テキストや選択したテーブルから画像を保存するファイルのグループの名前を選択します。1 つ以上のユーザー定義のファイル グループを有効にするには、この設定が必要です。この設定には、SQL Server 7.0 以上のデータベースのできるだけです。データベース オブジェクトを作成して、ファイルのグループを指定しない場合は、SQL Server に割り当てる既定のファイル グループ。最初に、既定のファイル グループは、グループのプライマリ ファイルです。

ファイルのグループの作成と詳細については、SQL Server のマニュアルを参照してください。

説明

このフィールドには、任意のテキストを入力できます。入力したテキストは、SQL Server 2000 の拡張プロパティとして実装されます。このフィールドは、SQL Server 2000 データベースに接続している場合にのみ使用できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×