テーブルにカスタム列を挿入する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターは、読み込み、編集、または新しいクエリを作成するときにのみ表示されます。クイック クエリ エディターを表示する方法のビデオは、この記事の最後を参照してください。

Power Query では、[インデックス] 列や [カスタム] (式を定義) 列を現在のクエリに追加できます。列の数式を作成すると、Power Query により数式の構文が検証されます。この検証操作は、[詳細クエリの編集] ダイアログで、ユーザーが指定した数式を検証する方法と一貫性があります。

必要な作業

インデックス列を挿入する

カスタム列を挿入する

インデックス列を挿入する

クエリ エディター リボンを使用する

  1. クエリ エディター リボンで、[インデックス列の挿入] をクリックします。

プレビュー グリッドでテーブル アイコン ( [テーブル] アイコン ) を使用する

  1. テーブル アイコン ( [テーブル] アイコン ) をクリックします。

  2. コンテキスト メニューから [インデックス列の挿入] を選びます。[インデックス] 列がクエリ テーブルに追加されます。必要に応じて列名を変更します。

ページの先頭へ

カスタム列を挿入する

カスタム列とは、セル内の値が作成する数式を使用して計算される列です。Power Query の数式の言語については、「Power Query の式について」を参照してください。

クエリ エディター リボンを使用する

  1. クエリ エディター リボンで、[カスタム列の挿入] をクリックします。

プレビュー グリッドでテーブル アイコン ( [テーブル] アイコン ) を使用する

  1. テーブル アイコン ( [テーブル] アイコン ) をクリックしてから、[カスタム列の挿入] をクリックします。

カスタム列を挿入するには

  1. [カスタム列の挿入] ダイアログ ボックスで、列名を入力し、列を [カスタム列の式] ボックスに挿入します。

    1. [使用できる列] リストの列をダブルクリックするか、

    2. [使用できる列] リストの列をクリックし、[挿入] をクリックします。

      注: 複数の参照列をいくつかの演算子を使用して分離する限り、これらの列を使用できます。たとえば [総売上] 列を計算するには、数式 = each [Total] + [SalesTax] を使用して [合計] と [消費税] を追加します。

  2. [OK] をクリックします。

数式の例

数式

説明

"abc"

すべての行でテキスト abc を含む列を作成します。

1+1

すべての行で 1 + 1 (2) の結果を含む列を作成します。

[UnitPrice] * [Quantity]

2 つのテーブル列を乗算した結果を含む列を作成します。

[UnitPrice] * (1 – [Discount]) * [Quantity]

[割引] 列を考慮して合計価格を計算します。

"Hello" & [Name]

新しい列で、[名前] 列のコンテンツを結合します。

注: カスタム列を使用して、複数の列の値を 1 つのカスタム列にマージします。詳細については、「列をマージする」を参照してください。

Power Query では、クエリを更新した後も、カスタム列、Excel の条件付き書式、ワークシート テーブルのその他のカスタマイズが保持されます。 Power Query では、更新操作やクエリの編集後も、ワークシートのカスタマイズ (データ バー、カラー スケール、アイコン セット、その他の値ベースの規則など) が保持されます。

ユーザー設定の列

ページの先頭へ

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×