テンプレート パーツで使用できない機能

テンプレート パーツをデザインするときは、デザインに関する制限事項に考慮する必要があります。たとえば、複数のビューの作成や、[フォームのオプション] ダイアログ ボックスでのグローバルなテンプレート レベルの設定の指定など、一部の機能はテンプレート パーツではサポートされていません。ActiveX コントロールを除き、すべてのコントロールをテンプレート パーツで使用できます。テンプレート パーツでサポートされていない機能は、テンプレート パーツをデザインするときのユーザー インターフェイスに表示されません。

次のコントロール、機能、設定は、テンプレート パーツではサポートされていません。

  • ActiveX コントロール

  • 配色

  • 背景画像

  • データを送信するデータ接続

  • Information Rights Management (IRM) の設定

  • スクリプトとマネージ コード

  • Microsoft Script Editor など、コードを作成するための機能

  • 発行ウィザード

  • エクスポート ウィザード

  • 複数のビュー、読み取り専用のビュー、既定のビューを作成する機能や、ビューを印刷する機能など、ビューに関する特定の機能

  • ページ設定オプションの指定や、ヘッダーとフッターの作成など、印刷に関する特定の機能

  • デジタル署名、カスタム作業ウィンドウ、セキュリティ レベル、カスタム保存と開くときの動作の指定など、フォーム テンプレート全体に関する特定の機能

  • [デザイン チェック] 作業ウィンドウの [サーバーで確認] チェック ボックスを使って、ブラウザー互換フォーム テンプレート用にデザインされたテンプレート パーツに対してサーバーで生成されるエラーと警告を取得する機能

InfoPath または Web ブラウザーを使って開くことができるフォーム テンプレートを設計できます。ブラウザーを使って開くことができるフォーム テンプレートは、ブラウザー互換フォーム テンプレートと呼ばれます。同様に、ブラウザー互換フォーム テンプレートで使うことを目的としたテンプレート パーツを設計できます。このシナリオでは、テンプレート パーツを設計するときにアクセスできるコントロールと機能が、InfoPath 専用のテンプレート パーツを設計するときより少なくなります。これは、ブラウザー互換フォーム テンプレートでは一部のコントロールと機能の使用がサポートされていないためです。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×