テンプレートに保護を追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

テンプレート内の個々のコンテンツ コントロールや一連のコントロールに保護を追加して、ユーザーがコントロールを削除または変更しないようにすることができます。また、パスワードを使って、すべてのテンプレート コンテンツを保護することもできます。

Word リボンに [開発] タブが表示されていない場合は、[ファイル] タブをクリックし、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックし、[メインタブ] の [開発] チェックボックスをオンにします。

テンプレートの一部に保護を追加する

  1. 保護するテンプレートを開きます。

  2. 変更を制限するコンテンツ コントロールまたはコントロールのグループを選択します。

  3. [開発] タブの [コントロール] で [プロパティ] をクリックします。

    [開発] タブの [コントロール] グループで、[プロパティ] をクリックします。

  4. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ロック] で、[コンテンツ コントロールの削除不可] と [コンテンツの編集不可] の 2 つのチェック ボックスのいずれかまたは両方をオンにします。

    テキストが含まれていて、これを保護する場合は、[コンテンツの編集不可] オプションを使用します。たとえば、免責条項をフォームに追加する機会が頻繁にある場合は、このテキストが変更されないよう保護できるうえ、免責条項を必要としないフォームからはこれを削除できます。

    注: [コンテンツの編集不可] オプションは、一部のコントロールでは使用できません。

テンプレートのすべてのコンテンツに保護を追加する

  1. 変更されないよう保護するテンプレートを開きます。

  2. デザイン モードで作業しないよう、必要に応じて [コントロール] で [デザイン モード] をクリックします。

    [開発] タブの [コントロール] グループで、[プロパティ] をクリックします。

  3. [開発] タブの [保護] グループで、[編集の制限] をクリックします。

    [開発] タブの [保護] グループで、[編集の制限] をクリックします。

  4. [編集の制限] 作業ウィンドウの [編集の制限] で、[ドキュメント内のこの種類の編集のみを許可する] チェックボックスをオンにします。

  5. 編集の制限の一覧から、目的の制限を選択します。

    ユーザーがコメントのみを追加できるようにする場合、または変更履歴やコメントを管理する場合は、[ドキュメント内でこの種類の編集を許可する] チェックボックスをオンにし、目的の編集レベルをクリックします。各オプションの詳細については、「不要な変更やコメントから文書を保護する」を参照してください。

  6. [保護の開始] の [はい、保護を開始します] をクリックします。

    注: [はい] をクリックして、次の手順で文書にパスワードを割り当てるための保護の適用を開始する必要があります。

  7. 文書にパスワードを割り当てて、パスワードを知っている校閲者だけが保護を解除できるようにするには、[新しいパスワードの入力 (省略可)] ボックスにパスワードを入力し、確認のため、パスワードをもう一度入力します。

    重要: パスワードを使用しない場合は、校閲者が編集の制限を変更できます。

テンプレートの一部に保護を追加する

  1. 保護するテンプレートを開きます。

  2. 変更を制限するコンテンツ コントロールまたはコントロールのグループを選択します。

  3. [開発] タブの [コントロール] で [プロパティ] をクリックします。

    ボタン イメージ

  4. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ロック] で、[コンテンツ コントロールの削除不可] と [コンテンツの編集不可] の 2 つのチェック ボックスのいずれかまたは両方をオンにします。

    テキストが含まれていて、これを保護する場合は、[コンテンツの編集不可] オプションを使用します。たとえば、免責条項をフォームに追加する機会が頻繁にある場合は、このテキストが変更されないよう保護できるうえ、免責条項を必要としないフォームからはこれを削除できます。

    注: [コンテンツの編集不可] オプションは、一部のコントロールでは使用できません。

テンプレートのすべてのコンテンツに保護を追加する

  1. 変更されないよう保護するテンプレートを開きます。

  2. デザイン モードで作業しないよう、必要に応じて [コントロール] で [デザイン モード] をクリックします。

    ボタン イメージ

  3. [開発] タブの [保護] で [文書の保護] をクリックし、[書式設定と編集の制限] をクリックします。

    ボタン イメージ

  4. [文書の保護] 作業ウィンドウの [編集の制限] で、[ユーザーに許可する編集の種類を指定する] チェック ボックスをオンにします。

  5. 編集の制限の一覧から、目的の制限を選択します。

    目的の制限に応じて、以下の各トピックを参照してください。

    • ユーザーが適用できる書式設定を制限するには、[スタイルの選択に書式設定を制限する] チェックボックスをオンにします。詳細については、「書式設定の変更を制限する」をご覧ください。

    • [閲覧者にコメントのみを追加する] または [変更履歴とコメントの記録] を許可するには、[ドキュメント内でこの種類の編集を許可する] チェックボックスをオンにし、目的の編集レベルをクリックします。各オプションの詳細については、「不要な変更やコメントから文書を保護する」を参照してください。

  6. [保護の開始] の [はい、保護を開始します] をクリックします。

  7. 文書にパスワードを割り当てて、パスワードを知っている校閲者だけが保護を解除できるようにするには、[新しいパスワードの入力 (省略可)] ボックスにパスワードを入力し、確認のため、パスワードをもう一度入力します。

    重要: パスワードを使用しない場合は、校閲者が編集の制限を変更できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×