テナント管理者のリリース ノート

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SharePoint に保存されているコンテンツだけでなくメタデータと割り当ての保存されている送信と割り当ての詳細があります。

両方の学生がサポートされているデータ エクスポートのユーザーと教師のユーザー。ただし、削除するデータが学生に対して共同が混在する場合、データ保存のコンプライアンスが原因でのみサポートされています。教師は、割り当てを削除してアプリではデータを削除することができますクラス/します。その他の情報の確認のため、割り当て管理 documenatation

シナリオに応じてを使用する 3 つのスクリプトがあります。

エクスポートと削除のユーザー データのシナリオの一般的な手順を共有するには。

クラスのリストを作成するには、そのユーザーに取得 UserClasses.ps1 スクリプトの一部です。 使用します。場合は、ユーザーは、クラスを左揃え、それらのクラスからデータを含むクラス Id を含むテキスト ファイルが提供できます。それ以外の場合のデータでは、これらのクラスからエクスポート/削除はできません。このスクリプトを実行しているがクラス、クラス内のユーザーの役割の一覧を含む csv ファイルを作成してかどうかをエクスポートする/ユーザーが処理されるを削除する (既定値)

ユーザーのデータをエクスポートするには。

ユーザーのデータをエクスポートするのにには、エクスポート EDUAssignments.ps1 スクリプトを使用します。上記の手順で生成された csv ファイルがこのスクリプトを入力します。このスクリプトを実行割り当ておよび割り当てごとの送信を取得し、2 つのファイルが生成されます。割り当てファイル (assignment.json) には、割り当ておよび送信レポート file(GetAssignmentsReport.csv) のスクリプトの実行中の状態が含まれています。スクリプトの実行後 GetSubmissionsProcessed ファイル内の列の csv 入力できるように、スクリプトを再実行することができますが失敗した場合は、その特定のクラスの true に更新されます。

ユーザーのデータを削除するには。

ユーザーのデータを削除するのにには、削除 EDUAssignments.ps1 スクリプトを使用します。入力の csv ファイルからユーザーのクラスの詳細は、上の共有手順で生成されたスクリプトを読み込みます。送信、削除し、スクリプトの実行ステータス レポート file(DeleteAssignmentsReport.csv) が生成されます。送信の削除が完了したら、スクリプトを再実行が失敗した場合に、その特定のクラスを true に DeleteSubmissionsProcessed 列が更新されます。必要に応じてしない場合、テナント管理者によって、学生を取得するすべての割り当てに該当する問題のあるに再配分されるよう指定しない限り、スクリプトはクラスからも学生を削除します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×