テキスト ボックスの中のテキストを編集する

ドキュメントが既に開いており、ボックスの中のテキストを編集する必要があるとします。あるいは、そのテキストの色を変えたり、テキストがボックスに収まらないためフォント サイズを変えたりしたいとします。

テキストだけを変更するには、ボックスの中をクリックしてキーボードから入力します。コピーと貼り付け、切り取り、ドラッグ アンド ドロップもできます。

書式設定 (テキストの色やサイズなど) を変更するには、[ホーム] をクリックします。これは、Office のすべてのプログラムに共通する場所であり、ここに、クリップボードの使用、フォントの変更、切り取りと貼り付け、テキストの太字や斜体の設定、その他の書式設定の適用のためのコマンドがあります。

他にも、Microsoft Office プログラムそれぞれに固有のコマンドがあります。たとえば、Word と PowerPoint には、段落に関するコマンドが [段落] グループにあり、Excel では [配置] というコマンド グループがあります。これらのコマンドのほとんどは、テキスト ボックスの内容に対して使うことができます。

ただし、注意が必要です。次に示すのは良くない例ですが、この PowerPoint のテキスト ボックスでは、太字で下線付きで青色のテキスト、箇条書き、"小文字" コマンドがテキスト全体に使われています。

[PowerPoint で書式設定する] テキスト ボックス

テキスト ボックスのサイズを変更するには、その境界線をクリックして角または辺を任意の方向にドラッグします。サイズを変更すると、テキストをボックスにぴったりと収めることができます。

次に例を示します。2 つ目のボックスはその上のボックスよりも幅と高さが大きいので、テキストが折り返したりはみ出したりすることはありません。

コンテンツにあわせてテキストボックスのサイズを変更する

テキスト ボックスを操作する場合詳細については、追加、コピー、およびテキスト ボックスを削除ください。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×