テキスト ファイルや Lotus 1-2-3 ファイルをインポートしてグラフを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

インポートできるデータの最大サイズは縦 4,000 行、横 4,000 列ですが、グラフに表示できるデータ系列は 255 個までです。

  1. データシートに切り替えます。

    どうですか。

  2. インポートしたデータの開始位置となるセルを選択します。通常、データシートの左上のセルを選択します。

  3. [編集] メニューの [ファイルのインポート] をクリックします。

  4. [ファイルの場所] ボックスで、ファイルを含むドライブ、フォルダ、またはインターネットのアドレスをクリックします。

    他のアプリケーションで作成されたファイルを開くには、[ファイルの種類] ボックスの中のファイル形式をクリックします。また、[ファイル名] ボックスにファイル名拡張子を入力することもできます。たとえば、テキスト ファイルを検索する場合は「*.txt」と入力します。目的のファイルを含むフォルダが開かれるまで、フォルダ一覧でフォルダをダブルクリックします。

  5. インポートするテキスト ファイル名をダブルクリックします。

    テキスト ファイルをインポートする場合、テキスト ファイル ウィザードが起動されます。ウィザードの指示に従ってデータシート上のデータの構成を指定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×