テキスト ファイルからパスワードをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要: この機能は、Windows RT PC 上の Office では使用できません。検査、および Office Professional Plus、Office 365 Professional Plus のエディションでのみ使用できます。Power Pivot と Excel 2010 ブックが Excel 2013 の一部のバージョンで動作しないをお読みください。Office のバージョンを使っているか?

2 つのブックの比較、セル、ワークシート、またはブックの相関関係の分析、ブックの分析、セルの余分な書式設定の削除を行うために、[照会] タブのコマンドを使用している場合、Excel では、既にそれらのファイルが開いていても、ファイルを内部的に開く必要がありますが、その場合、ファイルがパスワードで保護されていることがあります。 ファイルを保護するために組織で多数のパスワードを使用している場合、それらのパスワードのリストをテキスト ファイルで作成できます。 そうすると、そのファイルをインポートすることで、Excel でパスワードのリストがスキャンされ、保護されたファイルに有効なパスワードを検索できます。

パスワードの保管についての詳細を確認したい場合は、「ファイルを開くのに使うパスワードを分析と比較のために管理する」をご覧ください。

テキスト ファイルを作成する最も簡単な方法の 1 つは、メモ帳を使って、Passwords.txt のように *.txt という拡張子でファイルを保存することです。 パスワードと説明 (任意) はカンマで区切ります。カンマの後に空白は入れません。 説明の前後に引用符 (") は必要ありません。 以下のように、新しい行にパスワードを追加します (説明があるものとないものがあります)。

メモ帳ファイルのパスワード リスト

パスワードを特定のファイルと関連付ける必要はありません。 パスワード リストは、開こうとするファイルに有効なパスワードを検索するために、スプレッドシート比較で読み込まれる単なるリストに過ぎません。

  1. [パスワード マネージャー] ダイアログ ボックスで [インポート] をクリックします。

    パスワード マネージャー

  2. テキスト ファイルを参照し、[開く] をクリックして [OK] をクリックします。


パスワードの説明を入力した場合は、[パスワードの説明] の下に表示されます。 パスワードにカンマが含まれている場合、カンマはパスワードと説明を区切る記号と見なされるため、インポートできません。 カンマを含むパスワードの場合、[パスワード] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックして手動で入力する必要があります。

パスワードの手動での追加


パスワードのインポートが終了した後、テキスト ファイルに保管しておくと、後で役に立つことがあります。 パスワードを書き留めたり、保存したりする場合は、必ず安全な場所に保管してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×