テキスト ファイルからスプレッドシート比較にパスワードをインポートします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

重要: スプレッドシート比較は Office Professional Plus 2013 または Office 365 ProPlus でのみ使用できます。

Excel の 2 つのブック間で比較を実行するには、Microsoft スプレッドシート比較行われるファイル Excel で開きます。組織では、パスワードで保護されたファイルを使用している場合は、テキスト ファイルにパスワードの一覧を作成できます。次に、保護されたファイルを操作するものを検索するパスワードの一覧をスキャン スプレッドシート比較できるように、テキスト ファイルをインポートできます。

について」をご覧に、分析と比較のためのファイルを開くためのパスワードを管理する前に、パスワードを保存する場合。

テキスト ファイルを作成する最も簡単な方法の 1 つは、メモ帳を使って、Passwords.txt のように *.txt という拡張子でファイルを保存することです。 パスワードと説明 (任意) はカンマで区切ります。カンマの後に空白は入れません。 説明の前後に引用符 (") は必要ありません。 以下のように、新しい行にパスワードを追加します (説明があるものとないものがあります)。

メモ帳ファイルのパスワード リスト

パスワードを特定のファイルと関連付ける必要はありません。 パスワード リストは、開こうとするファイルに有効なパスワードを検索するために、スプレッドシート比較で読み込まれる単なるリストに過ぎません。

  1. [パスワード マネージャー] ダイアログ ボックスで [インポート] をクリックします。

    パスワード マネージャー

  2. テキスト ファイルを参照し、[開く] をクリックして [OK] をクリックします。


パスワードの説明が含まれている場合は、[パスワードの説明は表示されます。パスワードにカンマが含まれている場合、パスワードとその説明の間の区切り記号としてカンマが表示されますのでインポートできません。カンマを含むパスワードを使っている場合は、手動で入力するパスワード] ダイアログ ボックスの追加] をクリックして必要があります。

パスワードの手動での追加


パスワードのインポートが終了した後、テキスト ファイルに保管しておくと、後で役に立つことがあります。 パスワードを書き留めたり、保存したりする場合は、必ず安全な場所に保管してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×