テキスト効果の設定 ([文字の塗りつぶし] ウィンドウ)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

塗りつぶしは、ワードアートまたは文字の内部に対して行われます。

注記: 

  • このダイアログ ボックスでオプションを変更する場合、ワードアートまたはテキスト、] ダイアログ ボックスを閉じずに、ワードアート、またはテキストの変更の効果を表示するが簡単に変更は直ちに適用されます。ただし、変更内容はすぐに適用されるのでは、このダイアログ ボックスでのキャンセル] をクリックすることはできません。変更を削除するには、それぞれの変更を削除するのには、クイック アクセス ツールバー[元に戻す ボタン イメージ をクリックしてください。

  • 途中で別のダイアログ ボックス オプションに変更を加えない限り、1 つのダイアログ ボックス オプションに加えた複数の変更は同時に元に戻すことができます。

  • ダイアログ ボックスを移動すると、ワードアートとダイアログ ボックスを同時に参照することができます。

[塗りつぶしなし]    ワードアートを透過または無色にしたり、ワードアートから塗りつぶしを削除したりするには、このオプションをクリックします。

[塗りつぶし (単色)]    ワードアートに色および透過性を追加するには、このオプションをクリックします。

[塗りつぶし (グラデーション)]    グラデーションの塗りつぶしをワードアートに追加するには、このオプションをクリックします。

[塗りつぶし (図またはテクスチャ)]    図をワードアートの塗りつぶしとして使用したり、ワードアートにテクスチャを追加するには、このオプションをクリックします。

塗りつぶし (単色)

   図形の色を選択するには、 ボタン イメージ をクリックし、使用する色をクリックします。テーマの色ではない色に変更、その他の色] をクリックし、 [標準] タブ上の目的の色] をクリックしてまたはで独自の色に混ぜ合わせます、ユーザー設定] タブの [色と [標準] タブの色が更新されない文書テーマを後で変更する場合。

[透過性]    ワードアートがどれくらい透けて見えるかを指定するには、[透過性] スライダを動かすか、スライダの横のボックスに数値を入力します。透過性のパーセント値は、0 (完全に不透過。既定値) から 100% (完全に透過) まで変更できます。

塗りつぶし (グラデーション)

既定の色    組み込みのグラデーションの塗りつぶしを選択するには、既定の色 [プリセット] ボタン の場合をクリックし、希望するオプションをクリックします。

[種類]    グラデーションの塗りつぶしを描画するときに使用する方向を指定するには、一覧からオプションを選択します。[種類] での選択内容により、[方向] で選択可能な選択肢が決まります。

[方向]    色および影が変化する方向を選択するには、[方向] をクリックし、目的のオプションをクリックします。[方向] で選択可能な選択肢は、グラデーションの [種類] で選択した内容により決まります。

[角度]    グラデーションの塗りつぶしがワードアート内で回転される角度を指定するには、必要な角度の値を入力します。このオプションは、[種類] に [線形] を選択した場合にのみ使用できます。

グラデーションの分岐点

グラデーションの分岐点は、位置、色、および透過性の値で構成されます。透過性の値は、塗りつぶし全体ではなくグラデーションの分岐点に適用されます。グラデーションの分岐点は、非線形グラデーションの作成に使用されます。たとえば、赤、緑、青の順に変化するグラデーションを作成する場合、3 つのグラデーションの分岐点 (各色に 1 つの分岐点) を追加する必要があります。または、ワードアートの隅にのみ表示されるグラデーションを作成する場合は、グラデーションの分岐点を使用してグラデーションを非線形にする必要があります。

分岐点の一覧     グラデーションの塗りつぶしは、複数のグラデーションの分岐点で構成されていますが、一度に変更できるグラデーションの分岐点は 1 つだけです。編集するグラデーションの分岐点を一覧でクリックすると、位置、色、および透明度のオプションに、そのグラデーションの分岐点の現在の設定が反映されます。

[追加]    グラデーションの分岐点を追加するには、[追加] をクリックして、目的の [分岐点]、[]、および [透明] を設定します。

削除します。    グラデーションの分岐点を削除するのには、番号を停止するを削除する場合、一覧内をクリックし、し、[削除] をクリックします。

[分岐点]    グラデーションの塗りつぶしの色と透過性を変更する位置を設定するには、[分岐点] スライダを動かすか、スライダの横のボックスに数値を入力します。

   グラデーションの分岐点に使用する色を選択するには、 ボタン イメージ をクリックし、使用する色をクリックします。テーマの色ではない色に変更、その他の色] をクリックし、 [標準] タブ上の目的の色] をクリックしてまたはで独自の色に混ぜ合わせます、ユーザー設定] タブの [色と [標準] タブの色が更新されない文書テーマを後で変更する場合。

[透過性]    指定した [分岐点] でワードアートがどれくらい透けて見えるかを指定するには、[透過性] スライダを動かすか、スライダの横のボックスに数値を入力します。透過性のパーセント値は、0 (完全に不透過。既定値) から 100% (完全に透過) まで変更できます。

塗りつぶし (図またはテクスチャ)

[テクスチャ]    組み込みのテクスチャを選択するには、このボタンをクリックして目的のオプションをクリックします。

図の挿入

[ファイル]    ファイルから図を挿入するには、このボタンをクリックして、追加する図を検索します。次に図をダブルクリックして挿入します。

[クリップボード]    クリップボードまたは他のプログラムから図を貼り付けるには、図をコピーしてからこのボタンをクリックします。

[クリップアート]    クリップアートを挿入するには、このボタンをクリックし、[検索文字列] ボックスに目的のクリップを示す語を入力するか、クリップのファイル名のすべてまたは一部を入力します。Office Online で入手可能なクリップアートを検索対象に含めるには、[Office Online のコンテンツを含める] チェック ボックスをオンにして [検索] をクリックし、挿入するクリップをクリックします。

[図をテクスチャとして並べる]    図の塗りつぶしでは、選択したワードアート全体に引き伸ばしたり、並べて (縦横に繰り返して) ワードアートを塗りつぶしたりできます。同じ図の複数のコピーをワードアートのテクスチャとして使用するには、このチェック ボックスをオンにします。

引き伸ばしのオプション

引き伸ばしの比率調整

[引き伸ばしの比率調整] では、ワードアートに合わせるときに適用する、ワードアートの上下左右に対する図の倍率を決定します。正の数の場合は図の端がワードアートの中心に向かって移動し、負の数の場合は図の端がワードアートの外に向かって移動します。

[]    ワードアートの左枠からの図またはテクスチャのパーセント値を指定するには、ボックスに数値を入力します。

[]    ワードアートの右枠からの図またはテクスチャのパーセント値を指定するには、ボックスに数値を入力します。

[]    ワードアートの上枠からの図またはテクスチャのパーセント値を指定するには、ボックスに数値を入力します。

[]    ワードアートの下枠からの図またはテクスチャのパーセント値を指定するには、ボックスに数値を入力します。

並べ表示のオプション

以下のオプションでは、テクスチャの塗りつぶしの倍率を決定します。

[横方向に移動]    図を並べた塗りつぶし全体を左 (負の数) または右 (正の数) に移動するには、ボックスに数値を入力します。

[縦方向に移動]    図を並べた塗りつぶし全体を上 (負の数) または下 (正の数) に移動するには、このボックスに数値を入力します。

[幅の調整]    元のイメージの横方向の倍率を指定するには、このボックスに数値を入力します。

[高さの調整]    元のイメージの縦方向の倍率を指定するには、このボックスに数値を入力します。

[配置]    配置は、図を並べ始めるアンカー位置を示しています。並べる図またはテクスチャの配置を指定するには、一覧からオプションを選択します。

[反転の種類]    横方向または縦方向に交互に並べる場合、1 つおきに左右、上下、または上下左右に反転したイメージを表示するかどうかを指定するには、一覧からオプションを選択します。

[透過性]    図またはテクスチャがどれくらい透けて見えるかを指定するには、[透過性] スライダを動かすか、スライダの横のボックスに数値を入力します。透過性のパーセント値は、0 (完全に不透過。既定値) から 100% (完全に透過) まで変更できます。

[図形に合わせて回転する]    適用した図またはテクスチャを、ワードアートの回転に合わせて回転するには、このチェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×