テキストを自動的に挿入する

Word では、定型句ギャラリーにある書式設定済みのテキスト ブロックを利用するか、2、3 の文字を入力した後に自動的に提案される単語、語句、文章を利用し、テキストを自動挿入できます。

注: ハイフン、ダッシュ、分数、ハイパーリンク、引用符、箇条書き、段落番号など、オートフォーマット設定に関する詳細については、「テキストの自動書式設定を構成するかオフにする (オートフォーマット)」を参照してください。

定型句エントリは文書パーツとして保存されます。新しいエントリを作成するには、[新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスを使用します。

  1. 文書で、定型句エントリのギャラリーに追加するテキストを選びます。

  2. [挿入] タブの [テキスト] で、[クイック パーツ] をクリックし、[定型句] をポイントして [選択範囲を定型句ギャラリーに保存] をクリックします。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに次の情報を入力します。 ほとんどの場合、既定値で問題ありませんが、一意の名前と説明を含めると、定型句をより簡単に使えるようになります。

    [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックス

    • 名前    定型句文書パーツの一意の名前を入力します。

    • ギャラリー    [定型句] ギャラリーを選びます。

    • 分類    分類の [全般] を選択するか、新しい分類を作成します。

    • 説明    文書パーツの説明を入力します。

    • 保存先    ドロップ ダウン リストでテンプレートの名前をクリックします。たとえば、[標準] をクリックします。

      テンプレートがテンプレート名の一覧に表示されるようにするには、そのテンプレートが開かれている必要があります。

    • オプション    次のいずれかのオプションを選びます。

      • 残りの内容から改ページで区切り、文書パーツが独立したページとして挿入されるようにするには、[内容をページのまま挿入] をクリックします。

      • 内容が段落として作成されるようにする (ユーザーのカーソルが段落の途中にある場合も含む) には、[内容を段落のまま挿入] をクリックします。

      • それ以外の場合は、[内容のみ挿入] をクリックします。

ページの先頭へ

  1. [挿入] タブの [クイック パーツ] をクリックし、[定型句] をポイントします。

  2. 追加するエントリをクリックします。

[オートコレクト] ダイアログ ボックスにテキスト エントリを追加することで、2、3 の文字を入力するだけで自動的に単語、語句、文章を提案するように Word を構成できます。

  1. 自動的に挿入するテキストを選びます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [オプション] をクリックします。

  4. [文章校正] をクリックします。

  5. [オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

    [オートコレクト] ダイアログ ボックス

  6. [入力中に自動修正する] チェック ボックスがオンになっていない場合はオンにします。

  7. [修正文字列] に、自動的に挿入されるテキストに対応させる文字列を入力します。文書内で選んだテキストが [修正後の文字列] に表示されます。

オートコレクト リストは、この機能をサポートするすべての Office プログラムに共通であるため、いずれかのプログラムでオートコレクト リストの単語を追加または削除すると、その変更は他の Office プログラムにも反映されます。

ページの先頭へ

文書に入力すると、[修正文字列] の下の、オートコレクト リストの左側の列にテキストが、[修正後の文字列] の下の右側の列のテキストで自動的に置き換えられます。

ページの先頭へ

関連項目

テキストの自動書式設定を構成するかオフにする (オートフォーマット)

大文字/小文字の設定、スペルチェック、記号のオートコレクト オプションを選択する

  1. [挿入] タブの [クイック パーツ] をクリックし、[定型句] をポイントします。

  2. 追加するエントリをクリックします。

Word 2010 では、定型句エントリは文書パーツとして保存されます。新しいエントリを作成するには、[新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスを使用します。

  1. Word 文書で、定型句エントリのギャラリーに追加するテキストを選びます。

  2. [挿入] タブの [テキスト] で、[クイック パーツ] をクリックし、[定型句] をポイントして [選択範囲を定型句ギャラリーに保存] をクリックします。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに次の情報を入力します。

    • 名前    定型句文書パーツの一意の名前を入力します。

    • ギャラリー    [定型句] ギャラリーを選びます。

    • 分類    分類の [全般] を選択するか、新しい分類を作成します。

    • 説明    文書パーツの説明を入力します。

    • 保存先    ドロップ ダウン リストでテンプレートの名前をクリックします。たとえば、[標準] をクリックします。

      テンプレートがテンプレート名の一覧に表示されるようにするには、そのテンプレートが開かれている必要があります。

    • オプション    次のいずれかのオプションを選びます。

      • 文書パーツの前後に改ページを含めて、文書パーツが独立したページとして挿入されるようにするには、[内容をページのまま挿入] を選びます。

      • 内容が段落として作成されるようにする (ユーザーのカーソルが段落の途中にある場合も含む) には、[内容を段落のまま挿入] をクリックします。

      • それ以外の場合は、[内容のみ挿入] をクリックします。

ページの先頭へ

Microsoft Office Word 2003 で定型句エントリを使用していた場合、Word 2010 に手動で移行できます。Word 2007 で作成した定型句エントリは自動的に移行されます。

  1. 次のいずれかの方法で Normal11.dot ファイルを参照します。

  2. コンピューターで Windows 7 を実行している場合    エクスプローラーを起動し、C:\Users\user name\AppData\Roaming\Microsoft\Templates を参照します。

    注:  エクスプローラーに AppData フォルダーが表示されない場合、[整理]、[フォルダーと検索のオプション]、[表示] タブ、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] の順にクリックします。エクスプローラーを閉じ、もう一度起動します。

  3. コンピューターで Windows Vista を実行している場合    エクスプローラーを起動し、C:\Users\user name\AppData\Roaming\Microsoft\Templates を参照します。

    注:  エクスプローラーに AppData フォルダーが表示されない場合、[整理]、[フォルダーと検索のオプション]、[表示] タブ、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] の順にクリックします。エクスプローラーを閉じ、もう一度起動します。

  4. コンピューターで Windows XP を実行している場合    エクスプローラーを起動し、C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Templates を参照します。

    注:  エクスプローラーに Application Data フォルダーが表示されない場合、[ツール] メニュー、[フォルダー オプション]、[表示] タブ、[非表示のファイルとフォルダーを表示する] の順にクリックします。エクスプローラーを閉じ、もう一度起動します。

  5. Normal11.dot を右クリックし、[開く] をクリックします。

  6. [ファイル] タブをクリックします。

  7. [名前を付けて保存] をクリックします。

  8. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、適切な場所を参照します。

  9. コンピューターで Windows 7 を実行している場合    C:\Users\user name\AppData\Roaming\Microsoft\Word\Startup

  10. コンピューターで Windows Vista を実行している場合    C:\Users\user name\AppData\Roaming\Microsoft\Word\Startup

  11. コンピューターで Windows XP を実行している場合    C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Word\Startup

    注:  場合によっては、[新しいフォルダー] をクリックし、スタートアップ フォルダーを作成する必要があります。

  12. [ファイル名] ボックスに「AutoText」と入力します。

  13. [名前を付けて保存] のファイルの種類一覧で、[Word マクロ有効テンプレート] をクリックします。

  14. [保存] をクリックします。

    メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

  15. Word を終了する。

ページの先頭へ

特定の文字列を入力したときに自動的に挿入されるテキスト エントリを追加するには、[オートコレクト] ダイアログ ボックスを使用する必要があります。

  1. [ ファイル ] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [文章校正] をクリックします。

  4. [オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  5. [入力中に自動修正する] チェック ボックスがオンになっていない場合はオンにします。

  6. [修正文字列] に、自動的に挿入されるテキストに対応させる文字列を入力します。

文書内で選択したテキストが、[修正後の文字列] に表示されます。

ページの先頭へ

Microsoft Office Word 2007 では、定型句ギャラリーに定型句エントリを追加できます。

または、2、3 の文字を入力したときにテキストを自動的に追加する場合、[オートコレクト] ダイアログ ボックスにテキストを追加します。

ギャラリーから定型句を追加するには、そのギャラリーをクイック アクセス ツール バーに追加する必要があります。追加後、新しいエントリを作成したり、Word 2003 からギャラリーにエントリを移行したりできます。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] をクリックします。

  3. [コマンドの選択] の一覧で、[すべてのコマンド] をクリックします。

  4. コマンドの一覧をスクロールし、[定型句] を表示します。

  5. [定型句] をクリックし、[追加] をクリックします。

これで [定型句] ボタンがクイック アクセス ツールバーに表示されます。[定型句] をクリックし、定型句エントリのギャラリーから選択します。

ページの先頭へ

  1. Word 文書で、定型句エントリのギャラリーに追加するテキストを選びます。

  2. クイック アクセス ツールバーで、[定型句] をクリックし、[選択範囲を定型句ギャラリーに保存] をクリックします。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに次の情報を入力します。

    • 名前    文書パーツの一意の名前を入力します。

    • ギャラリー    文書パーツを表示させるギャラリーを選びます。

    • カテゴリ     [全般] または [組み込み] などのカテゴリを選ぶか、新しいカテゴリを作成します。

    • 説明    文書パーツの説明を入力します。

    • 保存先    ドロップ ダウン リストでテンプレートの名前をクリックします。

    • テンプレートがテンプレート名の一覧に表示されるようにするには、そのテンプレートが開かれている必要があります。

    • オプション    次のいずれかのオプションを選びます。

      • 文書パーツの前後に改ページを含めて、文書パーツが独立したページとして挿入されるようにするには、[内容をページのまま挿入] を選びます。

      • 内容が段落として作成されるようにする (ユーザーのカーソルが段落の途中にある場合も含む) には、[内容を段落のまま挿入] をクリックします。

      • それ以外の場合は、[内容のみ挿入] をクリックします。

文書パーツ オーガナイザーを使用し、定型句エントリを作成したり、管理したりする方法については、「Word でクイック パーツと定型句を使う」を参照してください。

Microsoft Office Word 2003 で定型句エントリを使用していた場合、Word 2007 に手動で移行できます。

  1. 次のいずれかの方法で、文書パーツ フォルダーに Normal11.dot ファイルをコピーします。

    • コンピューターで Windows Vista を実行している場合     エクスプローラーを起動し、C:\Users\user name\AppData\Roaming\Microsoft\Templates から C:\Users\user name\AppData\Roaming\Microsoft\Document Building Blocks に Normal11.dot テンプレートをコピーします。

    • コンピューターで Windows XP を実行している場合     エクスプローラーを起動し、C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Templates から C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Document Building Blocks に Normal11.dot テンプレートをコピーします。

  2. Office Word 2007 で、Normal11.dot テンプレートを起動します。

  3. AutoText.dotx としてファイルを保存します。

    メッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[閉じる] をクリックします。

メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

ファイルが新しいファイル形式にアップグレードされます。

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで [クイック パーツ] をクリックして、[文書パーツ オーガナイザー] をクリックします。

  2. 文書パーツ オーガナイザーで、定型句エントリを選択し、[プロパティの編集] をクリックし、[ギャラリー] リストで適切なギャラリーを選択します。

  3. [保存する場所] リストで、[Normal.dotm] をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. Office Word 2007 で使用する定型句エントリごとに繰り返します。

特定の文字列を入力したときに自動的に挿入されるテキスト エントリを追加するには、[オートコレクト] ダイアログ ボックスを使用する必要があります。

  1. Word 2007 文書で、自動的に追加するテキストを選択します。

  2. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  3. [文章校正] をクリックします。

  4. [オートコレクトのオプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  5. [入力中に自動修正する] チェック ボックスがオンになっていない場合はオンにします。

  6. [修正文字列] に、自動的に挿入されるテキストに対応させる文字列を入力します。

    文書内で選択したテキストが、[修正後の文字列] に表示されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×