テキストを強調表示する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

テキストを強調表示したり、マウスをレーザー ポインターに変えたりするのは、対象ユーザーをスライド上のコンテンツに注目させるのに適した 2 つの方法です。詳細については、このビデオをご覧ください。

テキストを強調表示する

テキストを色付きで強調表示する一般的な方法は、PowerPoint 2013 では利用できません。ただし、文字の光彩を使用すれば、この操作を行うことができます。

  1. スライドでテキストを選びます。

  2. [描画ツール] の [書式] タブをクリックします。

  3. [文字の効果]、[光彩]、[光彩の種類] の順にクリックします。

  4. 光彩を上げるには、[文字の効果]、[光彩]、[光彩のオプション] の順にクリックして、右側の [図形の書式設定] ウィンドウの [サイズ] ボックスに数値を入力します。

さらに詳しく

テキストを強調表示する

マウスをレーザー ポインターに変更する

スライド ショービューでスライドの一部を拡大する

スライド ショーでは、単語または段落を強調するために強調表示やポイントを行いたいときがあります。

たとえば、ここでは、会社の目標を光彩の黄色で強調表示しました。

この他にも、コールアウト テキストに対してマウス ポインターをレーザー ポインターに変更して、

話しながら重要なポイントに下線を引くことができます。

テキストを強調するそれぞれの方法を見ていきましょう。まず光彩です。

Word とは違い、PowerPoint には [蛍光ペンの色] ボタンがありません。代わりに、光彩を追加してテキストを強調表示します。

強調したいのはこのテキストです。光彩を追加するには、まずマウスでドラッグしてテキストを選びます。

テキストを選ぶと [描画ツール] の [書式] タブが表示されます。クリックします。

[書式] タブには、色、光彩、その他の効果でテキストを書式設定する [ワードアートのスタイル] というグループがあります。

[文字の効果]、この部分をクリックします。

使いたい効果は [光彩] です。ポイントすると、光彩効果のギャラリーが表示されます。

効果をポイントすると、テキストにプレビュー表示されます。

黄色の光彩を最強にするには、これを選びます。[金色] という 18 ポイントの光彩です。

これでテキストが黄色の光彩で強調表示されました。

好みで光彩を強めることができます。もう一度テキストを選び、[文字の効果] をクリックして [光彩] をポイントして [光彩のオプション] をクリックします。

[サイズ] の横にある上矢印をクリックして、光彩を 50 ポイントに増やします。

光彩を強めるとさらにブレンドされた強調表示になり、光彩が見やすくなります。

[図形の書式設定] ウィンドウはこのぐらいにして、[X] をクリックして閉じます。

次は [スライド ショー] をクリックして、ビューの中で光彩の強調表示を見てみましょう。

さて、プレゼンテーションの途中でコールアウト テキストにレーザー ポインターを使うには、このようにします。

Ctrl キーを押しながら左マウス ボタンを長押しします。これでレーザー ポインターがアクティブ化します。

「すべての人のための薬」という会社の価値について話すごとに、ポインターで強調できます。

マウス ボタンを離すと、マウス ポインターに戻ります。

ただし、Ctrl キーを押し続けていれば、マウス ボタンを長押しするたびに、レーザー ポインターがまた表示されます。

次のビデオでは、プレゼンテーションのフォント スタイルを変更します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×