テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint プレゼンテーションでは、テキスト、図、図形、表、SmartArt グラフィック グラフィック、およびその他のオブジェクトをアニメーション化し、開始、終了、サイズや色の変更だけでなく、動きも含めた視覚効果を適用できます。行頭文字やクレジット タイトルがアニメーションになるスライド プレゼンテーションを作成できます。

アニメーションは、情報の流れを制御、ビューアーの効果を高めるポイントを強調する優れた方法です。個々 のスライド、 スライド マスター、またはユーザー設定のスライド レイアウトのアニメーション効果を適用することができます。

PowerPoint 2013
4:05

関連情報は、「一度に 1 行ずつ単語を表示させる」を参照してください。

( PowerPointでアニメーション画面切り替えと同じで、画面切り替えには、次の方法の 1 つスライド変更のアニメーションを実行します。画面切り替えを追加するには、参照を追加、変更、またはスライド間に画面切り替えを削除する)。

アニメーションを適用する

  1. スライドでアニメーションを設定するオブジェクトまたはテキストを選びます。

    このコンテキストで "オブジェクト" は、スライド上の画像、グラフ、またはテキスト ボックスなどのすべてのものを指します。スライド上でそれらを選択すると、サイズ変更ハンドルが表示されます (アニメーション用に、テキスト ボックス内の段落もオブジェクトとして扱われます。ただし、選択してもサイズ変更ハンドルはありません。代わりにテキスト ボックス全体にサイズ変更ハンドルがあります)。

  2. リボンの [アニメーション] タブで [アニメーションの追加] をクリックし、アニメーション効果を選びます。

    PowerPoint でアニメーション効果を追加する

    スライド ショーでプレゼンテーションを行うときにアニメーションが再生されることを確認するには、[スライド ショー]、[スライド ショーの設定] の順に移動して、[アニメーションを表示しない] ボックスがオフになっていることを確認します。このボックスがオンになっていると、スライド ショーをプレビューで表示するときにはアニメーションが表示されますが、プレゼンテーションを行うときには表示されません。

同じオブジェクトにその他のアニメーション効果を適用する場合は、「1 つのオブジェクトに複数のアニメーション効果を適用する」を参照してください。アニメーションの軌跡効果を追加する場合は、「アニメーションの軌跡を追加する」を参照してください。

開始効果と終了効果 (フリップ、ドロップ、ホイップなど) や強調効果 (ブラシの色や波など) の一部は、テキストが含まれるオブジェクトでのみ利用できます。そのような理由で利用できないアニメーション効果を適用する場合、オブジェクト内に空白文字を追加してみてください。

アニメーション効果の速度を変更する

効果の速度は、[時間] 設定によって決定されます。

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションの下の [時間] ボックスに、アニメーション効果を継続させる秒数を入力します。

    PowerPoint のアニメーションのタイミング オプション

    (最大:59 秒。最小: .01 秒。時間を入力することも、上または下矢印を使用して、標準の増分値を選択することもできます。)

アニメーション効果の開始方法を変更する

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションで、[開始] リストを開き、次に示す 3 つのオプションのいずれかを選びます。

    アニメーション効果の開始方法

    次を選択します

    スライドのクリック時

    クリック時

    一覧で前にある効果と同時に開始します (1 回クリックすると、2 つ以上のアニメーション効果が同時に開始されます)。

    直前の動作と同時

    一覧で前のアニメーション効果の再生が終了した直後に、開始します (アニメーション効果の開始に、クリックは必要ありません)。

    直前の動作の後

    PowerPoint のアニメーションの開始オプション

アニメーション効果間に時間を設定する

[遅延] オプションは、クリック後または前のアニメーション効果の終了後のいずれかから、一定の時間の経過後に特定のアニメーション効果を開始する時間を決定できます。

スライド上のアニメーション効果の順序を変更する

スライドのアニメーションの順番を変更するには

  1. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックし、[アニメーション ウィンドウ] を開きます。

  2. [アニメーション ウィンドウ] で、順番を変更するアニメーション効果を選びます。

  3. リボンの [アニメーション] タブの [タイミング] グループの [アニメーション​​の順序変更] からこれらのいずれかのオプションを選びます。

    PowerPoint のアニメーションのタイミング オプション
    • [順番を​​前にする] を選択すると、効果をアニメーションの順序で 1 つに移動できます。

    • [順番を​​後にする] を選択すると、効果をアニメーションの順序で 1 つに移動できます。

    選択した効果をアニメーションの順序で適切な場所に移動するのに、必要に応じてオプションを複数回選択できます。

アニメーション効果を削除する

(行頭文字または画像などの) オブジェクトをアニメーション化すると、オブジェクトのすぐ左に小さい数字が表示されます。この数字は、アニメーション効果が存在することと現在のスライドのアニメーション順序の順番を示します。

アニメーションを削除するには
  1. 削除するアニメーションの番号を選択します。

  2. キーボードの Delete キーを押します。

アニメーションのデモ

多数のアニメーション機能を示す 5 分間のビデオは、「ビデオ: アニメーションをスライドに追加する」を参照してください。

オブジェクトにアニメーションを追加する

  1. アニメーションを設定するオブジェクトを選びます。

    このコンテキストで "オブジェクト" は、スライド上の画像、グラフ、またはテキスト ボックスなどのすべてのものを指します。スライド上でそれらを選択すると、サイズ変更ハンドルが表示されます (アニメーション用に、テキスト ボックス内の段落もオブジェクトとして扱われます。ただし、選択してもサイズ変更ハンドルはありません。代わりにテキスト ボックス全体にサイズ変更ハンドルがあります)。

  2. リボンの [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで ボタン イメージ [その他] をクリックし、目的のアニメーション効果を選択します。

    [アニメーション] タブの [アニメーション] グループ。
    • [開始]、[終了]、[強調]、または [アニメーションの軌跡] で目的のアニメーション効果が見つからない場合は、[その他の開始効果]、[その他の強調効果]、[その他の終了効果]、または [その他のアニメーションの軌跡効果] をクリックします。

    • 開始効果と終了効果 (フリップ、ドロップ、ホイップなど) や強調効果 (ブラシの色や波など) の一部は、テキストが含まれるオブジェクトでのみ利用できます。そのような理由で利用できないアニメーション効果を適用する場合、オブジェクト内に空白を追加してみてください。

    • オブジェクトまたはテキストにアニメーションを適用すると、スライド上では、アニメーションが設定されたアイテムに印刷対象外の番号タグが付けられます。このタグは、テキストまたはオブジェクトの横に表示されます。このタグは、[標準表示] モードで [アニメーション] タブが選択された場合、または [アニメーション] 作業ウィンドウが表示されている場合にのみ表示されます。

アニメーション効果の速度を変更する

効果の速度は、[時間] 設定によって決定されます。

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションの下の [時間] ボックスに、アニメーション効果を継続させる秒数を入力します。

    PowerPoint のアニメーションのタイミング オプション

    (最大:59 秒。最小: .01 秒。時間を入力することも、上または下矢印を使用して、標準の増分値を選択することもできます。)

アニメーション効果の開始方法を変更する

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションで、[開始] リストを開き、次に示す 3 つのオプションのいずれかを選びます。

    アニメーション効果の開始方法

    次を選択します

    スライドのクリック時

    クリック時

    一覧で前にある効果と同時に開始します (1 回クリックすると、2 つ以上のアニメーション効果が同時に開始されます)。

    直前の動作と同時

    一覧で前のアニメーション効果の再生が終了した直後に、開始します (アニメーション効果の開始に、クリックは必要ありません)。

    直前の動作の後

    PowerPoint のアニメーションの開始オプション

アニメーション効果間に時間を設定する

[遅延] オプションは、クリック後または前のアニメーション効果の終了後のいずれかから、一定の時間の経過後に特定のアニメーション効果を開始する時間を決定できます。

スライド上のアニメーション効果の順序を変更する

スライドのアニメーションの順番を変更するには

  1. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックし、[アニメーション ウィンドウ] を開きます。

  2. [アニメーション ウィンドウ] で、順番を変更するアニメーション効果を選びます。

  3. リボンの [アニメーション] タブの [タイミング] グループの [アニメーション​​の順序変更] からこれらのいずれかのオプションを選びます。

    PowerPoint のアニメーションのタイミング オプション
    • [順番を​​前にする] を選択すると、効果をアニメーションの順序で 1 つに移動できます。

    • [順番を​​後にする] を選択すると、効果をアニメーションの順序で 1 つに移動できます。

    選択した効果をアニメーションの順序で適切な場所に移動するのに、必要に応じてオプションを複数回選択できます。

アニメーション効果を削除する

(行頭文字または画像などの) オブジェクトをアニメーション化すると、オブジェクトのすぐ左に小さい数字が表示されます。この数字は、アニメーション効果が存在することと現在のスライドのアニメーション順序の順番を示します。

アニメーションを削除するには
  1. 削除するアニメーションの番号を選択します。

  2. キーボードの Delete キーを押します。

1 つのオブジェクトに複数のアニメーション効果を適用する

  1. 複数のアニメーションを追加するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション​​の詳細設定] で [アニメーション​​の追加] をクリックします。

    [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定]。

現在スライド上にあるアニメーションの一覧を表示する

[アニメーション ウィンドウ] では、スライド上にあるすべてのアニメーションの一覧を見ることができます。[アニメーション ウィンドウ] には、効果の種類、相互に関連する複数の効果の順序、影響を受けるオブジェクトの名前、効果の継続時間など、アニメーション効果に関する重要な情報が表示されます。

[アニメーション ウィンドウ] を開くには、[アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

アニメーション作業ウィンドウ。

1. 作業ウィンドウで、数字はアニメーション効果の再生順序を示します。作業ウィンドウ内の数字は、スライドに表示される印刷されない番号付きのタグに対応します。

2. タイムラインは、効果の継続時間を示します。

3. アイコンは、アニメーション効果の種類を表します。この例では、終了効果です。

4. 一覧の項目を選択すると表示されるメニュー アイコン (下向き矢印) をクリックし、メニューを表示します。

注記: 

  • 効果は、[アニメーション ウィンドウ] の一覧に追加した順序で表示されます。

  • スライド上の他のイベントを基準にしたアニメーション効果の開始タイミングを示すアイコンを表示することもできます。すべてのアニメーションの開始タイミング アイコンを表示するには、アニメーション効果の横にあるメニュー アイコンをクリックし、[時間配分の非表示] を選びます。

  • アニメーション効果の開始タイミングを示すアイコンにはいくつかの種類があります。次のような選択肢があります。

    • [クリック時] (マウス アイコン): マウスをクリックするとアニメーションが開始します。

    • [直前の動作と同時] (アイコンなし): アニメーション効果は、一覧で前にある効果と同時に開始します。この設定は、同時に複数の効果が発生するように組み合わせます。

    • [直前の動作の後] (時計アイコン): 一覧で前にある効果の再生が終了した直後に、アニメーション効果を開始します。

アニメーションの効果のオプション、タイミング、または順序を設定する

  • アニメーションの効果オプションを設定するには、[アニメーション] タブの [アニメーション] で [効果のオプション] の右側にある矢印をクリックし、使用するオプションをクリックします。

  • [アニメーション] タブで、アニメーションの開始、継続時間、または遅延のタイミングを指定できます。

    • アニメーションの開始タイミングを設定するには、[タイミング] で [スタート] メニューの右側にある矢印をクリックし、使用するタイミングをクリックします。

    • アニメーションが実行される "継続時間" を設定するには、[タイミング] で [継続時間] ボックスに使用する秒数を入力します。

    • アニメーションが開始されるまでの "遅延" を設定するには、[タイミング] で [遅延] ボックスに使用する秒数を入力します。

  • 一覧のアニメーションを並べ替えるには、[アニメーション] 作業ウィンドウで、並べ替えるアニメーションを選択し、[アニメーション] タブの [タイミング] で [アニメーションの順序変更] の [順番を早くする] (一覧の他のアニメーションの前にアニメーションを開始する場合) または [順番を遅くする] (一覧の他のアニメーションの後にアニメーションを開始する場合) をクリックします。

アニメーション効果をテストする

1 つ以上のアニメーション効果を追加した後、その機能を検証するには、次の操作を行います。

  • [アニメーション] タブの [プレビュー] グループで、[プレビュー] をクリックします。

    [アニメーション] タブの [プレビュー] グループ

アニメーションの概要

Microsoft Office PowerPoint 2007] で [組み込みのアニメーション効果を使用することができますか、独自の効果を作成することができます。個々 のスライド、 スライド マスターでは、またはユーザー設定のスライド レイアウトは、アニメーション効果を適用することができます。スライド マスターとレイアウトのユーザー設定の詳細については、次を参照してください作成スライド マスタを追加するスライド レイアウトは何ですか?

組み込みのアニメーション効果をテキストまたはオブジェクトに適用する

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

    このコンテキストで "オブジェクト" は、スライド上の画像、グラフ、またはテキスト ボックスなどのすべてのものを指します。スライド上でそれらを選択すると、サイズ変更ハンドルが表示されます

  2. リボンの [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、目的のアニメーション効果を [アニメーション] から選択します。

    組み込みアニメーション

    選択したオブジェクトがテキスト ボックスの場合、[アニメーション] 一覧の各種類のアニメーションに次の 2 つのオプションがあります。

    • すべて同時すべてのテキストのアニメーションが同時に発生します。

    • 第 1 レベルの段落までテキスト ボックスの段落ごとに、順番にアニメーション効果が発生します。

アニメーション効果を削除する

  • アニメーションを削除するテキストまたはオブジェクトを選びます。

  • [アニメーション] タブの [アニメーション] グループの [アニメーション] 一覧から [アニメーションなし] を選択します。

アニメーション効果を作成してテキストまたはオブジェクトに適用する

効果を適用する方法とタイミングをより細かく制御するには、ユーザー設定のアニメーションを作成して適用することができます。たとえば、テキストを拡大または縮小、回転またはシマーさせたり、図が現れたときに喝采の効果音が聞こえるようにアニメーションを設定したりできます。複数のアニメーションを適用することができるので、たとえば、1 行のテキストをサウンドあり/なしでスライド インさせた後、テキストをスライド アウトさせる、といったことができます。プリセットまたはユーザー設定のアニメーションの軌跡だけでなく、強調、開始、終了のオプションを使用できます。

ユーザー設定のアニメーションの作成は、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウ で行います。[アニメーションの設定] 作業ウィンドウには、効果の種類、相互に関連する複数の効果の順序、効果が適用されるテキストの部分など、アニメーション効果に関する重要な情報が表示されます。

カスタム アニメーション作業ウィンドウ

1. アイコンは、スライド上の他のイベントを基準にしたアニメーション効果のタイミングを示します。次のような選択肢があります。

  • [クリック時] (マウス アイコン): スライドをクリックするとアニメーション効果が開始します。

  • [直前の動作と同時] (アイコンなし): アニメーション効果は、一覧で前にある効果と同時に開始します (つまり、1 回のクリックで複数のアニメーション効果が実行されます)。

  • [直前の動作の後] (時計アイコン): 一覧で前にある効果の再生が終了した直後に、アニメーション効果を開始します (つまり、次のアニメーション効果を開始するために新たなクリックは必要ありません)。

2. 一覧の項目を選択すると表示されるメニュー アイコン (下向き矢印) をクリックし、メニューを表示します。

3. 数字はアニメーション効果の再生順序を示します。また、数字は、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウが表示された状態の標準表示モードで、アニメーション化されたアイテムの隣に表示される数字ラベルにも対応しています。

4. アイコンは、アニメーション効果の種類を表します。この例では、強調効果です。

アニメーション化されているアイテムは、スライド上では印刷されない数字タグによって示されます。このタグは [アニメーションの設定] リストの効果に対応しており、タグはテキストまたはオブジェクトの横に表示されます。タグは、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウが表示された状態の標準表示でのみ表示されます。

Office PowerPoint 2007 でユーザー設定のアニメーション効果を適用するには、次のようにします。

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

  3. [アニメーションの設定] 作業ウィンドウで [効果の追加] をクリックして、次の操作のうち必要なものを行います。

    • テキストまたはオブジェクトを効果付きで表示するには、[開始] をポイントして効果をクリックします。

    • スライドに既に表示されているテキストやオブジェクトにスピン効果などの効果を追加するには、[強調] をポイントして効果をクリックします。

    • ある時点でテキストまたはオブジェクトをスライドから消す効果を追加するには、[終了] をポイントして効果をクリックします。

    • 指定したパターンでテキストまたはオブジェクトを移動させる効果を追加するには、[アニメーションの軌跡] をポイントして軌跡をクリックします。

  4. テキストまたはオブジェクトに効果を適用する方法を指定するには、[アニメーションの設定] の一覧でユーザー設定のアニメーション効果を右クリックし、ショートカット メニューで [効果のオプション] をクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキストの設定を指定するには、[効果]、[タイミング]、および [テキスト アニメーション] タブで、テキストのアニメーション化に使うオプションをクリックします。

    • オブジェクトの設定を指定するには、[効果] および [タイミング] タブで、オブジェクトのアニメーション化に使うオプションをクリックします。

効果は、[アニメーションの設定] の一覧に追加した順序で表示されます。

サウンド効果を箇条書きテキストに適用する

箇条書きにアニメーション効果を追加したテキストにサウンド効果を適用するのには、次の手順を使用します。始めるには、スライドのようになります。

'開始' と '終了' のアニメーション効果を含むスライド

[アニメーションの設定]作業ウィンドウでは、次のようなものが表示されます。

"開始" と "終了" のアニメーション効果を示す [アニメーションの設定] ウィンドウ

次の操作を行います。

  1. [アニメーションの設定]作業ウィンドウで、アニメーションの設定]リストで、テキストの最初の箇条書き項目に適用されたアニメーション効果の右側にある矢印をクリックし、[効果のオプション] をクリックします。

    効果のオプション

  2. [効果] タブの拡張機能では、[サウンド] ボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • サウンドを選択します。

    • ファイルからのサウンドを追加するにその他のサウンドを選択し、使用するサウンド ファイルを検索します。

  3. 手順 1 と 2 にサウンド効果を追加するテキストのそれぞれの箇条書きを繰り返します。

アニメーションの軌跡をオブジェクトに適用する

重要: 

  • のアニメーションの軌跡をオブジェクトに適用する前に、スライドに画像やクリップアートなどのオブジェクトを追加する必要があります。アニメーションの軌跡を適用すると、クリップアートが表示されるため (なしの背景を) 1 つのオブジェクトとして、スライド間で移動するのには、クリップアートや画像の背景を透明を選択します。

  • オンラインでクリップ アートや画像を検索する場合は、Bing にリダイレクトされます。ユーザーの責任において著作権を遵守してください。また、使用する画像を選ぶときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

SmartArt グラフィックにアニメーション効果を適用するには、 SmartArt グラフィックにアニメーションを参照してください。

  1. スライドにオブジェクトを追加した後場所にドラッグ、スライド上から移行を開始するオブジェクトを格納します。

  2. オブジェクトをクリックする。

  3. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

  4. [アニメーションの設定]作業ウィンドウで、[効果の追加] をクリックして、アニメーションの軌跡] をポイントユーザー設定パスの描画] をポイントし、[フリーハンド] をクリックします。

    注: ペンのポインターになります。

  5. クリップアートやその他のオブジェクトから開始して、パスの場合は、次のスライドで、オブジェクトを停止する] をクリックしてオブジェクトの移動を描画します。

アニメーションの軌跡を描画する

1. クリップ アート オブジェクトが 4 番目のアニメーション効果が適用されました。

2. [アニメーションの軌跡

3. 開始アニメーション効果の文字列の最初の箇条書き項目に適用されています。

4. 終了アニメーション効果の文字列の最初の箇条書き項目に適用されています。

2 番目の箇条書きのテキストに適用されている 5. 開始アニメーション効果

2 番目の箇条書きのテキストに適用されている 6. 終了アニメーション効果

アニメーション効果をテストする

1 つ以上のアニメーション効果を追加した後、その機能を検証するには、次の操作を行います。

  • [アニメーションの設定] 作業ウィンドウの下部にある [再生] をクリックします。

[再生] を押してアニメーション効果をテストする

テキストとオブジェクトへのアニメーション設定の詳細

4 種類のアニメーション効果が用意されています。

  • 開始効果を使うと、オブジェクトをフェードインする、端からスライドインする、バウンドしながら表示するといったことができます。

  • 終了効果を使うと、オブジェクトをスライドアウトする、消す、スライドからスパイラルアウトするといったことができます。

  • 強調効果を使うと、オブジェクトのサイズを縮小または拡大する、色を変更する、中央でスピンするといったことができます。

  • アニメーションの軌跡を使うと、オブジェクトを (他の効果間で) 上下、左右、星型、または円形に移動できます。独自のアニメーションの軌跡を描くこともできます。

アニメーションを単体で使ったり、複数の効果を組み合わせたりすることができます。たとえば、[スライドイン] 開始効果と [拡大/収縮] 強調効果を適用して、一連のテキストを大きくしながらスライドインさせます。効果を追加するには [アニメーションの追加] をクリックし、[アニメーション ウィンドウ] を使って強調効果が [直前の動作と同時] になるよう設定します。

[アニメーション] タブのアニメーション効果のギャラリーは、最も一般的な効果のみ表示しています。[アニメーションの追加] をクリックし、下にスクロールし、[その他の開始効果]、[その他の強調効果]、[その他の終了効果]、または [その他のアニメーションの軌跡効果] をクリックしてさらに効果の可能性を広げてください。

PowerPoint でのその他のアニメーション効果

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

PowerPoint で一度に 1 行ずつ単語を表示させる

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×