アニメーション、ビデオ、オーディオ

テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する

テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する

PowerPoint プレゼンテーションのテキスト、画像、図形、表、SmartArt グラフィック、およびその他のオブジェクトにアニメーションを設定することができます。

効果を適用すると、オブジェクトを表示、非表示、または移動させることができます。オブジェクトのサイズや色を変更することができます。

PowerPoint 2013

1:54

関連するアニメーション テキストに関するビデオもあります。

プレゼンテーション内のテキスト、図、図形などにアニメーションを追加する

  1. アニメーションを設定するオブジェクトまたはテキストを選択します。

  2. [アニメーション] を選択し、アニメーションを選択します。

  3. [効果のオプション] を選択し、効果を選択します。

アニメーションと効果を管理する

プレゼンテーションでアニメーションを開始するには、さまざまな方法があります。

  • [クリック時]: スライドをクリックすると、アニメーションが開始されます。

  • [直前の動作と同時]: アニメーションを前の順番のアニメーションと同時に再生します。

  • [直前の動作の後]: 前のアニメーションが動作した後すぐに開始されます。

  • [継続時間]: 効果を長くしたり短くしたりします。

  • [遅延]: 効果が実行される前に時間を追加します。

アニメーションにサウンド効果を追加する

  1. アニメーションとともにオブジェクトまたはテキストを選択します。

  2. [アニメーションの追加] を選択してアニメーションを選択します。

アニメーションの順序を変更する

  1. アニメーション マーカーを選択します。

  2. 目的のオプションを選択します。

    • [順番を早くする]: アニメーションが表示される順序を前に移動します。

    • [順番を遅くする]: アニメーションが動作する順序を​​後に移動します。

グループ化されたオブジェクトにアニメーションを追加する

アニメーションを、グループ化されたオブジェクト、テキストなどに追加できます。

  1. Ctrl キーを押し、目的のオブジェクトを選択します。

  2. [書式]、[グループ]、[グループ] の順に選択して、オブジェクトをグループ化します。

  3. [アニメーション] を選択してアニメーションを選択します。

オブジェクトにアニメーションを追加する

  1. アニメーションを設定するオブジェクトを選びます。

  2. リボンの [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで [その他] ボタン [その他] をクリックし、目的のアニメーション効果を選択します。

    [アニメーション] タブの [アニメーション] グループ。

    最もよく使用されている効果が表示されます。さらに多くの選択肢が必要な場合は、ギャラリーの下部にある [その他​​] オプションをクリックします。

次の見出しを選択して開くと、詳細な手順が表示されます。

効果の速度は、[時間] 設定によって決定されます。

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションの下の [時間] ボックスに、アニメーション効果を継続させる秒数を入力します。

    PowerPoint のアニメーション効果の [継続時間] オプション

    (最大:59 秒。最小: .01 秒。時間を入力することも、上または下矢印を使用して、標準の増分値を選択することもできます。)

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションで、[開始] リストを開き、次に示す 3 つのオプションのいずれかを選びます。

    PowerPoint のアニメーションの開始オプション

    次を選択します

    アニメーション効果の開始方法

    クリック時

    スライドのクリック時

    直前の動作と同時

    一覧で前にある効果と同時に開始します (1 回クリックすると、2 つ以上のアニメーション効果が同時に開始されます)。

    直前の動作の後

    一覧にある前のアニメーション効果の再生が終了した直後に、開始されます (アニメーション効果の開始に、クリックは必要ありません)。

[遅延] オプションは、クリック後または前のアニメーション効果の終了後のいずれかから、一定の時間の経過後に特定のアニメーション効果を開始する時間を決定できます。

  1. スライドで、変更するアニメーション効果を選択します。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] オプションにある [遅延] ボックスで、秒単位の時間を指定します。

PowerPoint のアニメーション効果の [遅延] オプション

スライドのアニメーションの順番を変更するには

  1. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックし、[アニメーション ウィンドウ] を開きます。

  2. [アニメーション ウィンドウ] で、順番を変更するアニメーション効果を選びます。

  3. リボンの [アニメーション] タブの [タイミング] グループの [アニメーション​​の順序変更] からこれらのいずれかのオプションを選びます。

    PowerPoint のアニメーションのタイミング オプション
    • [順番を​​前にする] を選択すると、効果をアニメーションの順序で 1 つに移動できます。

    • [順番を​​後にする] を選択すると、効果をアニメーションの順序で 1 つに移動できます。

    選択した効果をアニメーションの順序で適切な場所に移動するのに、必要に応じてオプションを複数回選択できます。

オブジェクトにアニメーションを設定すると、オブジェクトのすぐ左に小さい数値マーカーが表示され、アニメーション効果が存在することと現在のスライドにある一連のアニメーションの順番が示されます。

  1. 削除するアニメーションの番号を選択します。

  2. キーボードの Delete キーを押します。

詳細については、「アニメーション効果を変更、削除、または無効にする」を参照してください。

  1. 複数のアニメーションを追加するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション​​の詳細設定] で [アニメーション​​の追加] をクリックします。

    [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定]。

1 つ以上のアニメーション効果を追加した後、その機能を検証するには、次の操作を行います。

  • [アニメーション] タブの [プレビュー] グループで、[プレビュー] をクリックします。

    [アニメーション] タブの [プレビュー] グループ

複数のオブジェクトにアニメーションを設定する場合、手動により同じ方法を繰り返す必要はありません。オブジェクト間でアニメーションをコピーするには、[アニメーションのコピー/貼り付け] を使用します。詳細情報およびビデオによる簡単なデモについては、「[アニメーションのコピー/貼り付け] を使用してアニメーションを複製する」を参照してください。

アニメーション ツール バーで [アニメーションのコピー/貼り付け] が有効になるのは、スライド上でアニメーションが設定されたオブジェクトを選択した場合です。

アニメーション効果を適用する

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

    このコンテキストで "オブジェクト" は、スライド上の画像、グラフ、またはテキスト ボックスなどのすべてのものを指します。スライド上でそれらを選択すると、サイズ変更ハンドルが表示されます。

  2. リボンの [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、目的のアニメーション効果を [アニメーション] から選択します。

    組み込みアニメーション

    選択したオブジェクトがテキスト ボックスの場合、[アニメーション] 一覧の各種類のアニメーションに次の 2 つのオプションがあります。

    • すべて同時すべてのテキストのアニメーションが同時に発生します。

    • 第 1 レベルの段落までテキスト ボックスの段落ごとに、順番にアニメーション効果が発生します。

次の見出しを選択して開くと、詳細な手順が表示されます。

  • アニメーションを削除するテキストまたはオブジェクトを選びます。

  • [アニメーション] タブの [アニメーション] グループの [アニメーション] 一覧から [アニメーションなし] を選択します。

詳細については、「アニメーション効果を変更、削除、または無効にする」を参照してください。

効果を適用する方法とタイミングをより細かく制御するには、ユーザー設定のアニメーションを作成して適用することができます。たとえば、テキストを拡大または縮小、回転またはシマーさせたり、図が現れたときに喝采の効果音が聞こえるようにアニメーションを設定したりできます。複数のアニメーションを適用することができるので、たとえば、1 行のテキストをサウンドあり/なしでスライド インさせた後、テキストをスライド アウトさせる、といったことができます。プリセットまたはユーザー設定のアニメーションの軌跡だけでなく、強調、開始、終了のオプションを使用できます。

ユーザー設定のアニメーションの作成は、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウ で行います。ここには、効果の種類、相互に関連する複数の効果の順序、効果が適用されるテキストの部分など、アニメーション効果に関する重要な情報が表示されます。

カスタム アニメーション作業ウィンドウ

1. アイコンは、スライド上の他のイベントを基準にしたアニメーション効果のタイミングを示します。次のような選択肢があります。

  • [クリック時] (マウス アイコン): スライドをクリックするとアニメーション効果が開始します。

  • [直前の動作と同時] (アイコンなし): アニメーション効果は、一覧で前にある効果と同時に開始します (つまり、1 回のクリックで複数のアニメーション効果が実行されます)。

  • [直前の動作の後] (時計アイコン): 一覧で前にある効果の再生が終了した直後に、アニメーション効果を開始します (つまり、次のアニメーション効果を開始するために新たなクリックは必要ありません)。

2. 一覧の項目を選択すると表示されるメニュー アイコン (下向き矢印) をクリックし、メニューを表示します。

3. 数字はアニメーション効果の再生順序を示します。また、数字は、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウが表示された状態の標準表示モードで、アニメーション化されたアイテムの隣に表示される数字ラベルにも対応しています。

4. アイコンは、アニメーション効果の種類を表します。この例では、強調効果です。

アニメーション化されているアイテムは、スライド上では印刷されない数字タグによって示されます。このタグは [アニメーションの設定] リストの効果に対応しており、タグはテキストまたはオブジェクトの横に表示されます。タグは、[アニメーションの設定] 作業ウィンドウが表示された状態の標準表示でのみ表示されます。

Office PowerPoint 2007 でユーザー設定のアニメーション効果を適用するには、次のようにします。

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

  3. [アニメーションの設定] 作業ウィンドウで [効果の追加] をクリックして、次の操作のうち必要なものを行います。

    • テキストまたはオブジェクトを効果付きで表示するには、[開始] をポイントして効果をクリックします。

    • スライドに既に表示されているテキストやオブジェクトにスピン効果などの効果を追加するには、[強調] をポイントして効果をクリックします。

    • ある時点でテキストまたはオブジェクトをスライドから消す効果を追加するには、[終了] をポイントして効果をクリックします。

    • 指定したパターンでテキストまたはオブジェクトを移動させる効果を追加するには、[アニメーションの軌跡] をポイントして軌跡をクリックします。

  4. テキストまたはオブジェクトに効果を適用する方法を指定するには、[アニメーションの設定] の一覧でユーザー設定のアニメーション効果を右クリックし、ショートカット メニューで [効果のオプション] をクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキストの設定を指定するには、[効果]、[タイミング]、および [テキスト アニメーション] タブで、テキストのアニメーション化に使うオプションをクリックします。

    • オブジェクトの設定を指定するには、[効果] および [タイミング] タブで、オブジェクトのアニメーション化に使うオプションをクリックします。

効果は、[アニメーションの設定] の一覧に追加した順序で表示されます。

アニメーション効果を追加した箇条書きテキストにサウンド効果を適用するには、次の手順を使用します。最初に、スライドは次のようになります。

"開始" と "終了" のアニメーション効果を含むスライド

[アニメーションの設定] 作業ウィンドウは、次のようになります。

"開始" と "終了" のアニメーション効果を示す [アニメーションの設定] ウィンドウ

次の操作を行います。

  1. [アニメーションの設定] 作業ウィンドウの [アニメーションの設定] リストで、最初の箇条書きテキストに適用するアニメーション効果の右にある矢印をクリックし、[効果の​​オプション] をクリックします。

    効果のオプション

  2. [効果] タブの [強調] にある [サウンド] リストで、次のいずれかの操作を行います。

    • サウンドを選択します。

    • ファイルからサウンドを追加するには、[その他のサウンド] を選択して、使用するサウンド ファイルを見つけます。

  3. サウンド効果を追加する箇条書きテキストごとに、手順 1 と手順 2 を繰り返します。

1 つ以上のアニメーション効果を追加した後、その機能を検証するには、次の操作を行います。

  • [アニメーションの設定] 作業ウィンドウの下部にある [再生] をクリックします。

[再生] を押してアニメーション効果をテストする

アニメーションを適用する

  1. スライドでアニメーションを設定するオブジェクトまたはテキストを選びます。

    このコンテキストで "オブジェクト" は、スライド上の画像、グラフ、またはテキスト ボックスなどのすべてのものを指します。スライド上でそれらを選択すると、サイズ変更ハンドルが表示されます (アニメーション用に、テキスト ボックス内の段落もオブジェクトとして扱われます。ただし、選択してもサイズ変更ハンドルはありません。代わりにテキスト ボックス全体にサイズ変更ハンドルがあります)。

  2. リボンの [アニメーション] タブで、アニメーションのギャラリーを開き、目的のアニメーションを選択します。

    PowerPoint Online のオプションのアニメーション ギャラリー
  3. [アニメーション] タブで、[効果のオプション] の一覧を開いて使用可能なオプションから選択します。効果のオプションは、テキストや、アニメーションの方向または強度を選択するのに使用できます (すべてのアニメーションに効果のオプションがあるわけではありません)。

  4. アニメーションをプレビューするには、リボンの [表示] タブの [スライド ショーの開始] で、[現在のスライドから] を選択します。

    現在のスライドからスライド ショーを開始する
  5. スライド ショー ビューで、アニメーション効果を再生するスライドをクリックします。

アニメーション効果を削除する

  1. アニメーション オブジェクトを選択します。

  2. リボンの [アニメーション] タブで、アニメーションのギャラリーを開き、[なし] を選択します。

アニメーション効果の順序を変更する

オブジェクトにアニメーションを設定すると、オブジェクトのすぐ左に小さい数値マーカーが表示され、アニメーション効果が存在することとスライドにある一連のアニメーションの順番が示されます。これらのマーカーは、リボンの [アニメーション] タブが選択されている場合に表示されます。

  1. スライドで、アニメーションが設定されたオブジェクトを選択します。

  2. リボンの [アニメーション] タブの [タイミング] で、[順番を​​前にする] または [順番を​​後にする] をクリックします。

    クリックするたびに、オブジェクトの順番の位置が 1 ずつ増減します。アニメーション マーカーの番号は、効果の順番を反映して変更されます。

関連項目

一度に 1 行ずつ、1 単語ずつ、または 1 文字ずつテキストを表示する

スライドにアニメーション GIF を追加する

1 つのオブジェクトに複数のアニメーション効果を適用する

アニメーションの軌跡を追加する

PowerPoint の 3D アニメーション効果

スライド間の画面切り替え効果

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×