スキップしてメイン コンテンツへ

テキストの貼り付け時に書式を制御する

Wordでは、元の書式、変換先のテキスト、または純粋なテキストのみの書式を使用してテキストを貼り付けることができます。 常にいずれかのオプションが必要な場合は、貼り付けられたテキストの既定として設定します。

既定の貼り付けオプションを設定する

既定では Word 、CTRL キーを押しながら V キーを押すか、[貼り付け] ボタンを使用してコンテンツを文書に貼り付けるか、右クリックして [+ 貼り付け] をクリックすると、元の書式が保持されます。 既定の設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル> オプション >詳細設定]に移動します。

  2. [切り取り、コピー、貼り付け] で、変更する設定の下矢印を選択します。

    • 同じ文書内の貼り付け    コンテンツをコピーした元のドキュメントにコンテンツを貼り付ける場合。

    • 文書間での貼り付け    別の Word 文書からコピーした内容を貼り付ける場合。

    • 文書間での貼り付け (スタイル定義が異なる場合)    別の Word 文書からコピーしたコンテンツを貼り付けると、コピーしたテキストに割り当てられているスタイルが、テキストの貼り付け先の文書で異なる方法で定義されます。

    • 他のプログラムからの貼り付け    ブラウザーなどの別のプログラムからコピーしたコンテンツを貼り付ける場合。

    Word のコピーと貼り付けのオプション

  3. 各設定には、次のオプションがあります。

    元の書式
    を保持する差し込み印刷の書式
    を保持するテキストのみ保持する

    これらのオプションの詳細については、「目的の外観を実現する」を参照してください。

  4. [OK] を選びます。

注: 

  • [貼り付けのオプション [貼り付けのオプション] ボタン メニューから [既定の貼り付けの設定] を選択することもできます。

  • [既定の貼り付けの設定] が選択された [貼り付け] メニュー

コンテンツを貼り付けるときにオプションを変更する

Web ページや別の Word ドキュメントなど、書式設定されたソースからコンテンツをコピーする場合は、ドキュメントに貼り付ける時点でオプションを選ぶことができます。

  1. コンテンツを貼り付ける場所をクリックまたはタップします。

  2. CTRL キーを押しながら V キーを押してから、[貼り付けのオプション [貼り付けのオプション] ボタン ] を選択します。

  3. ライブレビューのボタンの上にマウスポインターを置きます。

    テキストの上にカーソルが置かれた状態でドロップダウンを貼り付ける

  4. 使用する [貼り付け] オプションを選択します。

[貼り付けのオプション [貼り付けのオプション] ボタン ] ボタンを使用すると、書式設定オプションを選択し、既定でオンになっています。 ボタンが表示されない場合は、無効にされている可能性があります。 次の手順に従って、有効にします。

  1. [ファイル> オプション >詳細設定]に移動します。

  2. [切り取り、コピー、貼り付け] セクションで、コンテンツを貼り付けるときに [貼り付けオプション] ボタンを表示します。

  3. [OK] を選びます。

設定がオンになっているにもかかわらず、貼り付けてもボタンが表示されない場合は、純粋なテキストではなく、書式設定されたコンテンツを貼り付けていることを確認してください (メモ帳からの場合など)。

Word ドキュメント、web ページ、または他のアプリのドキュメントからテキストをコピーし、 Word 文書に貼り付ける場合、テキストの書式設定方法を選ぶことができます。 元の書式をそのまま使用するか、貼り付け先の書式を使用するか、またはテキストのみを貼り付けることができます。

  • 元の書式を保持 (K)    このチェック ボックスをオンにすると、コピー元のテキストに適用されていた書式が保持されます。 コピー元のテキストに関連付けられたすべてのスタイル定義が、コピー先の文書にコピーされます。

  • 書式を結合する (M)    このチェック ボックスをオンにすると、コピー元のテキストに直接適用されていたほとんどの書式が破棄されますが、選択範囲の一部にのみ適用されている太字や斜体などの強調と見なされる書式は保持されます。 テキストには、貼り付け先の段落のスタイル特性が適用されます。 また、貼り付けたときのカーソルの直前にあるテキストに設定された、直接の書式設定や文字スタイルのプロパティも適用されます。

  • 画像 (U)   このオプションは、Office 365 サブスクリプションでのみ利用できます。 テキストを画像に変換し、それを貼り付けます。 テキストは変更できませんが、他の図や画像と同じように扱うことができ、効果、罫線、または回転を使うことができます。 選択された状態で、[図の書式設定] タブの [オプション] を選択します。

  • テキストのみ保持 (T)    このオプションを選択すると、画像や表などのすべての書式設定要素とそれ以外の要素が破棄されます。 テキストには、貼り付け先の段落のスタイル特性と、貼り付けたときのカーソルの直前にあるテキストに直接適用されている書式や文字スタイルのプロパティが適用されます。 グラフィック要素は破棄され、表は一連の段落に変換されます。

行頭文字または段落番号を使った箇条書きの項目を別の一覧に貼り付けると、貼り付け先のリストの段落番号または行頭文字を使用して、元の書式または順序を維持することができます。

番号付きの項目を貼り付けてシーケンスを継続する    [リストの続行] (C)を選択すると、挿入した項目が一覧の順番に表示されます。

番号付きのアイテムに元の順序を保持する    挿入された項目の元のリスト順序を維持するには、[新しいリスト (N) ] を選びます。

箇条書き項目を段落番号に貼り付ける    行頭文字を保持するには、[元の書式を保持] (K)を選択します。 行頭文字を数値に変換するには、[書式の結合 (M)] を選択します。

番号付きの項目を箇条書きに貼り付ける    元の番号を保持するには、[リストを結合しない (D)] を選択します。 数値を行頭文字に変換するには、[リストの結合 (M)] を選択します。

テキストのみを貼り付けるリスト    既定では、テキストのみを貼り付けるときに箇条書きと段落番号は維持されます。 この動作を無効にするには:

  1. [ファイル> オプション >詳細設定]に移動します。

  2. [テキストのみ保持] オプションでテキストを貼り付けるときに箇条書きと段落番号を保持することをオフにします。

  3. [OK] を選びます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×