テキストの引き出しデータ グラフィックの使用方法

テキストの引き出しデータ グラフィックの使用方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Visio Professional のテキスト引き出しデータ グラフィック (吹き出し図形と混同しないでください) は、図面の図形にデータをインポートした後に適用できるある種のデータ グラフィックです。 次の例では、メモリ フィールドのテキスト引き出しデータ グラフィックを示しています。 これはチップ アイコンで表され、GB 数がその後に続きます。

メモリ アイコンを含んだ図形

必ずしもすべての引き出しデータ グラフィックが上の例のように表示されるわけではありません。 場合によっては、簡素なテキスト ラベルにこれらを使用する必要があります。 たとえば、部署名、電話番号、日付などを表示するために使用されます。

引き出しデータ グラフィックを図形に適用する

  1. [データ グラフィック フィールド] ウィンドウが右側に開いていることを確認します。 開いていない場合は、[データ] タブで [データ グラフィック フィールド] チェック ボックスをオンにします。

    [データ] タブの [データ グラフィック フィールド] チェック ボックス

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ページ上のすべての図形を変える場合は、図の空白領域をクリックして、すべての図形の選択を解除します。

    • ページ上の特定の図形だけを変える場合は、1 つ以上の図形をクリックして選びます。

  3. [データ グラフィック フィールド] ウィンドウで、引き出しデータ グラフィックに変更する引き出しデータ フィールドを指定します。

  4. 同じウィンドウで、変更するフィールドにチェック マークがあることを確認し、オンにして青色にハイライトされるようにします。

    [達成率 (%)] チェック ボックスがオンになっていて選択されている [データ グラフィック フィールド] ウィンドウ

  5. [データ] タブで、[データ グラフィック] ギャラリーの下にある下矢印をクリックします。

    [データ] タブのデータ グラフィック ギャラリーのボタン

  6. [引き出し] の下にあるアイテムを選びます。

その他の引き出しプロパティの構成

引き出しを適用した後、グラフィックでデータが正しく表示されるように引き出しの構成が必要になる場合があります。 たとえば、テキストの書式などのプロパティを変更したり、別の位置に変更したりする場合があります。

  1. 上記の手順 1 ~ 4 に従います。

  2. [データ] タブで、[構成] をクリックします。

    [データ] タブの [構成] ボタン

  3. データ バーの全体的な外観を変更する場合は、[スタイル] メニューから別のスタイルを選びます。

  4. また、ラベル、値、引き出しを変更することもできます。 次の図は、これらの各コンポーネントを示しています。 ラベルは、インポートされたデータのフィールド名 (または列名) です。 値はフィールドの実際の値です。 引き出しは、データ グラフィック全体の領域です。

    コンピューター図形、データ グラフィック、引き出しには値とラベルがある

    • [値を表示する] このプロパティはフィールドの値を表示します。 [はい] または [いいえ] に設定できます。 上の例では、値が表示され、値は 32 です。

    • [値の表示形式] このプロパティでは、値のデータ形式を設定できます。 […] をクリックし、[数値]、[通貨]、[日付/時刻] などの一般的な表示形式から選ぶことができます。 上の例で、値の表示形式は [数値] に設定されています。

    • [値のフォント サイズ] 値のフォント サイズを設定します。

    • [ラベルの位置] 値に対するフィールド名の位置を指定します。 [値の上]、[値の下]、[表示しない] の 3 つのオプションがあります。 ほとんどの場合、既定の設定は [表示しない] です。 上の例で、[ラベルの位置] は [値の上] に設定されています。

    • [ラベル] フィールド名の実際のテキストです。 上の例では、ラベルは "メモリ" です。データにある既定のフィールド名をカスタマイズする場合は、[既定] を選び、Delete キーを押し、自分のテキストを入力できます。 たとえば、"GB 単位の RAM" に変更できます。

    • [ラベルのフォント サイズ] ラベルのフォント サイズを設定します。

    • [枠の種類] 引き出し領域の周囲に、[なし] (通常は既定の設定です)、[アウトライン]、[下] の 3 種類の枠を設定できます。 上の例で、枠の種類は [アウトライン] に設定されています。 これは、引き出し領域のアウトラインです。

    • [塗りつぶしの種類] この設定では、引き出しの背景を白で塗りつぶすか、なしに設定できます。 [なし] では、引き出しの背景が透明になるので、他の図形やデータ グラフィックの下のテキストを確認できます。

    • [アイテムのオフセット] アイテム全体の位置を左右に微調整できます。

    • [引き出しの幅] データ グラフィック領域全体の幅を変更できます。 数値を指定する場合、既定の単位はインチです。 たとえば、2 を入力すると、データ グラフィック領域の幅は 2 インチに変わります。 幅をポイント単位で指定することもできます。 ポイント単位で指定する場合は、数値、スペース、“pt” の順に指定します。例: 100 pt

  5. データ グラフィックの配置を変えることもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×