テキストに上付き、下付きの書式を設定する

テキストに上付き、下付きの書式を設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

上付きまたは下付き文字の数、図、記号、または型の標準の線よりも小さいし、やや上 (上付き) または 1 つ下 (下付き) に設定されているインジケーター商標、著作権、その他の記号と特殊文字をプレゼンテーションに追加すると、やや上にあるテキストの残りの部分に表示する記号と特殊文字はします。脚注を作成している場合も場合はこれを行う数。

例: 上付き文字と下付き文字

キーボード ショートカット: 上付き文字または下付き文字を適用します。

通常のテキストの少し上 (上付き文字) または下 (下付き文字) にテキストを表示するには、ショートカット キーを使用することができます。

  1. 文字列や数字を選びます。

  2. 上付き文字は、Ctrl キーと、Shift キーを押しながら正符号 (+) キーを同時に押します。

    下付き文字は、Ctrl キーと等号 (=) キーを同時に押します。(Shift は押しません)。

ヒント: [フォント] ダイアログ ボックスでオプションを選んでテキストに上付き、下付きの書式を設定することもできます。

上付きまたは下付きの書式をテキストに適用する

  1. 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、[ダイアログ ボックス起動ツール] を選びます。

    [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール

  3. [フォント] タブの [文字飾り] で、[上付き] または [下付き] チェック ボックスをオンにします。

    上付き文字または下付き文字を選ぶ

ヒント: テキストの上付きまたは下付きは、フォント サイズを維持したまま適用できます。 上付きの場合は、[オフセット] ボックスに現在よりも大きい割合の値を入力します。 下付きの場合は、[オフセット] ボックスに現在よりも小さい割合の値を入力します。

上付き文字または下付きの書式設定を元に戻す

を上付き文字または下付きの書式設定を元に戻すには、テキストを選択し、ctrl キーを押しながら Space キーを押してください。

上付きまたは下付き記号を挿入する

  1. スライド上で、記号を追加する場所をクリックします。

  2. [挿入] タブで、[記号と特殊文字] をクリックします。

    記号を挿入する

  3. [記号と特殊文字] ボックスの [フォント] ドロップダウン リストで、まだ選択されていない場合は (通常のテキスト) を選択します。

  4. [記号と特殊文字] ボックスの [種類] 一覧で、[上付き/下付きの文字] を選びます。

    PowerPoint の [記号] ダイアログに下付き文字または上付き文字のサブセットを表示する

  5. [記号と特殊文字] ボックスで、目的の記号を選び、[挿入] を押し、[閉じる] を選びます。

キーボード ショートカット: 上付き文字または下付き文字を適用します。

通常のテキストの少し上 (上付き文字) または下 (下付き文字) にテキストを表示するには、ショートカット キーを使用することができます。

  1. 文字列や数字を選びます。

  2. 上付き文字の場合は、同時に Command shift キーを正符号 (+) をキーを押します。

    (バージョン 2016)下付き文字を同時に Command と等号 (=) をキーを押します。(はshift キーを押します)。

    (バージョン 2011)下付き文字shift キーを押して Command マイナス (-) を同時にサインインします。

ヒント: [フォント] ダイアログ ボックスでオプションを選択して、テキストに上付き、下付きの書式を設定することができますもします。

上付きまたは下付きの書式をテキストに適用する

  1. 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、[上付き] [上付き] ボタン または [下付き] [購読] ボタン をクリックします。

上付き文字または下付きの書式設定を元に戻す

を上付き文字または下付きの書式設定を元に戻すには、テキストを選択し、ctrl キーを押しながら Space キーを押してください。

上付き記号を挿入する

® や ™ などのほとんどいつも上付きになる特定の記号の場合は、記号を挿入するだけで自動的に上付きとして書式設定されます。

  1. [挿入] タブで、[記号と特殊文字] をクリックします。

  2. [文字種記号] をクリックするかそこまでスクロールし、挿入する記号をクリックします。

PowerPoint Onlineで編集しているときに、上付き文字または下付きの書式は使用できません。デスクトップ版のPowerPoint上付きまたは下付き文字を追加する必要があります。

PowerPoint Onlineで表示する機能ですが、この場合は、PowerPoint Online の候補] ボックスの中の投票にしてください。

関連項目

序数の上付きをオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×