テキストに上付き、下付きの書式を設定する

テキストに上付き、下付きの書式を設定する

上付きまたは下付きの文字は、標準の文字サイズより小さい番号、数、記号、インジケーターで、やや上 (上付き) またはやや下 (下付き) に配置されます。

例: 上付き文字と下付き文字

上付きまたは下付きの書式をテキストに適用する

  1. 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、[ダイアログ ボックス起動ツール] を選びます。

    [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール

  3. [フォント] タブの [文字飾り] で、[上付き] または [下付き] チェック ボックスをオンにします。

    上付き文字または下付き文字を選ぶ

ヒント:    テキストの上付きまたは下付きは、フォント サイズを維持したまま適用できます。上付きの場合は、[オフセット] ボックスに現在よりも大きい割合の値を入力します。下付きの場合は、[オフセット] ボックスに現在よりも小さい割合の値を入力します。

上付きまたは下付き記号を挿入する

  1. スライド上で、記号を追加する場所をクリックします。

  2. [挿入] タブで、[記号と特殊文字] をクリックします。

    記号を挿入する

  3. [記号と特殊文字] ボックスの [フォント] ドロップダウン リストで、まだ選択されていない場合は (通常のテキスト) を選択します。

  4. [記号と特殊文字] ボックスの [種類] 一覧で、[上付き/下付きの文字] を選びます。

    PowerPoint の [記号] ダイアログに下付き文字または上付き文字のサブセットを表示する

  5. [記号と特殊文字] ボックスで、目的の記号を選び、[挿入] を押し、[閉じる] を選びます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×