ツールバー図形

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ツールバー図形のショートカット メニューのコマンド

ツールバー図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

  • [ツールバーのロック] では、ツールバーの位置がロックされた状態 (アプリケーション ウィンドウ内で移動できない状態) にするか、またはロック解除された状態にするかを指定します。ロック解除した場合は、ツールバー図形の左端に小さい点が縦一列に表示され、移動可能であることが示されます。

  • [ツールバー セパレータを表示する] は、図形の左端に境界線を追加し、左右に並べて配置した複数のツールバー図形を区切ります。

  • サイズ オプションでは、標準サイズを選択するか、またはカスタム サイズを設定できます。

XP ツールバー ボタンのショートカット メニュー コマンド

XP ツールバー ボタン図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

  • [ボタンの種類を設定] をクリックすると、[図形データ] ダイアログ ボックスが開き、ここからボタンの種類として [新規作成]、[保存]、[印刷] などを選択できます。

  • [ボタンを表示する] は、ボタンの後ろに標準の背景を追加します。

  • サイズ オプションでは、2 つの標準サイズから必要なサイズを選択できます。

ツールバー ボタンのショートカット メニューのコマンド

ツールバー ボタン図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

  • [ボタンの種類を設定] をクリックすると、[図形データ] ダイアログ ボックスが開き、ここからボタンの種類として [新規作成]、[保存]、[印刷] などを選択できます。

  • [ボタンを表示する] は、ボタンの後ろに標準の背景を追加します。

ツールバー セパレータ図形とボタン セパレータ図形

  • これらの図形を使用して、ツールバー ボタンを分割したり、ボタンを論理グループに区切ります。

空白のボタン

  • カスタム ボタンを作成するには、空白のボタン図形にグラフィックを追加します。

ツールバー ドロップダウン

  • ツールバー ドロップダウン図形をツールバー ボタンの右側に接着して、追加オプションがあることを示します。

オーバーフロー シェブロン

  • オーバーフロー シェブロン図形をツールバーの右側に接着して、ツールバーに表示しきれないその他のボタンがあることを示します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×