ツリー ノード図形

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[共通コントロール] ステンシルには、[ツリー ノード (最上位)][ツリー ノード (子)] という 2 種類のツリー ノード図形があります。ツリー構造を作成するには、子図形を最上位レベルの図形に接続します。

ツリー ノード (最上位)

ツリー ノード (最上位)の図形の 3 つの 接続ポイントの画像 - 青い X 接続ポイントがあります。兄弟ノード、子ノードおよび小さいアイコン] 図形の 1 つです。

兄弟ノードの接続ポイント。

兄弟ノードを作成するには、[ツリー ノード (子)] 図形をこの接続ポイントに接続します。

子ノードの接続ポイント。

子ノードを作成するには、[ツリー ノード (子)] 図形をこの接続ポイントに接続します。

アイコンの接続ポイント。

ノードにアイコンを追加するには、[小さいアイコン] 図形をこの接続ポイントに接続します。

ツリー ノード (子)

ツリー ノード (子) ] 図形の寸法補助線に接続しているノードへのパスを追跡します。線を延長するのにには、コントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を使用します。

最上位レベルの図形に接続されている [ツリー ノード (子)] 図形。

吹き出し 1 寸法補助線は、子ノードから最上位ノードへのパスを追跡します。

吹き出し 2 線を拡張するためのコントロール ハンドル。

特殊機能

  • 2 つのノード間の間隔を調整するには、一方の図形を選択して、コントロール ハンドルをドラッグします。

  • 分岐線の表示と非表示を切り替えるには、図形を右クリックして、[分岐線を表示する] をクリックします。

    注: 図面に分岐線が表示されない場合は、[表示] メニューの [グリッド] をクリックして、グリッドをオフにします。

ショートカット メニューのコマンド

  • [折りたたみ (+)] は、このノードの下に隠しノードがあることを示します。

  • [展開 (-)] は、このノードのすぐ下のノードがすべて表示されていることを示します。

  • [展開不可 (+/- なし)] は、このノードの下にノードがないことを示します。

  • [アイコンの表示領域を確保する] は、[小さいアイコン] 図形をノードの左側の接続ポイントに接着するための場所を残します。

  • [分岐線を表示する] は、子図形を最上位レベルの図形に接続する薄い線の表示と非表示を切り替えます。

    注記: 

    • アイコンのためのスペースがない場合、または接続ポイントが表示されない場合は、図形を右クリックして、[アイコンの表示領域を確保する] をオンにします。

    • ツリー ノードが [展開 (-)] の場合は、そのノードに対して [開いたフォルダ] を選択します。ツリー ノードが [折りたたみ (+)] の場合は [閉じたフォルダ] を選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×