スキップしてメイン コンテンツへ

ツリーノード図形

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[コモンコントロール] ステンシルには、ツリーノード(最上位)ツリーノード (子)の2つのツリーノード図形があります。ツリー構造を作成するには、子図形をトップレベルの図形に接続します。

ツリーノード (最上位)

ツリーノード (最上位)図形には、3つの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X があります。兄弟ノード用、子ノード用、小さなアイコン図形用の1つです。

兄弟ノードの接続ポイント。

ツリーノード (子)図形をこの接続ポイントに接続して、兄弟ノードを作成します。

子ノードの接続ポイント。

ツリーノード (子)図形をこの接続ポイントに接続して、子ノードを作成します。

アイコンの接続ポイント。

小さなアイコン図形をこの接続ポイントに接続して、ノードにアイコンを追加します。

ツリーノード (子)

ツリーノード (子)図形には、接続されているノードへのパスを追跡する拡張線があります。コントロールハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を使用して、線を拡張します。

最上位レベルの図形に接続されている [ツリー ノード (子)] 図形。

吹き出し 1 拡張線は、子ノードから最上位レベルのノードへのパスを追跡します。

吹き出し 2 線を拡張するためのコントロールハンドル。

特別な機能

  • 2つのノード間の間隔を調整するには、いずれかの図形を選択し、コントロールハンドルをドラッグします。

  • 分岐線を表示または非表示にするには、図形を右クリックし、[分岐線の表示] をクリックします。

    注: 図面に分岐線が表示されない場合は、[表示] メニューの [グリッド] をクリックして、グリッドをオフにしてみてください。

[コマンド] を右クリックします。

  • 折りたたまれている(+)は、この1つの下にノードが非表示になっていることを示します。

  • 拡張 (-)は、この1つの直下にあるすべてのノードが表示されていることを示します。

  • 展開されていない(+/-)は、この1つにノードがないことを示します。

  • アイコンをスペースにして、小さなアイコン図形をノードの直接接続ポイントに接着するようにします。

  • [分岐線の表示] は、子図形をトップレベルの図形に接続するかすかな線を非表示にしたり、表示したりします。

    注: 

    • アイコンが表示されない場合、または接続ポイントが見つからない場合は、図形を右クリックし、[アイコンの場所を確認する] ボックスをオンにします。

    • ツリーノードを展開 (-)している場合は、そのノードの開いているフォルダーを選びます。折りたたまれている場合は(+)閉じたフォルダーを選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×