チーム プランナーでチームの作業を表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクト マネージャーの苦労明確にして、簡単にどのようなチームのプロジェクト スケジュールの任意の時点で作業します。プロジェクト マネージャーは、検索を行うことが検出の問題に関する簡単な方法でも苦労しています。

注: チーム プランナー] は、Project Professional でのみ利用できる機能です。

[チーム プランナー]、[ Project Professional 2010のための新機能へようこそをにより、プロジェクト マネージャーをさらに詳細をチームの作業を制御できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

チームの作業を表示します。

別の時間をスケジュールにタスクを移動します。

チーム プランナー ビューを使用して、スケジュールを微調整します。

チーム プランナーをカスタマイズします。

チームの作業を表示する

  1. リボンの [表示] タブをクリックします。

  2. [リソース ビュー] で [チーム プランナー] をクリックします。

チーム プランナーが表示されます。プロジェクト内のリソースごとに 1 行が表示されます。左側にリソース名が表示されます。リソースが割り当てられているタスクはすべて、同じ行の右側に表示されます。開始日または終了日が設定されていないリソース タスクも、左側のリソース名の横に表示されます。

どのユーザーにも割り当てられていないタスクは下部に表示されます。

ヒント: 組織のプロジェクトのスケジュール方法としてアジャイル プロジェクト管理を使用する場合は、将来のスプリントのリソースに割り当てられる待機しているタスクの「バックログ」として割り当てられていないタスクを使用します。

チーム プランナーの図

1 これは、タスクの A が完了したタスクが完了したタスクが 100% 実績作業時間します。チーム プランナーで移動できません。

2. 2 つのタスクを同時に割り当てられているユーザーの上部のタスクが自動的にスケジュールし、完全に終了 (バーの色の変更が示されます)。下位タスクが手動で設定します。同時に同じユーザーには、両方が予定されています。結果の割り当て超過は、赤い線で示されます。別の時間をスケジュールする (または別の人) に移動することができますこれらのタスクのいずれかの割り当て超過を解決します。

3 このタスクが、特定の人に割り当てられている、スケジュールされていないタスクがスケジュールされたタスクがスケジュール十分な情報がないです。タスクをスケジュールする (およびので、ビューの右に移動する) をするために、2 つ以上のスケジュール設定セットいる必要があります。たとえば、期間、開始日がセット (ただし、finsish 日付なし) の場合は、終了日に自動的に設定され、スケジュールされたタスクになります。同様に、開始日と終了日 (ただし、継続) 場合は、スケジュールされたタスクもようになります。アンインストールが残りますのみ開始日を設定すると、タスクのされます。

4. [割り当てられていないタスクこのタスクはすべてのユーザーに割り当てられていません。右のセクションで、人のスケジュールにドラッグして、割り当てられていることができます。スケジュールされていないが割り当てられているをユーザーにタスクを保持] を垂直方向にドラッグ上、左のセクションで、人の名前。

ヒント: タスクの色により、そのスケジュールの状態に関する役立つ情報が示されます。たとえば、濃い青のバーの部分は実績作業を示します。緑色のタスクは手動でスケジュールされています。バーの色をカスタマイズする方法

ページの先頭へ

スケジュール内の別の時間にタスクを移動する

タスクを移動する理由はさまざまです。あるユーザーに割り当てられている作業が多すぎたり、作業を別のメンバーに再割り当てする場合もあれば、重要なタスクをだれも担当していないことがわかる場合もあります。チーム プランナーは、このような問題すべてに対処します。

チーム プランナーを使用すると、タスクのスケジュール変更は、タスクを別の場所にドラッグするだけで簡単に実行できます。

  1. リボンの [表示] タブをクリックします。

  2. [リソース ビュー] で [チーム プランナー] をクリックします。

チーム プランナーでタスクを移動する

1. [タスクの前に、 割り当て超過を解決するのには、垂直方向にタスクを移動する、移動した、このリソースは、2 つのタスクに、同時に作業していたします。

2 人のユーザーに割り当てられていない作業に新しい作業を割り当てる垂直方向にタスクを移動することができますが割り当てられているユーザーに、削除をドラッグしています。

3. タスクを水平方向に移動

ユーザーのスケジュールにおいて後から作業するように、タスクのスケジュールを設定できます。

チーム プランナーのその他の使用方法を次に示します。

目的

実行する操作

非稼働時間を表示します。   

ユーザーの非稼働日は灰色の縦線として表示されます。縦線をダブルクリックすると、非稼働日の詳細が表示されます。

小さいまたはその他の詳細を表示するプログラムのロールアップ タスクの情報   

タスクおよびプロジェクトに関してより詳しい情報を表示するには、チーム プランナーで情報を重ね合わせます。[書式] タブをクリックし、[書式] で [ロールアップ] をクリックして詳細のレベルを選択し、アウトライン レベルを選択します。タスクが重ね合わせられると、最上位レベルのタスクが 1 つのバーとして表示されます。

複数のアイテムを選択します。   

Ctrl キーを押しながら複数のリソース名またはタスク名をクリックします。また、複数のアイテムの上にマウスをドラッグして選択することもできます。

キーボードを使用してアイテムを移動する

方向キーを使用して、チーム プランナー内のアイテム間を移動できます。強調表示されたタスクを移動するには、Ctrl キーを押しながら方向キーを押します。ビューをスクロールするには、Alt キーを押しながら方向キーを押します。

ウィンドウを越えてアイテムを移動する

タスクをチーム プランナーの端にドラッグすると、自動的にビューがスクロールされます。このように、マウス ボタンを離すことなく、タスクを将来 (または過去) にドラッグすることができます。

タスクに関する情報をすばやく取得します。   

タスクの上にマウス ポインターを置くと、タスクのスケジュール設定方法に関する重要で便利な情報が表示されます。重要なスケジュール決定を支援するために、使い慣れた以前のツールヒントが大幅に強化されていることがわかります。

ページの先頭へ

チーム プランナー ビューを使用してスケジュールを微調整する

この記事の他のセクションを読んで、チーム プランナーでタスクを移動する方法について十分理解していることを前提としています。ここでは、より短い時間でより多くの作業を行うためにチーム プランナーで実行できるその他の操作について説明します。

ガント チャートおよびその他のビューで実行できる操作のほとんどは、チーム プランナーでも実行できます。チーム プランナーを使用すると、タスクのスケジュール設定方法をより簡単に微調整できることがわかります。

目的

実行する操作

タスクのスケジュール方法を変更します。   

手動でスケジュールを自動的にスケジュールされているタスクを変更するには、タスクを右クリックし、スケジュールを自動または手動でスケジュールされた] をクリックします。

過度に使用する問題を自動的に解決します。   

[書式] タブの [割り当て超過の防止] をクリックします。この設定を有効にすると、あるタスクの移動により別のタスクとの競合が発生した場合、超過割り当てを防ぐために 2 番目のタスクが自動的に移動されます。

タスクを無効化します。   

タスクを無効化するには、タスク バーを右クリックします。タスクを無効化した場合、そのタスクはチーム プランナーに表示されなくなりますが、プロジェクトから削除されることはありません。タスクを無効化すると、そのタスクに関する実績が報告されなくなります。

タスクを再割り当てください。   

タスクを再割り当てするには、別のユーザーにドラッグする方法が最も簡単です。また、タスクを右クリックして、[再割り当て] をクリックすることもできます。これは、同じ日付を保持する場合に特に便利です。

[タスク情報を変更します。   

タスクまたはその他のプロパティ ( 制約型のアウトライン コード、 期日日付、 タスクの種類など) の名前を変更するには、タスクをダブルクリックします。表示し、[リソース情報を変更するには、リソース名をダブルクリックすることもできます。

ビューを分割します。   

従来の分割ビューに精通している上級プロジェクト マネージャーの場合、別の下枠に詳細情報を表示できます。[タスク] タブをクリックし、[プロパティ] で [タスクの詳細の表示] をクリックします。下枠には、選択したタスクとそのタスクに割り当てられたリソースの詳細情報が表示されます。

注: チーム プランナー] の表示にすると、[リソース配分状況] または [タスク配分状況] ビューなど、タイム スケール領域のビューを使うことはできません。チーム プランナーとタイム スケール領域のビューを表示、新しいウィンドウを開き、ウィンドウを水平方向に配置します。[表示] タブの [ウィンドウ] では、新しいウィンドウをクリックし、[整列] をクリックします。

ページの先頭へ

チーム プランナーをカスタマイズする

必要に応じてチーム プランナーの表示方法を変更し、ビューをより魅力的なものにすることができます。

  1. リボンの [表示] タブをクリックします。

  2. [リソース ビュー] で [チーム プランナー] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

目的

実行する操作

チーム プランナー] バーの色を変更します。   

[書式] タブをクリックします。[スタイル] で、変更するバーの種類を選択し、[罫線の色] または [塗りつぶしの色] をクリックします。

それぞれのバーを変更することも可能

さらにテキストを表示する行の高さを展開します。   

[書式] タブをクリックします。[書式] の [テキスト行の数] ボックスの一覧を使用して行数を選択します。

度の詳細を表示します。   

[プロジェクト] ウィンドウの右下部分にあるズーム スライダーを使用して、ビューの右側に表示される時間の長さを変更します。

非稼働時間の外観を変更します。   

(タスクではなく) ビューの右側の空白領域を右クリックし、[非稼働日] をクリックします。

グループ化、フィルター、またはをすばやく並べ替える   

[リソース名] 列の下向き矢印をクリックし、[並べ替え]、[グループ]、または [フィルター] (定義済みフィルターまたはユーザー設定フィルター) をクリックします。

不要な列を非表示にします。   

スケジュールが設定されていないタスクおよび未割り当てのタスクの列を非表示にできます。[書式] タブをクリックし、[表示/非表示] で、ビューに表示または非表示にする列の種類を選択します。

チーム プランナー] の [セクションのサイズを変更します。   

セクション間の縦罫線および横罫線をドラッグして、セクションのサイズを変更します。

ヒント: チーム プランナーを大幅にカスタマイズした場合、カスタマイズしたビューのバージョンを個別のビューに保存することができます。[リソース ビュー] で [チーム プランナー] ボタンの下半分をクリックし、[ビューの保存] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×