チーム プランナーでチームの作業を表示する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクトのスケジュールの任意の時点で、チームが実行している内容をわかりやすく、すばやく把握できるように、プロジェクトマネージャーが作業を行うことができない場合があります。 プロジェクトマネージャーは、検出された問題についてすばやく簡単に実行できる方法を見つけるのに苦労することもあります。

注:  チームプランナーは、Project Professional でのみ利用できる機能です。

チームプランナーへようこそ、プロジェクトマネージャーがチームの作業をより見やすく、制御できるようにする機能を提供します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

チームの作業を表示する

タスクをスケジュールの別の時間に移動する

チームプランナービューを使ってスケジュールを微調整する

チームプランナーをカスタマイズする

チームの作業を表示する

  • [表示] タブの [リソースビュー ] グループで、[チームプランナー] を選びます。

チームプランナーが表示されます。 プロジェクト内のリソースごとに1つの行が表示されます。 左側の [リソース名] が表示されます。 リソースが割り当てられているすべてのタスクが、右側の同じ行に表示されます。 [開始日] または [終了日] がないリソースタスクは、リソース名の左側にも表示されます。

[ユーザーに割り当てられていないタスクは一番下に表示されます。

ヒント: 組織のプロジェクトスケジュール方法として、 (z0z_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ } を使用する場合は、将来のスプリントでリソースへの割り当てを待機しているタスクの "バックログ" として、割り当てられていないタスクを使用します。

チームプランナー

1. 完了したタスク。 このタスクは、100パーセント(z0z_)の完了したタスクです。 チームプランナーを使用して移動することはできません。

2. 同じ人に割り当てられた2つのタスク。 上部のタスクは自動的にスケジュールされ、部分的に完了します (バーの色の変更によって示されます)。 下のタスクは手動でスケジュールされています。 どちらも、同じユーザーに対して同時にスケジュールされます。 結果として得られるz0z_は、赤い線で示されます。 これらのタスクのいずれかを、スケジュール内の別の時間 (または別のユーザー) に移動して、割り当て超過を解決することができます。

3. スケジュールされていないタスク。 このタスクは特定のユーザーに割り当てられていますが、スケジュールされているタスクになるための十分なスケジュール情報がありません。 タスクをスケジュール設定する (つまり、ビューの右側に移動する) には、少なくとも2つのスケジュール設定を設定する必要があります。 たとえば、期間と開始日が設定されている (終了日がない) 場合、終了日が自動的に設定され、スケジュールされたタスクになります。 同様に、開始日と終了日が設定されている (期間がない) 場合も、スケジュールされたタスクになります。 [開始日] のみが設定されている場合、スケジュールされていないタスクのままになります。

4. 割り当てられていないタスク。 このタスクは誰にも割り当てられていません。 右側のセクションで、ユーザーのスケジュールにドラッグすることで割り当てることができます。 タスクを非計画した状態でユーザーに割り当てるには、左上のセクションにあるユーザーの名前に垂直方向にドラッグします。

ヒント: タスクの色には、スケジュールの状態に関する役立つ情報が示されます。 たとえば、縦棒が濃い青色の部分は、実際の作業時間を示します。 緑のタスクは手動でスケジュールされます。

ページの先頭へ

タスクをスケジュールの別の時間に移動する

タスクを移動するには、さまざまな理由が考えられます。 他のユーザーに割り当てられている作業が多すぎるか、または別のユーザーに作業を再割り当てしたいと考えられます。 また、重要なタスクに従事しているユーザーがいないことに気付いた場合もあります。 チームプランナーは、これらのすべての問題を処理します。

チームプランナーを使用すると、タスクを別の場所にドラッグするだけで、タスクの再スケジュールを簡単に行うことができます。

  • [表示] タブの [リソースビュー ] グループで、[チームプランナー] を選びます。

チームプランナーでタスクを移動する

1. タスクを縦方向に移動して、_ 0 z_を解決します。 2つのタスクを同時に作業しているリソースのタスクを移動することができます。

2. タスクを縦方向に移動すると、新しい作業がユーザーに割り当てられます。 ユーザーに割り当てられていない作業は、ドラッグアンドドロップによって他のユーザーに割り当てることができます。

3. タスクを横方向に移動する。 タスクは、ユーザーのスケジュールで後で作業できるようにスケジュールできます。

チームプランナーを使用する他の方法について説明します。

目的

実行するアクション

非稼働時間を表示する    

ユーザーの非稼働時間は灰色の垂直バーとして表示されます。 垂直バーをダブルクリックすると、非稼働時間の詳細が表示されます。

重ね合わせタスク情報を表示して、より詳細な情報を表示する    

タスクとプロジェクトの情報についてより詳細な情報を得るには、チームプランナーで情報を重ね合わせます。 [書式] タブの [書式] グループで、[重ね表示]、[アウトラインレベル] の順に選択して、詳細レベルを選択します。 タスクを重ねて表示すると、最上位レベルのタスクが1つのバーとして表示されます。

複数のアイテムを選ぶ    

CTRL キーを押しながら、複数のリソースまたはタスク名をクリックします。 マウスを複数のアイテムの上にドラッグして選択することもできます。

キーボードを使用してアイテムを移動する

方向キーを使用して、チームプランナー内の項目間を移動できます。 強調表示されたタスクを移動するには、CTRL キーを押しながら↓キーを押します。 ビューをスクロールするには、ALT + 方向キーを使用します。

ウィンドウ外のアイテムを移動する

チームプランナーの端にタスクをドラッグすると、ビューが自動的にスクロールします。 このようにして、マウスボタンを離すことなく、タスクを後でさらに (過去に) ドラッグできます。

タスクに関するクイック情報を取得する    

タスクをポイントすると、タスクのスケジュール方法に関する重要な情報や役に立つ情報が読み上げられます。 ヒントは、スケジュールに関する重要な決定を行うのに役立ちます。

ページの先頭へ

チームプランナービューを使ってスケジュールを微調整する

この記事の他のセクションを読むと、チームプランナーでタスクを移動する方法に精通していることになります。 ガントチャートやその他のビューでできることの多くは、チームプランナーでも実行できます。 このセクションでは、チームプランナーで行うことができるその他の作業について説明します。このセクションでは、より多くの作業をすばやく行うことができます。

目的

実行するアクション

タスクのスケジュール方法を変更する    

タスクを手動でスケジュールされた自動スケジュールに変更するには、タスクを右クリックし、[自動スケジュール] または [手動スケジュール] を選択します。

overwork の問題を自動的に解決する    

[書式] タブで、[割り当て超過の防止] を選択します。 この設定をオンにすると、1つのタスクを移動すると別のタスクとの競合が発生する場合、2番目のタスクは自動的に移動され、割り当て超過が発生しなくなります。

タスクを無効化する    

タスクバーを右クリックして、[タスクの無効化] を選びます。 Inactivating タスクがチームプランナーから消去された場合でも、タスクによってプロジェクトから削除されることはありません。 タスクの実績がレポートに表示されないようにします。

タスクを再割り当てする    

タスクを再割り当てする最も簡単な方法は、タスクを別のユーザーにドラッグすることです。 タスクを右クリックして、[再割り当て] をクリックすることもできます。 これは、同じ日付を維持する必要がある場合に特に便利です。

タスク情報を変更する    

タスクまたはその他のプロパティの名前を変更するには (たとえば、" z0z_ _の種類のアウトラインコード、_ z1z_の日付、またはz2z_s など)、タスクをダブルクリックします。 リソース名をダブルクリックして、リソース情報を表示したり、変更したりすることもできます。

ビューを分割する    

従来の分割 (または複合) ビューに慣れている高度なプロジェクトマネージャーの場合は、下部のウィンドウで詳細を表示することができます。 [タスク] タブの [プロパティ] グループで、[タスクの詳細の表示] を選択します。 下のペインには、タスクに割り当てられているタスクとリソースの詳細情報が表示されます。

注:  [リソース配分状況] ビューや [タスク配分状況] ビューなどのタイムスケールビューを、分割ビューのチームプランナーと共に使用することはできません。 チームプランナーでタイムスケールビューを表示するには、新しいウィンドウを開き、ウィンドウを水平方向に整列します。 これを行うには、[表示] タブの [ウィンドウ] で、[整列] を選びます。

ページの先頭へ

チームプランナーをカスタマイズする

チームプランナーがニーズに合うように表示する方法を変更して、より魅力的な外観にすることができます。

  • [表示] タブの [リソースビュー ] グループで、[チームプランナー] を選びます。

目的

実行するアクション

チームプランナーバーの色を変更する     

[スタイル] グループの [書式] タブで、変更するバーの種類を選び、[枠線の色] または [塗りつぶしの色] を選びます。

また、個々のバーを変更することもできます。

行の高さを広げてテキストを表示する    

[書式 ] タブの [書式] グループで、[テキスト行] の一覧を使用して行数を選びます。

詳細を表示または縮小する    

[プロジェクト] ウィンドウの右下にあるズームスライダーを使用して、ビューの右側に表示される時間を変更します。

非稼働日の外観を変更する    

ビューの右側の空白領域 (タスクではなく) を右クリックし、[非稼働時間] を選びます。

グループ化、フィルター、または並べ替えをすばやく行う    

[リソース名] 列の下矢印を選び、定義されたフィルターまたはカスタムフィルターの [並べ替え]、[グループ]、または [フィルター ] を選択します。

不要な列を非表示にする    

スケジュールされていないタスクや割り当てられていないタスクの列を非表示にできます。 [表示/非表示] グループの [書式] タブで、表示または非表示にする列の種類を選びます。

チームプランナーのセクションのサイズを変更する    

セクション間で垂直方向と水平方向の罫線をドラッグして、セクションのサイズを変更します。

ヒント: チームプランナーを大幅にカスタマイズした場合は、カスタマイズしたビューのバージョンを別のビューに保存できます。 [表示] タブの [リソースビュー ] で、[チームプランナー ] ボタンの下半分を選び、[ビューの保存] を選びます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×