チームの情報保護

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

法律、規制およびコンテンツのセキュリティ ニーズに合わせて、チームは、[ Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターからの保護機能は次の情報を提供します。

機能

説明

アーカイブ

Teams 関連のワークロードに格納されているコンテンツはすべて、エンタープライズ企業ポリシーに従い、変わることなく保存される必要があります。

コンプライアンス コンテンツ検索

あらゆるワークロードに格納されているコンテンツはすべて、豊富なフィルタ処理機能によって検索できます。すべてのコンテンツは、コンプライアンスおよび訴訟のサポートのために、特定のコンテナにエクスポートできます。

電子情報開示

事例管理、保存、検索、分析、エクスポートを含む電子情報開示の豊富なインプレース機能を利用できることにより、費用とリスクを軽減しながら、顧客が電子情報開示プロセスを簡素化して関連データをすばやく特定できるようになります。

訴訟ホールド

チームまたは個人がインプレース ホールドまたは訴訟ホールドに入ると、そのホールドはプライマリ メッセージとアーカイブ済みメッセージの両方に適用されます (編集や削除は排除されます)。

監査ログの検索

すべてのチーム アクティビティおよびビジネス イベントが取得されていて、顧客検索およびエクスポートのために利用可能である必要があります。

Exchange Online Protection

チャネルに送信されるメール メッセージは、Office 365 用の Exchange Online Protection および Advanced Threat Protection を介してスパム、マルウェア、悪意のあるリンク、スプーフィング、フィッシングとしてフィルタ処理されます。

条件付きアクセス

Teams へのアクセスは IT 管理者または会社組織の設定したポリシーおよびセキュリティ ルールに準拠しているデバイスに制限されます。これには iOS および Android 用の Intune での MDM と MAM のサポートも含まれます。

これらの法令遵守の機能の詳細については、セキュリティやコンプライアンスには、Office 365 の概要を参照してください。

コンテンツの検索やチームの詳細については、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターのコンテンツ検索の実行のチームを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×