チームで会議を記録する

チームで会議を記録する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

チーム内の会議を記録して、音声、ビデオ、画面の共有アクティビティをキャプチャします。レコーディングはクラウドで行われ、 Microsoft Streamに保存されるため、組織内で安全に共有することができます。

注: PowerPoint の共有、ホワイトボード、共有ノートは現在、会議のレコーディングではキャプチャされません。

会議とグループ通話を記録することはできますが、一対一通話を記録することはまだサポートされていません。

この記事の内容

会議またはグループ通話を記録する

レコーディングを開始または停止できるのはだれですか?

プライバシー

レコーディングのトラブルシューティング

詳細情報

会議またはグループ通話を記録する

  1. 会議を開始または参加します。

  2. レコーディングを開始するには、会議コントロールに移動し、[その他のオプション] その他のオプション ボタン 、[レコーディングの開始] の順にクリックします。

    [会議の記録] ボタン

    レコーディングが開始されると、会議の全員に通知が届きます。

    会議のレコーディング通知を参加者に送信する

    会議の通知は、チャット履歴にも送信されます。

    会議のレコーディング通知

    注: 

    • 同じ会議の複数のレコーディングを同時に行うことはできません。レコーディングを開始したら、もう一度起動する前に停止しておく必要があります。

    • 同様に、レコーディングを一時停止することはできません。レコーディングしているかどうか。

  3. レコーディングを停止するには、会議コントロールに移動し、[その他のオプション その他のオプション ボタン ]、[レコーディングの停止] の順にクリックします。

    注: レコーディングを開始したユーザーが停止する必要はありません。レコーディングを開始または停止できるユーザーを確認する

    [レコーディングの停止] の [会議] ボタン
    1. レコーディングは処理され (しばらく時間がかかることがあります)、再生する準備が整いました。

    2. レコーディングを開始したユーザーは、レコーディングが利用可能になったときに Microsoft Stream からメールを受信します。

レコーディングを開始または停止できるのはだれですか?

次の条件を満たしているユーザーは、会議の開催者が存在しない場合でも、レコーディングを開始または停止することができます。

  • Office 365 Enterprise E1、E3、または E5 ライセンスを持っています。

  • IT 管理者のレコーディングライセンスを持っています。

  • ゲストまたは別の会社からではありません。

  • Microsoft Stream のビデオのアクセス許可をアップロードします。

    注: 管理者が Microsoft Stream に保存するための会社のポリシーを設定している場合は、レコーディングを開始する前にそれを承諾する必要があります。

ユーザーの種類

レコーディングを開始できますか?

レコーディングを停止できますか?

会議の開催者

はい

はい

同じ組織のユーザー

はい

はい

他の組織または会社のユーザー

なし

なし

ゲスト

なし

なし

匿名

なし

なし

注: 

  • レコーディングを開始したユーザーが会議を去った場合でも、レコーディングは継続されます。

  • レコーディングは、全員が会議から離れると自動的に停止します。

  • 他のユーザーが会議を忘れた場合は、4時間後にレコーディングが自動的に終了します。

プライバシー

会議のレコーディングが開始されると、チームは、デスクトップ、web、モバイルアプリのすべての参加者と、電話で参加したユーザーに対して通知を表示します。

場所によっては、それらを記録する前に、すべてのユーザーのアクセス許可を法的に取得する必要があります。開始する前にルールを知っていることを確認します。

詳細については、 Microsoft のプライバシーに関する声明を参照してください。

レコーディングのトラブルシューティング

会議を記録するときに問題が発生した場合は、IT 管理者が作業を行うためのヘルプが必要になる可能性があります。次の手順に従って、これらのことを念頭に置いてください。

  • 会議の開催者とレコーダーには、Office 365 Enterprise E1、E3、または E5 ライセンスが必要です。

  • IT 管理者は、会議開催者とレコーダーの両方にレコーディングライセンスを提供する必要があります。

  • Microsoft Stream を組織に対して有効にする必要があり、レコーダーにはアップロードのアクセス許可が必要です。

  • ゲストまたはフェデレーションユーザーは、会議や通話を記録することはできません。

詳細情報

会議のレコーディングを再生および共有する

会議のレコーディングを削除する

レコーディングのトランスクリプトを編集する

モバイルデバイスで会議のレコーディングを表示することはできますが、デスクトップまたは web バージョンのチームを使って会議を記録する必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×