スキップしてメイン コンテンツへ

チュートリアル: Power View レポート用のデータ モデルの最適化

チュートリアルでデータモデルを作成しました。 Excel にデータをインポートし、データモデルを作成して、複数のテーブルやさまざまなデータソースからデータを統合します。 これで、高度な Power View レポートの基礎となるように、データモデルを拡張することができます。

  1. 「チュートリアル: Excel にデータをインポートする」で作成したブックを開き、データモデルを作成します。

  2. Excel で、[ PowerPivotPowerPivot管理] を選び、 PowerPivot ウィンドウを開きます。

[ PowerPivot ] タブが表示されない場合は、手順については、「 Excel 2013 アドインで Power Pivot を開始する」を参照してください。

既定のフィールドを設定する

Powerpivot ウィンドウ

Excel の Power View シート

テーブルの動作を設定する

Powerpivot ウィンドウ

Excel の Power View シート

既定の集計の作成

Powerpivot ウィンドウ

Excel の Power View シート

説明を追加する

Powerpivot ウィンドウ

Excel の Power View シート

既定のフィールドを設定する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

[ PowerPivot ] ウィンドウ

  1. [DimProduct テーブル] タブをクリックします。

  2. [詳細設定] タブで >既定のフィールドセット]を選びます。

    既定のフィールドは、テーブルを展開して特定のフィールドを選択するのではなく、テーブル名をクリックしたときに Power View シートに追加されるフィールドです。 ダイアログボックスには、クライアントツールに非表示にするようにマークしたすべてのフィールドが一覧表示されます。 隠しフィールドの1つを既定のフィールドセットに追加しても、クライアントツールに表示されません。

  3. 次のフィールドを選択して追加します。

    • 製品名

    • 製品カテゴリ

    • 製品サブカテゴリ

    • UnitCost

  4. [OK] をクリックします。

Excel の Power View シート

  1. Excel の Power View シートに戻ります。 Power View レポートに新しいデータが必要であることを示すメッセージが表示されます。 [OK] をクリックします。

    このチュートリアルの残りの部分では、 PowerPivotでデータモデルを変更するたびに、Power View シートのデータを更新する必要があります。

  2. 空のシートをクリックし (他のチュートリアルで追加したマップを選択せずに)、DimProduct テーブル名をクリックします。

この4つのフィールドを含むテーブルが追加されます。

テーブルの動作を設定する

[ PowerPivot ] ウィンドウ

  1. [ PowerPivot ] ウィンドウと [DimProduct テーブル] タブに戻ります。

  2. [テーブルの動作] をクリックします。

  3. [行識別子] で [ProductKey] をクリックします。

行識別子を設定しないと、このダイアログボックスの他の値を設定することはできません。

注: このダイアログボックスには、ProductKey を含む、テーブル内のすべてのフィールドの一覧が表示されます。これは、クライアントツールから非表示にするようにマークしています。 非表示のフィールドの1つを既定のラベルとして設定しても、クライアントツールには表示されません。

  1. [一意の行の保持] で [ProductName] を選びます。

  2. [既定のラベル] で [ProductName] を選びます。

    このデータには画像がないため、既定の画像を設定することはできません。

  3. [OK] をクリックします。

Excel の Power View シート

  1. Excel の Power View シートに戻り、データを更新します。

    [フィールドリスト] と [フィールド] ボックスには、製品名の横に小さなカードのようなアイコンが表示されていることに注意してください。 

  2. 前のセクションで既定のフィールドを使用して作成したテーブルを選択します。

  3. [デザイン] タブで、[] の下の矢印をクリックし、[カード] をクリックします。

    カードにはテーブルと同じフィールドが含まれていますが、レイアウトは異なります。 たとえば、既定のラベルとして設定するフィールドは、他のフィールドのテキストよりも目立つように表示されます。 次の手順では、その他のテキストの表示方法を変更できます。

  4. [デザイン] タブで、[カードスタイル] の下の矢印をクリックし、[吹き出し] をクリックします。

    これで、すべてのテキストが大きくなります。

Power View レポートのテーブル動作プロパティを構成する理由の詳細については、こちらを参照してください。

既定の集計の作成

[ PowerPivot ] ウィンドウ

  1. [FactSales テーブル] タブをクリックします。

  2. 計算領域の [単価] 列の下のボックスをクリックします。

  3. [ホーム] タブで、[オート Sum > Average] の横にある矢印をクリックします。

  4. これにより、計算のコンテキスト(視覚エフェクト内のフィールドの場所) に基づいて、製品の単価の平均値を計算する計算フィールドが作成されます。

Excel の Power View シート

  1. Excel の Power View シートに戻り、データを更新します。

  2. フィールドリストで、FactSales テーブルを展開します。

  3. フィールドの横に異なるアイコンがあることに注意してください。 [単価] フィールドには、横にシグマ (Σ) 記号が付いています。 "合計" フィールドまたは "単価" フィールドには、小さな電卓のアイコンが付いています。 これは計算フィールドです。 空のキャンバスをクリックし、[単価] フィールドと [単価] フィールドを選択します。

  4. 2つの値は同じです。

  5. [フィールド] 領域で、[単価] フィールドの横にある矢印をクリックします。 [合計]、[平均] などのさまざまなオプションに注意してください。[平均] をクリックします。

  6. [フィールド] 領域で、[単価の合計] フィールドの横にある矢印をクリックします。 注 PowerPivotでこのフィールドの集計を定義したため、集計を変更することはできません。

    ヒント: データモデルを作成する場合は、次の点に注意してください。 Power View では、さまざまな柔軟性を備えた、簡単な計算をすばやく実行できます。 ここでは、Power View で簡単な計算を行います。 PowerPivotのモデルでは、より複雑な計算を作成するだけです。

説明を追加する

PowerPivotのフィールドとテーブルに説明を追加できます。 Power View に表示されます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

[ PowerPivot ] ウィンドウ

  1. DimProduct テーブルで、[ProductName] 列を選び、右クリックして、[説明] をクリックします。

  2. 「この製品について」または「その他の情報」と入力します。

  3. Geography テーブルタブを右クリックし、[説明] をクリックします。

  4. 「This is the location」または必要なその他のものを入力します。

Excel の Power View シート

  1. Excel の Power View シートに戻り、データを更新します。

  2. Geography テーブル名と "ProductName" フィールドの上にマウスポインターを移動すると、追加した説明が表示されます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×