チュートリアル: Excel にデータをインポートして、データ モデルを作成します。

チュートリアル: Excel にデータをインポートして、データ モデルを作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

要約:    これは、Excel と組み込みのデータ マッシュアップおよび分析機能の使用方法を理解し、操作に慣れることを目的としたシリーズの最初のチュートリアルです。 これらのチュートリアルでは、Excel ブックを一から作成して修正し、データ モデルを構築して、Power View を使用して対話形式の効果的なレポートを作成します。 このチュートリアルは、Excel、ピボットテーブル、PowerPivot、Power View の Microsoft ビジネス インテリジェンス機能の実演を目的としています。

注: この記事では、Excel 2013 のデータ モデルについて説明します。ただし、Excel 2013 で導入された Powerpivot 機能と同じデータ モデルにも適用 Excel 2016。

これらのチュートリアルでは、Excel でデータをインポートして参照する方法、PowerPivot を使用してデータ モデルを構築して修正する方法、Power View で対話形式のレポートを作成する方法について学習します。作成したレポートは、公開、保護、共有できます。

このシリーズのチュートリアルの内容は次のとおりです。

  1. Excel 2013 にデータをインポートして、データ モデルを作成する

  2. Excel、Powerpivot、DAX を使ってデータ モデル リレーションシップを拡張します。

  3. マップベースの Power View レポートを作成する

  4. インターネット データを取り込んで Power View レポートの既定値を設定する

  5. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 1

  6. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 2

このチュートリアルでは、最初に空白の Excel ブックを作成します。

このチュートリアルのセクションの内容は次のとおりです。

データベースからデータをインポートする

スプレッドシートからデータをインポートする

コピーと貼り付けを使用してデータをインポートする

インポートしたデータ間のリレーションシップを作成する

チェックポイントと確認テスト

このチュートリアルの最後にある確認テストで、学習したことを確認できます。

このチュートリアル シリーズでは、国とさまざまなオリンピック スポーツ イベントをホストしているオリンピックのメダルを説明するデータを使用します。各チュートリアル順番に進めることをお勧めします。また、チュートリアルでは、 PowerPivotを有効になっていると Excel 2013 を使用します。Excel 2013 の詳細についてをクリックして次のとおりです。PowerPivotを有効にする方法の詳細についてをクリックして次のとおりです。


データベースからデータをインポートする

このチュートリアルでは、最初に空白のブックを作成します。 このセクションの目標は、外部データ ソースに接続し、そのデータを Excel にインポートして、さらに分析できるようにすることです。

最初に、インターネットからデータをダウンロードしましょう。 このデータの内容はオリンピックのメダルに関するもので、Microsoft Access データベースです。

  1. このチュートリアル シリーズの中に使用してファイルをダウンロードするのには、次のリンクをクリックします。ダウンロードマイ ドキュメント] など、簡単にアクセスできる場所または新しいフォルダーを作成するには、それぞれ 4 つのファイルをダウンロード:
    > OlympicMedals.accdb Access データベース
    > OlympicSports.xlsx Excel ブック
    > Population.xlsx Excel ブック
    > DiscImage_table.xlsx Excel ブック

  2. Excel 2013 で、空白のブックを開きます。

  3. [データ] タブの [外部データの取り込み] グループにある [Access データベース] をクリックします。 リボンは、ブックに幅に基づいて動的に調整されるため、リボンのコマンドが次の画面と少し異なるように表示される場合があります。 最初の画面は、ブックが広い場合のリボンを示し、2 番目の画像は、画面の一部のみに表示されるようにブックのサイズを変更した場合を示しています。

    Access データをインポートする

    Access からデータをインポートする (リボンが小さい状態)


  4. ダウンロードした OlympicMedals.accdb ファイルを選び、[開く] をクリックします。 次のように、[テーブルの選択] ウィンドウが表示され、データベースのテーブルが表示されます。 データベースのテーブルは、Excel のブックまたはテーブルに似ています。 [複数のテーブルの選択を使用可能にする] チェック ボックスをオンにし、すてべのテーブルを選びます。 [OK] をクリックします。

    [テーブルの選択] ウィンドウ

  5. [データのインポート] ウィンドウが表示されます。

    注: 次の画面に示すように、ウィンドウ下部の [このデータをデータ モデルに追加する] チェック ボックスはオンになっています。 2 つ以上のテーブルを同時にインポートまたは使用すると、データ モデルが自動的に作成されます。 データ モデルでは、テーブルを統合し、ピボットテーブル、PowerPivot、Power View を使用して拡張分析を有効にします。 データベースからテーブルをインポートすると、これらのテーブル間の既存のデータベース リレーションシップが、Excel でデータ モデルを作成するのに使用されます。 データ モデルは Excel で透過的に機能しますが、PowerPivot アドインを使用して表示や変更を直接行うことができます。 データ モデルについて詳しくは、このチュートリアルの後半で説明します。


    [ピボットテーブル レポート] をクリックし (テーブルが Excel にインポートされ、インポートされたテーブルをピボットテーブルで分析できるようになります)、[OK] をクリックします。

    [データのインポート] ウィンドウ

  6. データがインポートされると、インポートされたテーブルを使用してピボットテーブルが作成されます。

    空白のピボットテーブル

データが Excel にインポートされ、データ モデルが自動的に作成されると、データを参照できます。

ピボットテーブルを使用してデータを参照する

インポートされたデータは、ピボットテーブルを使用して簡単に参照できます。 ピボットテーブルで、フィールド (Excel の列に似ています) をテーブル (Access データベースからインポートしたテーブルなど) から、ピボットテーブルの各ボックスにドラッグし、データの表示を調整します。 ピボットテーブルは、[フィルター]、[]、[]、[] の 4 つのボックスで構成されています。

[ピボットテーブルのフィールド] の 4 つのボックス

フィールドをどのボックスにドラッグするかについては、いくつか試してみてください。 目的のデータがピボットテーブルに表示されるまで、必要なフィールドをテーブルからドラッグしてください。 フィールドは、ピボットテーブルの各ボックスにドラッグして自由に参照できます。ピボットテーブルにフィールドを配置しても、基になるデータは影響を受けません。

オリンピックのメダルのデータについてピボットテーブルで調べてみましょう。最初に、種別、メダルの種類、選手の国または地域別のオリンピック メダリストについて見てみます。

  1. [ピボットテーブルのフィールド] で、Medals テーブルの横にある矢印をクリックして展開します。 展開した Medals テーブルの NOC_CountryRegion フィールドを [] ボックスにドラッグします。 NOC は、National Olympic Committee (国内オリンピック員会) を表し、国または地域の組織単位です。

  2. 次に、Disciplines テーブルから Discipline フィールドを [] ボックスにドラッグします。

  3. 種別をフィルター処理し、アーチェリー、飛び込み、フェンシング、フィギュア スケート、スピード スケートの 5 つのみを表示してみましょう。 フィルター処理は、[ピボットテーブルのフィールド] ボックス内またはピボットテーブルの自身の [行ラベル] フィルターから行います。

    1. ピボットテーブルの任意の場所をクリックし、Excel ピボットテーブルが選択されていることを確認します。 [ピボットテーブルのフィールド] ボックスの一覧の Disciplines テーブルを展開し、Discipline フィールドをポイントすると、ドロップダウン矢印がフィールドの右側に表示されます。 ドロップダウンをクリックし、[(すべて選択)] をクリックして、すべての選択を解除し、下にスクロールして [Archery]、[Diving]、[Fencing]、[Figure Skating]、[Speed Skating] を選びます。 [OK] をクリックします。

    2. または、ピボットテーブルの [行ラベル] セクションで、ピボットテーブルの [行ラベル] の横にあるドロップダウンをクリックします。[(すべて選択)] をクリックして、すべての選択を解除し、[Archery]、[Diving]、[Fencing]、[Figure Skating]、[Speed Skating] を選びます。 [OK] をクリックします。

  4. ピボットテーブルのフィールド] ボックスの一覧の Medals テーブルから、Medal を [] ボックスにドラッグします。 値は数値のため、Excel によって Medal が "カウント / Medal" に自動的に変更されます。

  5. Medals テーブルから Medal をもう一度選び、[フィルター] ボックスにドラッグします。

  6. ピボットテーブルをフィルター処理し、メダル総数が 90 個を超えている国または地域を表示してみましょう。 ここではその方法をご紹介します。

    1. ピボットテーブルで、[列ラベル] の右側のドロップダウンをクリックします。

    2. [値フィルター] をポイントし、[指定の値より大きい] をクリックします。

    3. 最後のフィールド (右側) に「90」と入力します。 [OK] をクリックします。
      [値フィルター] ウィンドウ

ピボットテーブルは次の画面のようになります。

更新されたピボットテーブル

簡単な操作で、3 種類のテーブルのフィールドを含む、基本的なピボットテーブルが作成されました。このように簡単に作成できたのは、テーブル間のリレーションシップがすでに作成されていたためです。ソース データベースにテーブルのリレーションシップが存在しており、1 回の操作ですべてのテーブルをインポートしたため、Excel でこれらのリレーションシップをデータ モデル内に再作成できました。

では、複数の異なるソースのデータをインポートした場合や、後でインポートした場合はどうなるでしょうか。一般的には、列の一致に基づいてリレーションシップを作成することで、新しいデータを組み込むことができます。次の手順では、追加のテーブルをインポートし、新しいリレーションシップを作成する方法について学習します。

スプレッドシートからデータをインポートする

次に、別のソースからデータをインポートしてみましょう。今回は、既存のブックからインポートし、既存のデータと新しいデータの間のリレーションシップを指定します。 リレーションシップにより、Excel のデータのコレクションを分析し、インポートしたデータから効果的な視覚エフェクトを作成します。

最初に、空白のブックを作成し、データを Excel ブックからインポートしましょう。

  1. 新しいブックを挿入し、名前を Sports にします。

  2. ダウンロードしたサンプル データ ファイルが格納されているフォルダーに移動し、OlympicSports.xlsx を開きます。

  3. Sheet1 のデータを選んでコピーします。 セル A1 など、データのあるセルを選ぶ場合は、Ctrl キーを押しながら+ A キーを押すと、隣接するすべてのデータを選べます。 OlympicSports.xlsx ブックを閉じます。

  4. Sports ブックを開き、セル A1 にカーソルを置いてデータを貼り付けます。

  5. データが強調表示された状態で、Ctrl キーを押しながら T キーを押し、データをテーブルとして書式設定します。 リボンの [ホーム] タブの [テーブルとして書式設定] をクリックして、データをテーブルとして書式設定することもできます。 データには先頭行があるため、次のように [テーブルの作成] ウィンドウの [先頭行をテーブルの見出しとして使用する] チェック ボックスをオンにします。

    [テーブルの作成] ウィンドウ

    データをテーブルとして書式設定することには多くのメリットがあります。 名前をテーブルに割り当てることができるため、簡単に識別できます。 テーブル間のリレーションシップを確立することもできるため、ピボットテーブル、PowerPivot、Power View で調査や分析ができます。

  6. テーブルに名前を付けます。 [テーブル ツール] の [デザイン] タブの [プロパティ] グループにある [テーブル名] ボックスに、「Sports」と入力します。 ブックは次の画面のように表示されます。
    Excel でテーブルに名前を付ける

  7. ブックを保存します。

コピーと貼り付けを使用してデータをインポートする

データを Excel ブックからインポートしたら、次に、Web ページで検索したテーブル、またはコピーして Excel に貼り付けることができる他のソースからデータをインポートしてみましょう。 次の手順では、オリンピックの開催都市をテーブルから追加します。

  1. 新しいブックを挿入し、名前を Hosts にします。

  2. 次のテーブルを選んでコピーします (先頭行を含む)

City

NOC_CountryRegion

Alpha-2 Code

Edition

Season

Melbourne / Stockholm

AUS

AS

1956

Summer

Sydney

AUS

AS

2000

Summer

Innsbruck

AUT

AT

1964

Winter

Innsbruck

AUT

AT

1976

Winter

Antwerp

BEL

BE

1920

Summer

Antwerp

BEL

BE

1920

Winter

Montreal

CAN

CA

1976

Summer

Lake Placid

CAN

CA

1980

Winter

Calgary

CAN

CA

1988

Winter

St. Moritz

SUI

SZ

1928

Winter

St. Moritz

SUI

SZ

1948

Winter

Beijing

CHN

CH

2008

Summer

Berlin

GER

GM

1936

Summer

Garmisch-Partenkirchen

GER

GM

1936

Winter

Barcelona

ESP

SP

1992

Summer

Helsinki

FIN

FI

1952

Summer

Paris

FRA

FR

1900

Summer

Paris

FRA

FR

1924

Summer

Chamonix

FRA

FR

1924

Winter

Grenoble

FRA

FR

1968

Winter

Albertville

FRA

FR

1992

Winter

London

GBR

UK

1908

Summer

London

GBR

UK

1908

Winter

London

GBR

UK

1948

Summer

Munich

GER

DE

1972

Summer

Athens

GRC

GR

2004

Summer

Cortina d'Ampezzo

ITA

IT

1956

Winter

Rome

ITA

IT

1960

Summer

Turin

ITA

IT

2006

Winter

Tokyo

JPN

JA

1964

Summer

Sapporo

JPN

JA

1972

Winter

Nagano

JPN

JA

1998

Winter

Seoul

KOR

KS

1988

Summer

Mexico

MEX

MX

1968

Summer

Amsterdam

NED

NL

1928

Summer

Oslo

NOR

NO

1952

Winter

Lillehammer

NOR

NO

1994

Winter

Stockholm

SWE

SW

1912

Summer

St Louis

USA

US

1904

Summer

Los Angeles

USA

US

1932

Summer

Lake Placid

USA

US

1932

Winter

Squaw Valley

USA

US

1960

Winter

Moscow

URS

RU

1980

Summer

Los Angeles

USA

US

1984

Summer

Atlanta

USA

US

1996

Summer

Salt Lake City

USA

US

2002

Winter

Sarajevo

YUG

YU

1984

Winter

  1. Excel で、Hosts ブックのセル A1 にカーソルを置き、データを貼り付けます。

  2. テーブルとして書式設定します。 このチュートリアルの前半で説明したように、Ctrl キーを押しながら T キーを押してデータをテーブルとして書式設定するか、[ホーム] タブの [テーブルとして書式設定] をクリックします。 データには先頭行があるため、表示される [テーブルの作成] ウィンドウの [先頭行をテーブルの見出しとして使用する] チェック ボックスをオンにします。

  3. テーブルに名前を付けます。 [テーブル ツール] の [デザイン] タブの [プロパティ] グループにある [テーブル名] ボックスに、「Hosts」と入力します。

  4. [Edition] 列を選び、[ホーム] タブの [数値] グループで、数値として書式設定し、小数点以下の桁数を 0 にします。

  5. ブックを保存します。 ブックは次のようになります。

ホスト テーブル

Excel ブックにテーブルをインポートしたら、テーブル間のリレーションシップを作成できます。 テーブル間のリレーションシップを作成すると、2 つのテーブルのデータを組み合わせることができます。

インポートしたデータ間のリレーションシップを作成する

ピボットテーブルのフィールドを使用して、インポートしたテーブルからすぐに開始できます。 フィールドをピボットテーブルに取り込む方法を Excel が判別できない場合は、既存のデータ モデルでリレーションシップを確立する必要があります。 次の手順では、さまざまなソースからインポートしたデータ間のリレーションシップを作成する方法について学習します。

  1. 次の画面に示すように、Sheet1 の [ピボットテーブルのフィールド] の上部にある [すべてのフィールド] をクリックし、使用可能なテーブルの一覧を表示します。
    [ピボットテーブルのフィールド] の [すべてのフィールド] をクリックして使用可能なすべてのテーブルを表示する

  2. 一覧をスクロールして、新しいテーブルが追加されていることを確認します。

  3. Sports を展開し、[Sport] をクリックしてピボットテーブルに追加します。 次の画面に示すように、リレーションシップを作成するように求められます。
    [ピボットテーブルのフィールド] に [作成] ボタンが表示され、リレーションシップを作成するように求められる

    通知が表示されるのは、基になるデータ モデルに含まれていないテーブルのフィールドを使用したためです。 テーブルをデータ モデルに追加する 1 つの方法は、データ モデルにすでにあるテーブルとのリレーションシップを作成することです。 リレーションシップを作成するには、テーブルの 1 つに繰り返されていない一意の値がある必要があります。 サンプル データでは、データベースからインポートした Disciplines テーブルに、SportID という名前の競技コードのフィールドが含まれています。 これらのサンプル競技コードは、インポートした Excel データのフィールドとして表示されます。 それでは、リレーションシップを作成しましょう。

  4. 次の画面に示すように、[ピボットテーブルのフィールド] ボックスで、強調表示された領域にある [作成] をクリックし、[リレーションシップの作成] ダイアログ ボックスを開きます。

    [リレーションシップの作成] ウィンドウ

  5. [テーブル] ボックスの一覧の [Disciplines] をクリックします。

  6. [列 (外部)] ボックスの一覧の [SportID] をクリックします。

  7. [関連テーブル] ボックスの一覧の [Stores] をクリックします。

  8. [関連列 (プライマリ)] ボックスの一覧の [SportID] をクリックします。

  9. [OK] をクリックします。

ピボットテーブルが変更され、新しいリレーションシップが反映されます。 [] ボックスのフィールドの順序により、ピボットテーブルが適切に表示されていません。 種別は指定した競技のサブカテゴリですが、[] ボックスの Discipline を Sport の上に配置したため、正しい順序になっていません。 次の画面は、正しくない順序を示しています。
順序が正しくないピボットテーブル

  1. [] ボックスで、Sport を Discipline の上に移動します。 これで正しい配置になります。次の画面に示すように、ピボットテーブルにデータが適切な配置で表示されます。

    順序が正しいピボットテーブル

Excel の内部では、ブック全体で、ピボットテーブル、ピボットグラフ、PowerPivot、Power View レポートで使用できるデータ モデルが構築されています。 テーブル リレーションシップはデータ モデルの基本で、ナビゲーションや計算パスを決めるものになります。

次のチュートリアルの「Excel 2013、PowerPivot、DAX を使ってデータ モデル リレーションシップを拡張する」では、ここで学習した内容に基づいて、PowerPivot.と呼ばれる強力なビジュアル Excel アドインを使用して、データ モデルを拡張します。 また、テーブルの列を計算し、その計算列を使用する方法についても学習します。計算列を使用しないと、関連性のないテーブルがデータ モデルに追加される可能性があります。

チェックポイントと確認テスト

これまでの内容を復習する

複数のテーブルのデータ (そのいくつかは個別にインポートしたものです) にアクセスするピボットテーブルを含む Excel ブックを作成しました。 データベースからのインポート、別の Excel ブックからのインポート、Excel へのデータのコピーと貼り付けについても学習しました。

これらのデータをまとめるため、Excel が行を関連付ける際に使うテーブル リレーションシップを作成する必要がありました。 また、テーブルの列を別のテーブルのデータに関連付けることが、リレーションシップの作成および関連する行の参照に必要不可欠であることも学習しました。

これで、このシリーズの次のチュートリアルに進む準備ができました。 次のチュートリアルのリンクは次のとおりです。

Excel 2013、Power Pivot、DAX を使ってデータ モデル リレーションシップを拡張する

クイズ

ここでは、 学習した内容をどの程度覚えているかを確認できます。 次のクイズでは、このチュートリアルで学習した機能と要件を重点的に取り上げます。 正解はページの最後にあります。 それでは、頑張って正解してください。

質問 1: インポートしたデータをテーブルに変換することが重要な理由は何ですか?

A: インポートしたデータはすべてテーブルに自動的に変換されるため、テーブルへの変換操作は不要です。

B: インポートしたデータをテーブルに変換すると、データ モデルから除外されます。 データ モデルから除外されるのは、それらがピボットテーブル、PowerPivot、Power View で使用できる場合のみです。

C: インポートしたデータをテーブルに変換すると、データ モデルから除外できるようになり、ピボットテーブル、PowerPivot、Power View で使用できます。

D: インポートしたデータはテーブルに変換できません。

質問 2: Excel にインポートできるデータ ソースで、データ モデルに含めることができるのは次のうちどれですか?

A: Access データベースやその他多くのデータベース。

B: 既存の Excel ファイル。

C: Web サイトやドキュメント、その他 Excel に貼り付けることができるデータなど、Excel にコピーして貼り付け、テーブルとして書式設定できるデータ ソース。

上記すべて。

質問 3: ピボットテーブルでは、[ピボットテーブルのフィールド] の 4 つのボックスでフィールドの順序を変更するとどうなりますか?

A: 何も変更されません。[ピボットテーブルのフィールド] の各ボックスにフィールドを配置すると、フィールドの順序を変更することはできません。

B: ピボットテーブルの書式設定が変更され、レイアウトに反映されますが、基になるデータは影響を受けません。

C: ピボットテーブルの書式設定が変更され、レイアウトに反映されますが、基になるデータもすべて完全に変更されます。

D: 基になるデータが変更され、新しいデータになります。

質問 4: テーブル間のリレーションシップを作成する場合は、何が必要ですか?

A: 繰り返されていない一意の値を含む列をテーブルに含めることはできません。

B: 1 つのテーブルを Excel ブックに含めることはできません。

C: 列をテーブルに変換することはできません。

D: 上記のいずれも正しくありません。

クイズの正解

  1. 正解: C

  2. 正答 D

  3. 正答 B

  4. 正答 D

注記: このチュートリアル シリーズのデータおよびイメージは、次のデータが基になっています。

  • Guardian News & Media Ltd. のオリンピック データセット

  • CIA Factbook (cia.gov) の国旗イメージ

  • 世界銀行 (worldbank.org) の人口データ

  • Thadius856 および Parutakupiu 氏作成のオリンピック スポーツの絵文字

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×