チュートリアル: Excel、PowerPivot、DAX を使ってデータ モデル リレーションシップを拡張する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

抽象:   これは、次のチュートリアル シリーズのです。最初のチュートリアルでにデータをインポートしてデータ モデルを作成する、Excel ブックが複数のソースからインポートされたデータを使用して作成されました。

注: この記事では、Excel 2013 のデータ モデルについて説明します。ただし、Excel 2013 で導入された Powerpivot 機能と同じデータ モデルにも適用 Excel 2016。

このチュートリアルでは、PowerPivot を使ってデータモデルを拡張し、階層を作成し、既存のデータから計算フィールドを作成してテーブル間に新しいリレーションシップを作成します。

このチュートリアルのセクションは次のとおりです。

Power Pivot のダイアグラム ビューを使ってリレーションシップを追加する

計算列を使ってデータ モデルを拡張する

階層を作成する

ピボットテーブルで階層を使用する

チェックポイントと確認テスト

このチュートリアルの最後にある確認テストで、学習したことを確認できます。

このシリーズでは、オリンピックのメダル、ホスト国、さまざまなオリンピック競技種目について説明するデータを使います。 このシリーズのチュートリアルの内容は,次のとおりです。

  1. Excel にデータをインポートして、データ モデルを作成します。

  2. Excel を使用してデータ モデル リレーションシップを拡張するPowerPivot、dax

  3. マップベースの Power View レポートを作成する

  4. インターネット データを取り込んで Power View レポートの既定値を設定する

  5. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 1

  6. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 2

チュートリアルは順番に進めることをお勧めします。

これらのチュートリアルでは、Excel 2013 を使用して、 PowerPivotを有効になっているとします。Excel 2013 の詳細についてをクリックして次のとおりです。PowerPivotを有効にする方法の詳細についてをクリックして次のとおりです。


PowerPivot のダイアグラム ビューを使ってリレーションシップを追加する

このセクションでは、Microsoft Office PowerPivot in Excel 2013 アドインを使ってモデルを拡張します。 Microsoft SQL Server Power Pivot for Excel のダイアグラム ビューを使うと、簡単にリレーションシップを作成できます。 最初に、PowerPivot アドインが有効になっていることを確認する必要があります。

メモ:Power Pivot in Microsoft Excel 2013 アドインは、Office Professional Plus に含まれています。詳細については、「Power Pivot in Microsoft Excel 2013 アドインを開始する」を参照してください。

PowerPivotを追加します。 PowerPivotを有効にすると、Excel のリボンに アドイン

PowerPivot が有効になると、Excel 2013 に [POWERPIVOT] というリボン タブが表示されます。 PowerPivot を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル]、[オプション]、[アドイン] の順にクリックします。

  2. 下のほうの [管理] ボックスで、[COM アドイン]、[実行] の順にクリックします。

  3. [Microsoft Office Power Pivot in Microsoft Excel 2013] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

これで、リボンに [POWERPIVOT] タブが追加されました。

リボンの [Power Pivot] タブ

PowerPivotのダイアグラム ビューを使ってリレーションシップを追加します。

Excel ブックに、Hosts という名前のテーブルが含まれています。 これは、Hosts のデータをコピーして Excel に貼り付けてインポートし、テーブルとして書式設定したものです。 データ モデルに Hosts テーブルを追加するには、リレーションシップを確立する必要があります。 では、PowerPivot を使ってデータ モデルでリレーションシップを視覚的に表現できるようにして、リレーションシップを作成しましょう。

  1. Excel の [Hosts] タブをクリックして、このシートをアクティブにします。

  2. リボン上で、[POWERPIVOT]、[テーブル]、[データ モデルに追加] の順に選びます。 この手順により、Hosts テーブルがデータ モデルに追加されます。 また、PowerPivot アドインが開くので、このアドインを使って残りの手順を実行します。

  3. [PowerPivot] ウィンドウに、Hosts など、モデル内のすべてのテーブルが表示されます。 いくつかのテーブルをクリックしてみてください。 PowerPivot では、モデルに含まれるすべてのデータを表示できます。Excel のワークシートに含まれない、たとえば下の DisciplinesEventsMedals などのデータも、S_TeamsW_TeamsSports も表示できます。

    Power Pivot にすべてのテーブルが表示される

  4. [PowerPivot] ウィンドウの [表示] セクションの [ダイアグラム ビュー] をクリックします。

  5. ダイアグラム内のすべてのオブジェクトを表示できるように、スライド バーを使ってダイアグラムのサイズを変えます。 テーブルのタイトル バーをドラッグして、互いに重ならず隣り合うように並べ替えます。 4 つのテーブル (HostsEventsW_TeamsS_Teams) は、他のテーブルと関連付けられていません。

    ダイアグラム ビューの PowerPivot テーブル

  6. Medals テーブルと Events テーブルの両方に、DisciplineEvent というフィールドがあります。 さらに注意して見てみると、Events テーブルの DisciplineEvent フィールドは、一意で繰り返されない値によって構成されます。

注: DisciplineEvent フィールドは、それぞれの Discipline フィールドと Event フィールドの一意の組み合わせです。 しかし、Medals テーブルでは、DisciplineEvent フィールドが何回も繰り返されます。 それもそのはずで、Discipline+Event の組み合わせに対して 3 種類のメダル (金、銀、銅) があり、それらは各オリンピックの開催年度で種目が行われるたびに授与されるからです。 したがって、この 2 つのテーブル間のリレーションシップは、1 (Disciplines テーブル内の一意の Discipline+Event エントリ) 対多 (各 Discipline+Event の値に対する多数のエントリ) になります。

  1. Medals テーブルと Events テーブルの間にリレーションシップを作成します。 ダイアグラム ビューで、Events テーブルの DisciplineEvent フィールドから Medals の DisciplineEvent フィールドにドラッグします。 それらの間に線が表示され、リレーションシップが確立されたことを示します。

  2. EventsMedals を接続する線をクリックします。 フィールドが強調表示されてリレーションシップが定義されます (次の図を参照してください)。

    ダイアグラム ビューに表示されたリレーションシップ

  3. Hosts をデータ モデルに接続するには、Hosts テーブル内の各行を一意に識別する値を持つフィールドが必要です、 それによって、データ モデルを検索して、他のテーブルに同じ値が存在するかどうか確認できます。 この作業はダイアグラム ビューからはできません。 Hosts を選んだままで、データ ビューに戻ります。

  4. すべての列を調べると、Hosts には一意の値を持つ列がないことがわかります。 そのため、計算列と Data Analysis Expressions (DAX) を使って、作成する必要があります。

リレーションシップを作成するために必要なすべてのフィールドがデータ モデルのデータに含まれて、Power View またはピボットテーブルで表示できるようにデータを組み合わせることができれば、それにこしたことはありません。 しかし、テーブルはいつでもそのように協力的とは限りません。そこで、次のセクションでは、DAX を使って、テーブル間のリレーションシップを作成するために必要な列を新しく作成する方法について説明します。

計算列を使ってデータ モデルを拡張する

Hosts テーブルとデータ モデルの間のリレーションシップを確立し、それによってデータ モデルを拡張して Hosts テーブルが含まれるようにするには、Hosts にはそれぞれの行を一意に識別するフィールドが必要です。 さらに、そのフィールドはデータ モデルのフィールドに対応する必要があります。 それぞれのテーブルに 1 つずつあり、互いに対応するこれらのフィールドによって、それぞれのテーブルのデータが関連付けられます。

Hosts テーブルにはそのようなフィールドがないため、作成する必要があります。 データ モデルの整合性を維持する目的で、PowerPivot を使って既存のデータを編集または削除することはできません。 ただし、既存のデータに基づく計算フィールドを使って、新しい列を作成できます。

Hosts テーブルを調べて、データ モデルの他のテーブルを調べると、一意のフィールドとして作成して、データ モデルのテーブルと関連付けする良い候補が Hosts にあることがわかります。 リレーションシップを確立するための要件を満たすためには、両方のテーブルに新しい計算列が必要になります。

Hosts では、Edition フィールド (オリンピック イベントが開催された年) と Season フィールド (Summer または Winter) を組み合わせた計算列を作成できます。 Medals テーブルにも Edition フィールドと Season フィールドがあるので、それぞれのテーブルで Edition フィールドと Season フィールドを組み合わせた計算列を作成すると、HostsMedals の間にリレーションシップを確立できます。 次の図では、Hosts テーブルで Edition フィールドと Season フィールドが選ばれています。


Hosts テーブルで Edition と Season が選択されている

DAX を使用して集計列を作成します。

まず、Hosts テーブルから操作します。 目標は、Hosts テーブルに計算列を作成し、次に Medals テーブルにも作成し、それらの間のリレーションシップを確立できるようにすることです。

PowerPivot では、Data Analysis Expressions (DAX) を使って集計を作成できます。 DAX は PowerPivot とピボットテーブルのための数式言語で、PowerPivot でリレーショナル データやコンテキスト分析を使用できるように設計されています。 新しい PowerPivot 列、および PowerPivot の [計算] 領域に DAX 数式を作成できます。

  1. PowerPivot で、[ホーム]、[表示]、[データ ビュー] の順に選び、ダイアグラム ビューではなくデータ ビューが選択されていることを確認します。

  2. PowerPivot で Hosts テーブルを選びます。 既存の列の隣に、[列の追加] というタイトルの空の列があります。 PowerPivot では、この列はプレースホルダーになります。 PowerPivot のテーブルに新しい列を追加する方法はいくつかあります。その 1 つは、単純に、[列の追加] というタイトルの空の列を選ぶことです。


    [列の追加] を使って DAX を使用して計算されたフィールドを作成する

  3. 数式バーに、次の DAX 数式を入力します。 CONCATENATE 関数は、2 つ以上のフィールドを 1 つに連結します。入力を始めると、オートコンプリート機能によって、列やテーブルの完全修飾名を簡単に入力できるほか、使用できる関数が一覧表示されます。オートコンプリートの候補から選ぶときは、タブを使用します。また、数式の入力中に列をクリックするだけで、PowerPivot によって数式に列名が設定されます。

    =CONCATENATE([Edition],[Season])

  4. 数式の作成が終了したら、Enter キーを押してその式を確定します。

  5. 計算列内のすべての行に値が入力されます。 テーブルを下にスクロールすると、それぞれの行が一意だとわかります。 これで、Hosts テーブルの各行を一意に識別するフィールドが正しく作成できました。 そのようなフィールドは、主キーと呼ばれます。

  6. 計算列の名前を「EditionID」に変更します。 任意の列をダブルクリックするか、列を右クリックして [列名の変更] を選ぶと、名前を変更できます。 完了すると、PowerPoint の Hosts テーブルは次の図のように表示されます。

    DAX を使って計算されたフィールドが作成された [ホスト] テーブル

Hosts テーブルの準備はできました。 次は、Medals に計算列を作成しますが、その形式が Hosts に作成した EditionID 列の形式と一致して、両方の列の間にリレーションシップを作成できるようにします。

  1. 最初に、Medals テーブルに新しい列を作成します。これは、Hosts 列での操作と同様です。 PowerPivot で Medals テーブルを選び、[デザイン]、[列]、[追加] の順にクリックします。 それによって、[列の追加] が選ばれます。 この操作は [列の追加] を選ぶのと、結果的には同じです。

  2. Medals の Edition 列の形式は、Hosts の Edition 列の形式とは異なります。 Edition 列と Season 列を組み合わせるまたは連結して EditionID 列を作成する前に、Edition を正しい形式に変換する中間的なフィールドを作成する必要があります。 テーブルの上の数式バー内で、次の DAX 数式を入力します。

    = YEAR([Edition])
  3. 数式の作成が終了したら、Enter キーを押します。 入力した数式に基づいて、計算列のすべての行に値が入力されます。 この列を Hosts の Edition 列と比較すると、2 つの列の形式が同じであることがわかります。

  4. [CalculatedColumn1] を右クリックし、[列名の変更] を選んで、列の名前を変更します。「Year」と入力し、Enter キーを押します。

  5. 新しい列を作成すると、PowerPivot によって [列の追加] というプレースホルダー列が別に追加されます。次に、EditionID という計算列を作成するために、[列の追加] を選びます。数式バーに次の DAX 数式を入力して、Enter キーを押します。

    =CONCATENATE([Year],[Season])

  6. [CalculatedColumn1] 列の名前を変更するためにダブルクリックして、「EditionID」と入力します。

  7. 列を昇順に並べ替えます。 これで、PowerPivot の Medals テーブルは次の図のようになります。

    DAX で作成された計算フィールドが含まれた [メダル] テーブル

Medals テーブルの EditionID フィールドでは、多くの値が繰り返し使われています。 これは想定通りです。オリンピックが開催されるたびに (これが EditionID で表される)、多くのメダルが授与されるからです。 Medals テーブルで一意なのは、授与されたそれぞれのメダルです。 Medals テーブルの各レコードに対する一意の識別子で主キーに指定されているのは、MedalKey フィールドです。

次は、HostsMedals の間にリレーションシップを作成する手順です。

計算列を使ってリレーションシップを作成する

では、作成した計算列を使って、HostsMedals の間にリレーションシップを作成しましょう。

  1. [PowerPivot] ウィンドウで、リボンの [ホーム]、[表示]、[ダイアグラム ビュー] を選びます。 または、[PowerView] ウィンドウの下にあるボタンで、グリッド ビューとダイアグラム ビューを切り替えます (次の図を参照してください)。

    PowerPivot の [ダイアグラム ビュー] ボタン

  2. Hosts を展開して、すべてのフィールドを表示します。 ここまで、Hosts テーブルの主キー (一意で値が重複しないフィールド) になる EditionID 列を作成し、Medals テーブルの EditionID を作成して、それらの間にリレーションシップを作成する準備をしました。 その両方を見つけて、リレーションシップを作成する必要があります。 PowerPivot のリボンには [検索] 機能があって、対応するフィールドをデータ モデルで検索できます。 次の図では、[メタデータの検索] ウィンドウの [検索データ] フィールドに「EditionID」と入力されています。
    Power Pivot ダイアグラム ビューの検索の使用

  3. Hosts テーブルが Medals の隣に来るように配置します。

  4. Medals の [EditionID] 列を Hosts の [EditionID] 列にドラッグします。 PowerPivot によって、2 つのテーブルの間に EditionID 列に基づくリレーションシップが作成され、2 つの列の間にリレーションシップがあることを示す線が表示されます。

    テーブルのリレーションシップを示すダイアグラム ビュー

このセクションでは、新しい列を作成する新しい手法を学習し、DAX を使って計算列を作成し、その列を使ってテーブル間に新しいリレーションシップを作成しました。 Hosts テーブルはデータ モデルに統合され、そのデータが Sheet1 のピボットテーブルで使用できるようになっています。 また、関連するデータを使って、さらにピボットテーブル、ピボットグラフ、Power View レポート、など多くのものを作成できます。

階層を作成する

ほとんどのデータ モデルには、階層的な性質を持つデータが含まれています。 カレンダー データ、地理データ、製品カテゴリなどがよくある例です。 PowerPivot 内で階層を作成すると、同じフィールドを何度も組み合わせ、順序付けるのではなく、1 つのアイテムをレポート (階層) にドラッグするだけでよいので便利です。

オリンピックのデータも、階層構造になっています。 競技、競技団体、種目、の関係から、オリンピックの階層を理解しましょう。 それぞれの競技に対して、1 つまたは複数の競技団体が関連します (多数の場合もあります)。 それぞれの競技団体に対して、1 つまたは複数の種目があります (この場合も多数の種目がある場合があります)。 次の図に、この階層の例を示します。

オリンピック メダルのデータの論理階層

このセクションでは、このチュートリアルで使ってきたオリンピック データに 2 つの階層を作成します。 その後、作成した階層を使って、階層によりピボットテーブルでのデータの整理が簡単になることを学習します。また、次のチュートリアルでは Power View でも同様であることについて学習します。

Sport 階層を作成する

  1. PowerPivot で、ダイアグラム ビューに切り替えます。 Events テーブルを展開して、すべてのフィールドを一目で確認できるようにします。

  2. Ctrl キーを押しながら、[Sport]、[Discipline]、[Event] の各フィールドをクリックします。 3 つのフィールドを選んだまま、右クリックして [階層の作成] を選びます。 親階層ノードである Hierarchy 1 がテーブルの一番下に作成され、選んだ列がこの階層の下に子ノードとしてコピーされます。 Sport が階層の最初に表示され、次に Discipline そして Event が表示されることを確認します。

  3. タイトルの Hierarchy1 をダブルクリックして、「SDE」と入力して新しい階層の名前を変更します。 これで、Sport、Discipline、Event が含まれた階層ができました。 Events テーブルは次の図のように表示されます。

    PowerPivot のダイアグラム ビューに表示される階層

Locations 階層を作成する

  1. PowerPivot のダイアグラム ビューのまま [Hosts] テーブルを選んで、テーブルの見出し行の [階層の作成] ボタンをクリックします (次の図を参照してください)。
    [階層の作成] ボタン

    空の階層の親ノードが、テーブルの一番下に表示されます。

  2. 新しい階層の名前として「Locations」と入力します。

  3. 階層に列を追加する方法は、次のようにいくつかあります。 [Season]、[City]、[NOC_CountryRegion] の各フィールドを階層名 (この場合は Locations) にドラッグして、階層名が強調表示されてからマウスのボタンを離すと、追加できます。

  4. [EditionID] を右クリックし、[階層に追加] を選びます。 [Locations] を選びます。

  5. 階層の子ノードの順序が正しいことを確認します。 上位から順に Season、NOC、City、EditionID になります。 子ノードの順序が正しくない場合は、適切な順序になるように階層内でドラッグして並べ替えます。 Hosts テーブルは、次の図のように表示されます。
    階層が含まれた [ホスト] テーブル

これで、データ モデルに、レポートで使用できる階層が作成されました。 次のセクションでは、これらの階層によってレポート作成がより迅速で一貫した操作になることを学習します。

ピボットテーブルで階層を使用する

Sport の階層と Locations 階層を作成してあるので、これらの階層をピボットテーブルまたは Power View を追加すると、結果 (データのグループ化など) はすぐに得られます。 階層を作成する前に、ピボットテーブルに個別のフィールドを追加して、意図した表示になるようそれらのフィールドを配置する必要があります。

このセクションでは、前のセクションで作成した階層を使って、ピボットテーブルをすばやく仕上げることにします。 次に、階層の個別のフィールドを使って同じピボットテーブル ビューを作成し、階層を使ったものと個別のフィールドを使ったものを比較します。

  1. Excel に戻ります。

  2. Sheet1 で、[ピボットテーブル フィールド] の [行] 領域からフィールドを削除し、[列] 領域からもすべてのフィールドを削除します。 ピボットテーブルが選択されていることを確認します (非常に小さくなっているので、セル A1 を選んでピボットテーブルが選択されていることを確認します)。 ピボットテーブルに残っているフィールドは、[フィルター] 領域の Medal と、[値] 領域の Count of Medal だけになっています。 このほとんど空のピボットテーブルは、次の図のように表示されます。

    ほとんど空のピボットテーブル

  3. [ピボットテーブル フィールド] 領域で、Events テーブルの [SDE] を [行] 領域にドラッグします。 次に、Hosts テーブルの [Locations] を [] 領域にドラッグします。 これら 2 つの階層をドラッグするだけで、ピボットテーブルには多くのデータが入力され、そのすべてが前の手順で定義した階層に配置されます。 画面は次のように表示されます。
    階層が追加されたピボットテーブル

  4. では、データを少しフィルター処理して、種目の最初の 10 行を確認しましょう。 ピボットテーブルで [行ラベル] の矢印をクリックし、[(すべて選択)] をクリックしてすべての選択を解除し、最初の 10 件の Sport の横のボックスをクリックします。 ピボットテーブルは、次のように表示されます。
    フィルター処理されたピボットテーブル

  5. ピボットテーブルでこれらの Sport (SDE 階層の最上位) のいずれかを展開すると、階層の次のレベル (Discipline) の情報を確認できます。 その Discipline に対して下位レベルの階層が存在する場合は、Discipline を展開するとそれに対する Event が表示されます。 Location 階層でも同様で、最上位は Season でピボットテーブルでは Summer または Winter と表示されます。 Sport の Aquatics を展開すると、すべての子 Discipline 要素とそのデータが表示されます。 Aquatics の下の Diving という Discipline を展開すると、その子 Event が表示されます (次の図を参照してください)。 Water Polo でも同様ですが、これに対する Event は 1 つだけです。
    ピボットテーブルの階層の参照

これら 2 つの階層をドラッグしてピボットテーブルをすばやく作成し、興味深い構造化されたデータの詳細を表示したり、フィルター処理したり、配置したりしました。

では、同じピボットテーブルを、階層を使わずに作って見ましょう。

  1. [ピボットテーブル フィールド] 領域で、[列] 領域から [Locations] を削除します。 次に、[行] 領域から [SDE] を削除します。 これで基本のピボットテーブルに戻りました。

  2. Hosts テーブルから [Season]、[City]、[NOC_CountryRegion]、[EditionID] を [列] 領域にドラッグし、この順番でそのまま (上から下に) 配置します。

  3. Events テーブルから、[Sport]、[Discipline]、[Event] を [行] 領域にドラッグし、この順番でそのまま (上から下に) 配置します。

  4. ピボットテーブルで、[Row Labels] をフィルター処理して上位 10 件の Sport を表示します。

  5. すべての行と列を折りたたんで、Aquatics、Diving、Water Polo の順に展開します。 ワークブックは次のように表示されます。
    階層なしで作成されたピボットテーブル

画面は似ています。違っているのは、2 つの階層をドラッグする代わりに、個別の 7 つのフィールドを [ピボットテーブル フィールド] 領域にドラッグしたことです。 このデータに基づいてピボットテーブルや Power View レポートを作成するのが 1 人だけならば、階層の作成はただ便利な方法というだけかもしれません。 しかし、多くの人がレポートを作成し、フィールドを常に適切な順序で配置して正しく表示させる必要がある場合、階層は生産性を向上させ、一貫性を保つための手段となります。

この次のチュートリアルでは、Power View を使って作成したアピール力のあるレポートで、階層とその他のフィールドを使用する方法を学習します。

チェックポイントと確認テスト

これまでの内容を復習する

この時点で、Excel ブックのデータ モデルには、さまざまなソースからのデータが含まれ、既存のフィールドや計算列を使用したりレーションがあります。 また、テーブル内のデータ構造を反映した階層もあり、それによって優れたレポートをいつも同じように、すばやく、簡単に作成できます。

階層を作成することで、データ内に元からある構造を指定して、階層データを迅速にレポートで使用できるということを学習しました。

このシリーズの次のチュートリアルでは、Power View を使って、オリンピックのメダルに関するインパクトのあるレポートを作成します。 また、他の集計や、迅速なレポート作成のためのデータの最適化、他のデータをインポートするなどしてさらに興味深いレポートを作成します。 リンクはこちらです。

チュートリアル 3: マップベースの Power View レポートの作成

確認テスト

学習内容についてどれくらい理解できましたか? ここで理解度を確認できます。 次のクイズでは、このチュートリアルで学習した機能や要件について質問します。 答えはページの最後に示されています。 それでは挑戦してください。

質問 1: 2 つのテーブル間のリレーションを作成するときに使用するビューは、次のうちのどれですか。

A: テーブル間のリレーションシップは Power View で作成する。

B: テーブル間のリレーションシップは PowerPivot のデザイン ビューで作成する。

C: テーブル間のリレーションシップは のグリッド ビューで作成する PowerPivot

D: 上記すべて。

質問 2: 正誤問題です。DAX 数式を使って作成した一意の識別子に基づいて、テーブル間のリレーションシップを確立できる。

A: 正しい

B: 正しくない

質問 3: DAX 数式を作成できる場所は、次のうちのどれですか。

A: PowerPivot の [計算] 領域

B: PowerPivot の新しい列

C: Excel 2013 の任意のセル

D: A と B の両方

質問 4: 階層について正しいものは、次のうちのどれですか。

A: 階層を作成すると、含まれているフィールドは個別には使用できなくなる。

B: 階層を作成すると、その階層と含まれているフィールドは、Power View またはピボットテーブルの領域にドラッグするだけでクライアント ツールで使用できるようになる。

C: 階層を作成すると、データ モデル内の元になっているデータは結合されて 1 つのフィールドになる。

D: PowerPivot では階層を作成できない。

クイズの正解

  1. 正答 D

  2. 正しい答え: A

  3. 正答 D

  4. 正答 B

注記: このチュートリアル シリーズのデータおよびイメージは、次のデータが基になっています。

  • Guardian News & Media Ltd. のオリンピック データセット

  • CIA Factbook (cia.gov) の国旗イメージ

  • 世界銀行 (worldbank.org) の人口データ

  • Thadius856 および Parutakupiu 氏作成のオリンピック スポーツの絵文字

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×