チュートリアル: マップベースの Power View レポートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

抽象:   これは、一連の 3 番目のチュートリアルです。最初のチュートリアルでExcel 2013 とデータ モデルを作成するにデータをインポート、複数のソースからインポートするデータを使用して最初から Excel ブックを作成していると、データ モデルは、Excel によって自動的に作成されました。2 番目のチュートリアルでは、のデータ モデルを拡張するリレーションシップは、Excel 2013、Power Pivot、DAX を使用して、データ モデルを拡張する方法を学習して、データ内の階層を作成します。

このチュートリアルでは、拡張されたデータ モデルを使用し、Power View を使用した複数の視覚エフェクトを含む効果的なレポートを作成します。

このチュートリアルのセクションは次のとおりです。

Power View レポートを作成します。

Power View およびピボット テーブルの計算フィールドを作成します。

フィールドの既定値、テーブル動作、データ分類を設定します。

チェックポイントとクイズ

このチュートリアルの最後にある確認テストで、学習したことを確認できます。

このシリーズでは、オリンピックのメダル、ホスト国、さまざまなオリンピック競技種目について説明するデータを使います。 このシリーズのチュートリアルの内容は,次のとおりです。

  1. Excel 2013 にデータをインポートして、データ モデルを作成する

  2. Excel 2013、Power Pivot、DAX を使ってデータ モデルのリレーションシップを拡張する

  3. マップベースの Power View レポートを作成する

  4. インターネット データを取り込んで Power View レポートの既定値を設定する

  5. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 1

  6. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 2

チュートリアルは順番に進めることをお勧めします。

これらのチュートリアルでは、Excel 2013 を使用して、 PowerPivotを有効になっているとします。PowerPivotを有効にする方法の詳細についてをクリックして次のとおりです。


Power View レポートを作成する

前のチュートリアルでは、オリンピックのメダルとイベントについてのピボット テーブルが含まれているデータを Excel ブックを作成しました。前のチュートリアルを完了していない場合は、 は、ここからは、前のチュートリアルの最後からブックをダウンロードできます。

このセクションでは、Power View レポートを作成し、オリンピックのデータを視覚的に表示します。

  1. Excel では、クリックして挿入 > レポート > Power View レポートします。

    Power View レポートを挿入する

  2. 空白の Power View レポートは、ブック内のシートとして表示されます。

    Excel の空白の Power View レポート

  3. [Power View のフィールド] ボックスの一覧の Hosts の横にある矢印をクリックして展開し、City をクリックします。

  4. Medalsテーブルを展開し、[Sport] をクリックします。これにより、Power View では、次の画面に表示されるように、市区町村の横にあるスポーツが一覧表示します。
    Power View の新しいテーブル

  5. Power View のフィールドの [フィールド] 領域でスポーツの横にある矢印をクリックし、[カウント (空白でない)を選択します。今すぐ Power View は、競技のカウントではなくリストは、次の画面に表示されます。

    リストではなく、競技数を作成する

  6. リボンの [デザイン] タブの [視覚エフェクトの切り替え] グループにある [マップ] をクリックします。 [デザイン] タブは、Power View テーブルが選択されている場合にのみ表示されます。 マップの視覚エフェクトに切り替えると、外部コンテンツの有効化に関する警告が表示される場合があります。

  7. テーブルから視覚エフェクトのあるマップに切り替わります。 マップ上のさまざまなサイズの青い円は、各オリンピックの開催都市で実施された競技種目の数を示します。 夏季競技と冬季競技について確認してみると面白いかもしれません。

  8. レポート領域を最大限に利用するには、[フィルター] 領域を折りたたみます。 [フィルター] 領域の右上隅の矢印をクリックします。

  9. Power View のフィールド] では、メダルを展開します。[] 領域まで下にシーズンのフィールドをドラッグします。お勧めします。 次の画面に示すように、夏のスポーツの青いバブルと、冬のスポーツのバブルを赤にマップが表示されます。視覚エフェクトのサイズを変更するには、四隅のいずれかをドラッグします。

    マップ視覚エフェクトを作成する

これで、夏季競技と冬季競技を色分けしたマップを使用して、各開催都市の競技種目の数を視覚的に表示した Power View レポートが作成されました。 いくつかクリックしてみましょう。

Power View およびピボットテーブルの計算フィールドを作成する

Power View では、基になるデータ モデルを使用して視覚エフェクトを作成します。 PowerPivot および DAX を使用すると、ユーザー定義式を作成して、データ モデルを作成し、これらの数式と計算に基づいてレポートをピボットテーブルと Power View に作成できます。

計算フィールドを作成する PowerPivot

  1. Excel で、[PowerPivot] タブの [データ モデル] グループにある [管理] をクリックし、 ウィンドウを表示します。PowerPivot

  2. Medalsテーブルを選択します。計算領域が表示されることを確認します。計算領域では、テーブルのデータの下にあるされ、作成、編集、および計算フィールドを管理するために使用されます。計算領域を表示するには、次のように選択します。ホーム > ビュー > 計算領域、次の画面に示すようにします。

    PowerPivot の [計算領域] ボタン

  3. オリンピックの開催年度の数を計算してみましょう。計算領域では、[Edition] 列の下にあるセルを選択します。リボンから選択オート Sum > Distinct Count、次の画面に示すようにします。

    Power Pivot で [カウント (一意の値のみ)] を作成する

  4. PowerPivot計算領域で、アクティブ セルの DAX 式を作成します。この例では、 PowerPivotで自動的に、次の DAX 式が作成:

    Distinct Count of Edition:=DISTINCTCOUNT([Edition])

    オート Sumの他の計算は同じように簡単、合計、平均、Min、Max などです。

  5. Excel ブックを保存します。データ モデルには、新しい計算フィールドが更新されます。Excel の Power View] タブに戻り、ときに警告ことを示しますデータ モデルを更新すると、次の画面に示すようにします。

    データ モデルの変更を示す警告

この Distinct Count of Edition 計算フィールドは、チュートリアルの後半で使用します。

DAX を使用して計算フィールドの作成 PowerPivot

オート SUM による計算は便利ですが、カスタマイズした計算が必要な場合もあります。 Exce で数式を作成するように、計算領域に DAX 数式を作成できます。 DAX 数式を作成し、データ モデルにどのように表示されるか、またその結果、ピボットテーブルと Power View でどのように利用できるかについて確認してみましょう。

  1. PowerPivotウィンドウを開きます。計算領域では、次の画面に示すように、前のセクションで完了したオート Sum 計算のすぐ下のセルを選択します。

    PowerPivot の計算領域で DAX 数式を作成する

  2. メダルのすべての割合を計算してみましょう。数式バーで、次の DAX 式を入力します。Intellisense の使用可能なコマンドを入力した内容に基づいてと] タブの [強調表示された IntelliSense オプションを選択します。

    Percentage of All Medals:=[Count of Medal]/CALCULATE([Count of Medal],ALL(Medals))

  3. Excel のウィンドウに切り替えると、Excel データ モデルが更新されたかを確認できます。Excel では、 Sheet1のピボット テーブルを選択します。ピボット テーブル フィールド] では、 Medalsテーブルを展開します。フィールド リストの一番下にある、先ほど作成した 2 つの計算フィールドを次の画面に示すようにします。すべてのメダルの割合を選択します。

    計算済みフィールドを表示するピボットテーブル フィールド

  4. ピボット テーブルのすべてのメダルのパーセンテージ フィールドには、メダルの数の後に表示されます。パーセンテージとして書式設定されていない、ため (を選択して一度にまとめてしてカーソルが、下向き矢印に変わったら、すべてのメダルの割合をフィールドのいずれかの上にマウス ポインターを置きをクリックして)、これらのフィールドを選択します。それらを選択している、クリックしてホーム > 数 > パーセンテージします。リボンの [同じ] セクションでは、小数点以下の桁数に 2 つの数を調整します。ピボット テーブルは、次の画面のようになります。

    ピボットテーブルに割合データが表示される

前のチュートリアルでは、Sports フィールドをフィルター処理し、アルファベット順の最初の 10 競技 (Aquatics (水泳) から Boxing (ボクシング)) のみを表示しました。総計に対する割合は 100% ではなく 29.16%です。 これは、夏季オリンピックで授与されたメダルの 29.16% がこれらの 10 競技で占められていることを示しています。 水泳競技は、すべてのメダル数の 10.88% です。

Percentage of All Medals フィールドはデータ モデル内にあるため、このフィールドも Power View で使用できます。

計算フィールドは、Power View の [PowerPivot] タブから作成することもできます。 計算フィールドを PowerPivot または Power View のどちらで作成しても、結果は同じです。データ モデルが更新されて計算フィールドが含まれ、すべてのクライアント ツールで使用できます。

フィールドの既定値、テーブル動作、データ分類を設定する

Power View でレポートを効率的に作成するには、既定のフィールドセットを設定する方法もあります。 テーブルの既定のフィールド セットを設定すると、Power View でテーブルをクリックするだけで、既定のフィールド セットが自動的に新しいレポートに追加されます。

このセクションでは、ブックの既定を設定し、レポート作成時に時間を節約できるようにします。

テーブルの既定のフィールド セットを作成する

  1. PowerPivot ウィンドウを使用できるようにします。 使用できない場合は、[PowerPivot] タブの [データ モデル] グループの [管理] クリックします。 PowerPivot で、[ホーム]、[表示]、[データ ビュー] を選びます。 Medals テーブルを選びます。

  2. [詳細設定] タブの [レポートのプロパティ] グループにある [既定のフィールド セット] をクリックします。 ウィンドウが表示され、Power View などのクライアント ツールを使用して作成したテーブルの既定のフィールドを指定できます。

  3. 左側のウィンドウで、スポーツ、イベント、EditionID、Athlete、およびメダルを選択し、[既定のフィールドに追加]をクリックします。既定のフィールドが表示される順序で、右側のウィンドウに表示されることを確認します。既定のフィールド セット] ウィンドウでは、次の画面のようになります。

    [既定のフィールド セット] ウィンドウ

  4. [OK] をクリックし、Medals テーブルの既定のフィールド セットを保存します。

  5. この動作を確認するには、Excel の Power View シートに切り替えます。

  6. 空白のレポート キャンバスの任意の場所をクリックし、既存の視覚エフェクトを選んでいないことを確認します。 Power View シートの視覚エフェクトは現在 1 つのみです。これは前に作成したマップです。

  7. Power View のフィールド] ボックスの一覧では、 Medalsテーブル名をクリックします。Power View でテーブルを作成し、 Medalsテーブルから、次の 5 つの既定のフィールドを自動的に追加の順序で指定した、次の画面に示すようにします。誤ってクリックした場合のメダル] テーブルの横にある三角形だけで、展開ではなく既定のフィールドを持つ新しいテーブルを追加します。

    Power View テーブルには既定のフィールド セットが自動的に含まれる

テーブルの動作を設定する

既定のテーブルの動作を設定することもできます。これらの設定は Power View で使用され、テーブルのレポート ラベルが自動的に作成されます。 この機能は、同じテーブルから視覚エフェクトを作成して、さまざまなレポートに使用する場合に便利です。 既定のテーブルの動作は以降のステップで使用するので、設定してみましょう。

  1. PowerPivot に戻り、Medals テーブルを選び、[詳細設定] タブの [レポートのプロパティ] グループにある [テーブルの動作] をクリックします。 ウィンドウが表示され、テーブルの動作を指定できます。

  2. [テーブルの動作] ウィンドウの [行識別子] は、一意のキーおよび空白値のみを含む列になります。 これは、テーブルの主キーになることが多いですが、主キーにする必要はありません。 ウィンドウの他の項目を選ぶ前に、行識別子を選ぶ必要があります。 MedalKey を行識別子として選びます。

  3. [一意の行の保持] ボックスの一覧の [AthleteID] をクリックします。 ここで選択したフィールドに一意の行の値が含まれます。これらのフィールドは、ピボットテーブルまたは Power View のレポートの作成時に集計されません。

    注意: レポートに問題が発生し、指定した方法で集計されない場合は、集計するフィールドが [一意の行の保持] ボックスで選択されていないか確認してください。

  4. [既定のラベル] ボックスで、既定のレポート ラベルとして使用するキーを選びます。 Sport を選びます。

  5. 既定の画像のイメージをまだ追加していないためにと、[なし] 列を選択] を選択しておきます。[テーブルの動作] ウィンドウでは、次の画面のようになります。

    [テーブルの動作] ウィンドウ

  6. [Ok]をクリックします。Excel で Power View シートで、[前の手順で作成したテーブルを選択します。リボンから選択デザイン > 表 > カードします。カードのコレクションに変更を作成したテーブルデータは、同じですが、データの視覚エフェクトが変更されます。テーブルは、次の画面のようになります。
    テーブルの動作の既定値によるカード視覚エフェクト

Sport フールドが他の部分よりも大きくなり、各カードの見出しとして表示されています。 これは、で、[テーブルの動作] ウィンドウで Sport を既定のラベルとして設定したためです。PowerPivot

フィールドのデータ カテゴリを設定する

場所などの基になるデータに基づいて、Power View でレポートを作成するには、対象のデータを含むフィールドを正しく分類する必要があります。 オリンピックのデータで、いくつかのフィールドのカテゴリを指定してみましょう。

  1. PowerPivot、ホストを選択します。[NOC_CountryRegion] フィールドを選択します。詳細 > レポートのプロパティ > データ カテゴリ::矢印をクリックし、次の画面に示すように、使用可能なデータ カテゴリ] の一覧から国/地域を選択します。

    Power Pivot のデータ カテゴリ

  2. Medals で、NOC_CountryRegion 列を選びます。 もう一度、[データのカテゴリ] を [国/地域] に変更します。

  3. Excel に戻るし、Power View シートを選択します。Power View のフィールドには、 Medalsテーブルを展開し、[NOC_CountryRegion] フィールドは、その横にある小さな地球のアイコンをこれを確認します。世界中は、次の画面に示すように NOC_CountryRegion、地理的な場所が含まれていることを示します。

    Power View フィールドの位置情報アイコン

この地理的な場所は、今後のチュートリアルで使用します。 作業内容を保存します。学習した内容を確認したら、次のチュートリアルに進みます。

チェックポイントと確認テスト

これまでの内容を復習する

このチュートリアルでは、マップベースの Power View の視覚エフェクトの作成方法、計算フィールドを作成してデータ モデルを展開する方法、さまざまな方法でデータを分析する方法について学習しました。 また、テーブルの既定のフィールド セットの作成方法についても学習しました。既定のフィールド セットをあらかじめ設定することで、新しい Power View テーブルを効率的に作成できます。 既定のテーブルの動作の定義方法についても学習しました。これにより、新しいテーブルの順序付けとラベル付けがすばやく一貫した方法でできるようになります。

このシリーズの次のチュートリアルは、ここで学習した内容に基づいて進めていきます。 次のチュートリアルでは、膨大にあるインターネットのデータや画像をデータ モデル取り込み、効果的な Power View レポートを作成します。

次のチュートリアルのリンクは次のとおりです。

チュートリアル: インターネット データを取り込んで Power View レポートの既定値

クイズ

ここでは、 学習した内容をどの程度覚えているかを確認できます。 次のクイズでは、このチュートリアルで学習した機能と要件を重点的に取り上げます。 正解はページの最後にあります。 それでは、頑張って正解してください。

質問 1: Power View は Power View レポートを作成するのにどこからデータを取得しますか?

A: Excel に含まれるワークシートのみ

B: データ モデルのみ

C: 外部ソースからインポートしたデータのみ

D: データ モデルおよび Excel のワークシートにあるデータ

質問 2: 既定のフィールド セットについて当てはまるものは、次のうちどれですか?

A: 既定のフィールド セットは、データ モデル全体で 1 つしか作成できません。

B: Power View で、[Power View Fields (Power View のフィールド)] のテーブル名をクリックすると、既定のフィールド セットがあらかじめ自動的に設定されたテーブルの視覚エフェクトが作成されます。

C: テーブルの既定のフィールド セットを作成すると、そのテーブルのその他すべてのテーブルが無効になります。

上記すべて。

質問 3: 計算フィールドに関して当てはまるものは、次のうちどれですか?

A: 計算フィールドを PowerPivot で作成すると、その計算フィールドが作成されたテーブルで使用可能なフィールドとして Power View に表示されます。

B: 計算フィールドを PowerPivot の計算領域に作成すると、すべてのクライアント ツールで非表示になります。

C: 計算フィールドを PowerPivot で作成すると、すべてのクライアント ツールで個別のテーブルとしてそれぞれ表示されます。

D: A と B の両方。

質問 4: [テーブルの動作] ウィンドウで、[一意の行の保持] からフィールドを選ぶ場合、正しいのは次のうちどれですか?

A: フィールドを集計するには、[Power View のフィールド] から "Sum this field" を明示的に選ぶ必要があります。

B: このフィールドは、Power View またはピボットテーブルで常に集計されます。

C: このフィールドは、Power View またはピボットテーブルでは集計されません。

D: [一意の行の保持] で選択しても、Power View またはピボットテーブルのフィールドの動作は影響を受けません。

クイズを swers

  1. 正答 B

  2. 正答 B

  3. 正答 A

  4. 正答 C

注記: 

  • このチュートリアル シリーズのデータおよびイメージは、次のデータが基になっています。

  • Guardian News & Media Ltd. のオリンピック データセット

  • CIA Factbook (cia.gov) の国旗イメージ

  • 世界銀行 (worldbank.org) の人口データ

  • Thadius856 および Parutakupiu 氏作成のオリンピック スポーツの絵文字

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×