チュートリアル: インターネット データを取り込んで Power View レポートの既定値を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

抽象:   前のチュートリアルの最後にあるマップの作成に基づく Power View のレポートを Excel ブックにはさまざまなソースからデータが含まれている、 PowerPivot、およびマップベースの Power View レポートを使用して基本的なオリンピック情報確立関係に基づいて、データ モデル。このチュートリアルでより多くのデータ、グラフィックの関心を持ち、ブックを最適化しして、簡単に効果的な Power View レポートを作成するのには、ブックを準備していますを拡張します。

注: この記事では、Excel 2013 のデータ モデルについて説明します。ただし、Excel 2013 で導入された Powerpivot 機能と同じデータ モデルにも適用 Excel 2016。

このチュートリアルのセクションは次のとおりです。

インターネットベースのイメージ リンクをデータ モデルにインポートする

インターネット データを使ってデータ モデルを作成する

レポート作成が簡単になるようにテーブルとフィールドを非表示にする

チェックポイントと確認テスト

このチュートリアルの最後にある確認テストで、学習したことを確認できます。

このシリーズでは、オリンピックのメダル、ホスト国、さまざまなオリンピック競技種目について説明するデータを使います。 このシリーズのチュートリアルの内容は,次のとおりです。

  1. Excel 2013 にデータをインポートして、データ モデルを作成する

  2. Excel 2013、Power Pivot、DAX を使ってデータ モデルのリレーションシップを拡張する

  3. マップベースの Power View レポートを作成する

  4. インターネット データを取り込んで Power View レポートの既定値を設定する

  5. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 1

  6. 効果的な Power View レポートを作成する - パート 2

チュートリアルは順番に進めることをお勧めします。

これらのチュートリアルでは、Excel 2013 を使用して、 PowerPivotを有効になっているとします。Excel 2013 の詳細についてをクリックして次のとおりです。PowerPivotを有効にする方法の詳細についてをクリックして次のとおりです。


インターネットベースのイメージ リンクをデータ モデルにインポートする

データ サイズは常に増大するため、データの仮想化が求められています。 データの増大と共に、データの見方が多様化し、データの処理手順についてさまざまな方法で見直しと検討を行う機会が増えます。 PowerPivot Power View を使うと、外部データを含むデータが一体化され、楽しく、人目を引く視覚効果を加えることができます。

このセクションでは、オリンピックに参加する国や地域の旗のイメージを含むようにデータ モデルを拡張し、オリンピック ゲームの競技を表すイメージを追加します。

データ モデルに旗イメージを追加する

イメージは Power View レポートの視覚的な効果を強化します。 次の手順では 2 つのイメージ カテゴリ (各競技を表すイメージと、各地域または国を表す旗のイメージ) を追加します。

この情報を格納するのに適したテーブルが 2 つあります。競技イメージは [競技種目] テーブルに、旗のイメージは [開催地] テーブルに格納するのがお勧めです。 この作業を興味深いものにするために、インターネット上のイメージを使います。各イメージのリンクを使って、ユーザーがどこにいてもレポートが表示されるようにします。

  1. インターネットを検索すると、各国または各地域の旗のイメージが掲載された CIA.gov World Factbook サイトが見つかります。 たとえば、次のリンクをクリックすると、フランス国旗のイメージが表示されます。

    https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/graphics/flags/large/fr-lgflag.gif

    さらに調査し、そのサイト上で他の旗のイメージを URL を見つけると、これらの URL の形式に一貫性があることがわかります。変化しているのは、2 文字の国または地域コードのみです。 したがって、それぞれの国または地域の 2 文字のコードがわかれば、この 2 文字のコードを各 URL に挿入して、それぞれの旗のリンクが生成されます。 これは便利です。さらにお使いのデータを詳しく見てみると、[開催地] テーブルに 2 文字の国または地域コードが含まれています。 これで手間が省けます。

  2. フラグを格納するHostsテーブルでの新しいフィールドの作成に必要な Url です。以前のチュートリアルで、次の 2 つのフィールドを連結する DAX を使用してとフラグの同じ行います Url です。PowerPivot] では、空の列を持つHostsテーブルのタイトルを追加する列を選択します。数式バーで、次の DAX 数式を入力 (またはコピーして数式の列に貼り付けること)。長いが表示されますが、大部分は CIA factbook を使用する URL です。

    =REPLACE("https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/graphics/flags/large/fr-lgflag.gif",82,2,LOWER([Alpha-2 code]))

    DAX 関数では、あなたが 1 つの行ですべてのいくつかあります。最初に、DAX 関数の置換関数を使用して、それぞれの国または地域の適切な 2 文字コード フランスのフラグ (fr) を参照する URL の一部を交換するように、指定したテキスト文字列内の文字列を置換します。数値の 82 では、文字列に置換 82 文字を開始する REPLACE 関数が表示されます。置き換える文字数を次の方法を示す 2 に置き換えます。次に、気付き URL が大文字小文字が区別 (テストを行う必要は、まず、もちろん) の 2 文字コードは、下の DAX 関数を使用して、URL に挿入小文字に変換するれていたため、大文字、します。

  3. さらに、旗の URL を含む列の名前を FlagURL に変更します。 PowerPivot 画面は、次のようになります。

    PowerPivot と DAX により、URL フィールドを作成する

  4. Excel に戻り、[Sheet1] でピボットテーブルを選びます。 [ピボットテーブル フィールド] フィールドで [すべて] を選びます。 次の画面に示すように、追加した [FlagURL] フィールドは利用可能です。
    FlagURL をホスト テーブルに追加する

    注記: 場合によっては、CIA.gov 世界 Factbook サイトで使用される α 2 コードがいくつかのフラグが正しく表示されないのは、 Hostsテーブルで提供されている正式な ISO 3166-1 α 2 コードと一致しないです。修正するには、および右フラグの Url を取得する項目ごとに影響を受けるの Excel では、 Hostsテーブルで直接次の置換をすることによってできます。そのPowerPivotは、自動的に Excel では、変更を検出し、DAX 数式を再計算は。

    • AT を AU に変更

スポーツの絵文字をデータ モデルに追加する

イメージにオリンピックの種目が関連付けられていると、Power View レポートはさらに関心を集めることができます。 このセクションでは、[競技] テーブルにイメージを追加します。

  1. インターネットを検索するには、Wikimedia Commons が、Parutakupiu が送信した各オリンピック競技の優れた絵文字は表示します。次のリンクでは、Parutakupiu から多くの画像を表示します。

    http://commons.wikimedia.org/wiki/user:parutakupiu

  2. ただし、個々のイメージを見ると、DAX を使ってイメージのリンクを自動作成するのに役立つような共通の URL 構造になっていません。 データ モデルに含まれている競技数を特定して、リンクを手動で入力するかどうかを判断する必要があります。 PowerPivot で [競技] テーブルを選び、PowerPivot ウィンドウの下部を参照します。 そこには、次の画面のように、レコード数が 69 と表示されています。
    Power Pivot には、レコード数が表示される

    69 のレコード数はそれほど多くないので、手動でコピーして貼り付けることができそうです。特にレポートを作成するときは、手動での作業は説得力を持ちます。

  3. 絵文字の URL を追加するには、[競技] テーブルに新しい列を追加する必要があります。 この処理を行うと、興味深い問題が発生します。[競技] テーブルは Access データベースをインポートしてデータ モデルに追加されたため、[競技] テーブルは PowerPivot にのみ表示され、Excel には表示されません。 ただし、PowerPivot では個々のレコード (行) にデータを直接入力できません。 この問題を解決するには、[競技] テーブルの情報に基づいて新しいテーブルを作成し、このテーブルをデータ モデルに追加して、リレーションシップを作成します。

  4. PowerPivot で [競技] テーブルの 3 つの列をコピーします。 これらの列を選ぶには、次の画面のように [競技] 列をマウスでポイントして、[スポーツ ID] 列までドラッグしてから、[ホーム]、[クリップボード]、[コピー] の順にクリックします。

    PowerPivot でフィールドをコピーする

  5. Excel で新しいワークシートを作成し、コピーしたデータを貼り付けます。 このシリーズの以前のチュートリアルと同様な手順に従って、貼り付けたデータをテーブルとして書式設定し、先頭行をラベルに指定してから、テーブルに競技画像という名前を付けます。 ワークシートにも "競技画像" という名前を付けます。

注: 完了したら、すべての手動で入力されたブックとはこのシリーズの最初のチュートリアルでダウンロードしたファイルの DiscImage_table.xlsx と呼ばれるです。簡単にするには、 は、ここをクリックしてダウンロードすることができます。実際のデータと同じような状況に適用できる、次の手順を説明します。

  1. [スポーツ ID] の横の列の先頭行に、「競技画像」と入力します。 この行を含むようにテーブルは自動的に拡張されます。 [競技画像] ワークシートは、次の画面のようになります。

    Excel でのテーブルの拡張

  2. Wikimedia Commons の絵文字に基づいて、各競技の URL を入力します。 入力済みのブックがダウンロードされている場合は、URL をコピーしてこの列に貼り付けることができます。

  3. 引き続き、Excel で [PowerPivot]、[テーブル]、[データ モデルに追加] の順に選んで、作成したテーブルをデータ モデルに追加します。

  4. PowerPivot の [ダイアグラム ビュー] で、[競技画像] テーブルの [競技 ID]フィールドを [競技画像] テーブルの [競技 ID] フィールドまでドラッグして、リレーションシップを作成します。

イメージを正しく表示するためのデータ カテゴリを設定する

Power View レポートでイメージを正しく表示するには、[データのカテゴリ] を [イメージの URL] に設定する必要があります。 PowerPivot データ モデル内のデータの型を判別します。この場合、自動選択されたカテゴリの後に、Suggested という語句が追加されますが、確認することをお勧めします。 確認してみましょう。

  1. PowerPivot で [競技画像] テーブルを選び、[競技画像] 列を選びます。

  2. 次の画面のようにリボンで [詳細設定]、[レポートのプロパティ]、[データ カテゴリ] の順に選び、[イメージの URL] を選びます。 Excel はデータ カテゴリを検出しようとします。検出されると、選択されたデータ カテゴリに (suggested) とのマークを付けます。

    Power Pivot のデータ カテゴリを設定する

これで、各競技に関連付けることができる絵文字の URL がデータ モデルには格納され、データ カテゴリが [イメージの URL] に正しく設定されました。

インターネット データを使ってデータ モデルを作成する

インターネットの多くのサイトで公開されているデータは、それが便利で信頼できるものである場合、レポートで使うことができます。 このセクションでは、人口に関するデータをデータ モデルに追加します。

データ モデルに人口情報を追加する

人口情報を含むレポートを作成するには、人口に関するデータを見つけて、データ モデルに追加する必要があります。 このような情報のソースとして便利なのが、Worldbank.org データ バンクです。 このサイトにアクセスすると、国または地域に関するあらゆる種類のデータを選び、ダウンロードできます。次のページをご覧ください。

http://databank.worldbank.org/data/views/variableSelection/selectvariables.aspx?source=world-development-indicators

Worldbank.org からはさまざまな方法でデータをダウンロードし、あらゆる種類の興味深いレポートを作成できます。 今は、データ モデルに含まれている国または地域の人口に関心があります。 次に、人口データに関する表をダウンロードして、データ モデルに追加します。

注: Web サイトはも変更 Worldbank.org にあるレイアウトを以下に記載されるよりも少し異なることがあります。または、既には、ここをクリックして、次の手順を使用して作成された Worldbank.org データを含むPopulation.xlsxという Excel ブックをダウンロードできます。

  1. 上記のリンクから worldbank.org Web サイトに移動します。

  2. [] の [ページの中央部] で [すべて選択] をクリックします

  3. [SERIES] で [population, total] を検索して選びます。 次の画面にこの検索のイメージを示します。矢印は検索ボックスを指しています。

    worldbank.org からデータ セットを選ぶ

  4. [TIME] で [2008] を選びます (数年前のデータですが、このチュートリアルで使っているオリンピック データと同じです)。

  5. これらを選んだら、[DOWNLOAD] ボタンをクリックし、ファイル タイプとして Excel を選びます。 ダウンロードしたブック名はわかりやすいものではありません。 ブックの名前を Population.xls に変更し、次の手順でアクセスできる場所に保存します。

これで、このデータをデータ モデルにインポートする準備ができました。

  1. オリンピック データが含まれた Excel ブックに新しいワークシートを挿入して、人口という名前を付けます。

  2. ダウンロードした Population.xls ブックを参照して開き、データをコピーします。 データセット内の任意のセルを選んだ状態で Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、すべての隣接データを選ぶことができます。 オリンピック ブックの [人口] ワークシートの A1 セルにデータを貼り付けます。

  3. オリンピック ブックに貼り付けたデータをテーブルとして書式設定し、人口という名前を付けます。 データセット内の任意のセル (A1 など) を選んだ状態で Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、すべての隣接データを選ぶことができます。Ctrl キーを押しながら T キーを押すと、データをテーブルとして書式設定できます。 データにはヘッダーがあるため、表示された [テーブルの作成] ウィンドウで [先頭行をテーブルの見出しとして使用する] チェックボックスをオンにします (この画面をご覧ください)。

    [テーブルの作成] ウィンドウ

    データをテーブルとして書式設定すると、多くの点で便利です。 テーブルに名前を割り当てて、識別しやすくすることができます。 また、テーブル間のリレーションシップを設定して、ピボットテーブル、PowerPivot、Power View で調査、分析することができます。

  4. 表ツール > デザイン] タブで、テーブル名フィールドに移動し、引数を母集団とテーブルの名前を入力します。人口データは、2008年」というタイトルの列にあります。点を考慮して直線、母集団に、2008年、母集団のテーブルの列を変更します。ブックは、次の画面のようになります。

    Excel に入力された母集団データ

    注記: 場合によっては、サイトがMedalsテーブルに記載された正式な ISO 3166-1 α 3 コードと一致しない Worldbank.org で使用される、国コードのことを意味一部の国地域の人口データを表示されなくなります。項目ごとに影響を受けるの Excel では、引数を母集団と表で直接次の置換をすることによって、修正できます。良い点は、そのPowerPivotでは、Excel での変更が自動的に検出します。

    • 勤務時間内に NLD を変更します。

    • SUI に CHE を変更します。

  5. 次の画面のように、Excel で [PowerPivot]、[テーブル]、[データ モデルに追加] の順に選んで、データ モデルにテーブルを追加します。

    新しいデータをデータ モデルに追加する

  6. 次に、リレーションシップを作成しましょう。 [人口] フィールド内の国または地域コードは、[medaru ] の [NOC_国地域コード] フィールドにある 3 桁のコードと同じです。 これらのテーブル間のリレーションシップは簡単に作成できます。 PowerPivot のダイアグラム ビューで [人口] テーブルをドラッグし、[メダル] テーブルの横に配置します。 [メダル] テーブルの [NOC_国地域コード] フィールドを [人口] テーブルの国または地域コード フィールドにドラッグします。 次の画面のようにリレーションシップが設定されます。

    2 つのテーブル間にリレーションシップを作成する

この作業はそれほど難しくありません。 これで、データ モデルには旗のリンク、競技イメージのリンク (これまでは絵文字と呼んでいました)、人口情報を示す新しいテーブルが含まれています。 あらゆる種類のデータが利用できるようになり、説得力のある視覚エフェクトを作成してレポートに含める準備がほぼ完了しました。

その前に、レポートで使わない一部のテーブルおよびフィールドを非表示にして、テーブルの作成を少し簡素化してみましょう。

レポート作成が簡単になるようにテーブルとフィールドを非表示にする

[メダル] テーブル内のフィールドの数に気がつきましたか。 レポート作成に使わないフィールドが多数あります。 このセクションでは、これらのフィールドの一部を非表示にして、Power View のレポート作成プロセスを効率化する方法について学びます。

この手順を確認するには、Excel で Power View シートを選びます。 次の画面に、[Power View フィールド] のテーブル一覧を示します。 この長いテーブル一覧から選びますが、多くのテーブルに、レポートで使うことがないフィールドが存在します。

Excel ブックで使用できるテーブルが多すぎる

基本となるデータの重要性は変わりませんが、テーブルおよびフィールドの一覧が極端に長いため、いくらか面倒が生じることがあります。 データ モデルから基本データを削除しなくても、ピボットテーブルや Power View などのクライアント ツール上でテーブルやフィールドを非表示にすることができます。

次の手順では、PowerPivot を使ってテーブルおよびフィールドの一部を非表示にします。 レポートを生成するために非表示にしたテーブルまたはフィールドが必要になった場合は、いつでも PowerPivot に戻って表示することができます。

注: 列またはフィールドを非表示にすると、これらの非表示テーブルまたはフィールドに基づくレポートやフィルターは作成できなくなります。

使用してテーブルを非表示にする PowerPivot

  1. PowerPivot で [ホーム]、[表示]、[データ ビュー] の順に選んで、ダイアグラム ビューでなくデータ ビューが選ばれていることを確認します。

  2. レポート作成に必要ないと思われるテーブル ([S_Teams (夏季チーム)] および [W_Teams (冬季チーム)]) を非表示にしてみましょう。 このチュートリアルの後半では、役に立つフィールドが 1 つしか含まれていないテーブルをいくつか使います。この場合の解決策方法も示します。

  3. ウィンドウの下部にある [W_Teams (冬季チーム)] タブを右クリックして、[クライアント ツールに非表示] を選びます。 次の画面に、PowerPivot で非表示テーブル タブを右クリックしたときに表示されるメニューを示します。

    Excel クライアント ツールからテーブルを非表示にする方法

  4. 他のテーブル [S_Teams (夏季チーム)] も非表示にします。 非表示テーブルのタブは、次の画面のように灰色で表示されます。

    Power Pivot で非表示の表タブが灰色表示されている

使用してフィールドを非表示にする PowerPivot

レポート作成に役立たないフィールドもいくつかあります。 基本データは重要な場合がありますが、ピボットテーブルや Power View などのクライアント ツールでフィールドを非表示にすると、レポートに含めるフィールドの移動と選択が簡単に行うことができるようになります。

次の手順では、さまざまなテーブルに含まれるフィールドのうち、レポートで不要なものを非表示にします。

  1. PowerPivot で [メダル] タブをクリックします。 次の画面のように、[開催年度] 列を右クリックして [クライアント ツールに非表示] をクリックします。

    右クリックして、Excel クライアント ツールからテーブルのフィールドを非表示にする

    列が灰色になり、非表示テーブルのタブと同様になります。

  2. クライアント ツールの [メダル] タブで、[種目の性別]、[メダル キー] フィールドを非表示にします。

  3. クライアント ツールの [種目] タブで、[種目 ID]、[競技分類 ID] フィールドを非表示にします。

  4. [競技分類] タブで [競技分類 ID] フィールドを非表示にします。

Power View シートおよび [Power View フィールド] を見ると、次の画面のようになっています。 これで管理しやすくなりました。

クライアント ツールでテーブルが少数になると、レポート作成が容易になる

クライアント ツールでテーブルおよび列を非表示にすると、レポート作成プロセスが円滑になります。 テーブルまたは列をいくつか、または必要な数だけ非表示にし、後で必要になったときにいつでも表示することができます。

データ モデルが完成したら、データを試すことができます。 次のチュートリアルでは、作成したオリンピック データおよびデータ モデルを使って、あらゆる種類の、興味深く、説得力のある視覚エフェクトを作成します。

チェックポイントと確認テスト

これまでの内容を復習する

このチュートリアルでは、インターネットベースのデータをデータ モデルにインポートする方法について学びました。 インターネット上には利用できるデータが多数存在するため、検索方法とレポートへの取り込み方法について理解しておくと、一連の情報を報告する際に便利です。

また、データ モデルにイメージを追加する方法や、DAX 数式を作成して、データ マッシュアップに URL を取り込むプロセスを円滑に行い、レポートで使う方法についても学びました。 さらに、テーブルやフィールドを非表示にする方法も学びました。この方法は、レポートを作成する必要があるときに、使わない可能性のあるテーブルやフィールドで乱雑にならないようにする際に役立ちます。 テーブルとフィールドを非表示にする機能は、特に、指定されたデータを基に他のユーザーがレポートを作成するときに便利です。

このシリーズの次のチュートリアルでは、すばらしい出来映えの Power View レポートを作成します。 これらのレポートは楽しく、対話的な操作ができ、ユーザーの創造性と想像力を最大限に活かすことができます。 オリンピック データ セットでも、作成できるレポートの数や種類はほぼ無制限です。

わくわくしてきませんか。 ここに示された次のチュートリアルのリンクを使うと、これらのレポートを自分で作成できます。

チュートリアル 5: を作成する効果的な Power View のレポート - パート 1

確認テスト

学習内容についてどれくらい理解できましたか? ここで理解度を確認できます。 次のクイズでは、このチュートリアルで学習した機能や要件について質問します。 答えはページの最後に示されています。 それでは挑戦してください。

質問 1: 次の方法のうち、データ モデルにインターネット データを取り込む際に有効なのはどれですか。

A: 情報をコピーし、生のテキストとして Excel に貼り付けます。貼り付けたデータは、自動的に取り込まれます。

B: 情報をコピーして Excel に貼り付け、テーブルとして書式設定し、[PowerPivot]、[テーブル]、[データ モデルに追加] の順に選びます。

C: インターネット データ リソースを示す URL を新しい列に読み込む DAX 数式を PowerPivot で作成します。

D: B と C の両方。

質問 2: 次の文のうち、Excel でデータをテーブルとして書式設定する場合に該当するものはどれですか。

A: テーブルに名前を割り当てて、識別しやすくすることができます。

B: データ モデルにテーブルを追加できます。

C: テーブル間のリレーションシップを設定して、ピボットテーブル、PowerPivot、Power View のデータを調査および分析できます。

D:上記すべて。

質問 3: 次の文のうち、PowerPivot でテーブルを非表示にした場合に該当するものはどれですか。

A: PowerPivot でテーブルを非表示にすると、データ モデルのデータが消去されます。

B: PowerPivot でテーブルを非表示にすると、クライアント ツールにテーブルが表示されなくなるため、このテーブルのフィールドをフィルター処理に使うレポートを作成できなくなります。

C: PowerPivot でテーブルを非表示にしても、クライアント ツールに影響はありません。

D: PowerPivot ではテーブルを非表示にできません。非表示にできるのはフィールドのみです。

質問 4: 次の文が正しいか、それとも間違っているかを答えてください。PowerPivot でフィールドを非表示にすると、PowerPivot 自体からもこのフィールドを参照またはアクセスできなくなります。

A: 正しい

B: 正しくない

クイズの正解

  1. 正答 D

  2. 正答 D

  3. 正答 B

  4. 正答 B

注記: このチュートリアル シリーズのデータおよびイメージは、次のデータが基になっています。

  • Guardian News & Media Ltd. のオリンピック データセット

  • CIA Factbook (cia.gov) の国旗イメージ

  • 世界銀行 (worldbank.org) の人口データ

  • Thadius856 および Parutakupiu 氏作成のオリンピック スポーツの絵文字

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×