チャネル管理のベスト プラクティス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

この記事では、チャネル管理に推奨されるチャネル メンバーシップの役割とベスト プラクティスについて説明します。

チャネル メンバーシップの役割

Office 365 ProPlus で常に新機能を利用できる利点はお客様に評価されていますが、既存のビジネス プロセスを壊さないように、製品を更新する頻度と新機能を検証する適切な時間について検討する必要があります。またその他にも、機能を運用環境前提で有効にする前に、ヘルプ デスクとエンド ユーザーのトレーニングに必要な時間もあります。お客様は、ソフトウェアと修正プログラムを初めて QA グループにリリースするときに、このプロセスを経験しています。QA グループは、すべてのビジネス グループとアプリという母集団の標本です。QA グループがソフトウェア/修正プログラムをインストールし、1 から 2 週間で悪影響が報告されなかった場合、IT チームは運用を組織全体にロールアウトします。

このプロセスは、複数の Office 365 クライアント チャネル ビルドを利用し、組織全体が新機能を導入する少なくとも 4 か月前に QA グループが新機能を導入するようにします。

適切なチャネル表現がある環境では、次の図を使用するをお勧めします。各グループOffice 365 ProPlus 展開および Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の内部設置型のソースの場所または Office CDN との内部設置元の場所の組み合わせを使用して管理することができます。さらに、パイロットおよび試作グループは半期チャネルビルドにリリースされる前に対処するために、異常または問題についてをすぐに報告する方法の手順が必要です。

チャネル リング

リング

チャネル

クライアント数

主な機能

役割

パイロット展開

月次チャネル

1% 未満

使用可能なすべてのチャネルにリリースする前に、新機能を評価します。

開発者、テスター、アプリケーション/アドイン所有者、IT および Office 365 の推進者、Office プロジェクト チーム メンバー、トレーニングおよびコミュニケーションの指導者。

プリプロダクション展開

半期チャネル (対象指定)

10% 未満

ビジネス グループの機能と職務の検証、IT および Office 管理者への直接的なフィードバックの提供。

開発者、テスター、トレーニングおよびコミュニケーションの指導者、ビジネス グループの推進者、各ビジネス グループの指定されたエンド ユーザー。

運用展開

半期チャネル

- 89%

エンド ユーザーの運用。

パイロット グループまたはプリプロダクション グループに含まれていなかったすべてのエンド ユーザー。

更新プログラム管理の概要

このセクションでは、実装Office 365 ProPlus ビルドを発行するプロセスを自動化する方法について説明します。既定では、各クライアント半期チャネル更新チャンネル メソッドを使用して Office CDN から分離に設定されます。クライアントが、指定された更新プログラムのパスをチェックし、新しいバージョンがない場合は、それはそのままです。新しいバージョンがある場合、クライアントは自体と更新の場所の構築の差を計算、データを圧縮し、更新に転送を開始バイナリ デルタを実行します。Office がバック グラウンド インテリジェント転送サービス (ビット) を使用して Office の CDN; からダウンロードする場合は、帯域幅を制御するには一般法ファイル共有からダウンロードする場合は、ビットは適用されません。クライアントでは、管理者の権限を更新するのには必要はありません。Office では、スケジュールされたタスクを使って定期的に更新プログラムをチェックし、タスク スケジューラで確認できます。

チャネル管理

Office CDN から直接更新する場合、チャネル管理はクラウド サービスから管理されます。つまり、Office クライアントは、チャネル メンバーシップに基づいて Office の適切なビルドを取得します。

Office の更新エンジンことはできません。 チャネルを区別します。ビルド番号が決定します。社内の修正を制御する場合強くお勧め以下のセクションを確認すること Office クライアントの Office CDN から適切なチャンネルの管理がないためです。ありませんチャンネル周知 Office クライアントで更新元はオンプレミスで管理されている場合。これは、更新エンジン取得最新利用可能なビルド v32.cab ファイルで提供されていることを意味します。更新プログラムを管理する際Office 365 ProPlus、考慮事項、計画、および組織は、Office クライアントが正しいチャネルを受信するかどうかを確認する必要は慎重に設置型を作成します。

Office CDN による更新プログラムの管理

修正プログラムに Office CDN を使用してテストおよび展開プロセスを完全に自由化するには、次の手順が推奨されます。

  1. 特定し、 月次チャネルを使用するパイロット グループを構成します。

  2. 特定し、運用前または半期チャネル (対象指定)を使用する q & A のグループを構成します。

  3. 生産半期チャネルを使用するグループを他のすべてのクライアントを構成します。

  4. すべてのグループが Office CDN から更新プログラムを直接受け取るように構成します。

  5. さまざまなチャネルの新しいビルドがリリースされると、スケジュールされたタスクを使用して、更新プログラム メカニズムによって最新のビルドが自動的にダウンロードされます。

  6. パイロット グループとプリプロダクション グループには、通常どおりに Office を使用し、問題や懸案事項が発生した場合は直ちに報告するように指示します。

オンプレミスの更新プログラムの管理

Office CDN から更新プログラムを直接採用できるネットワーク領域が組織にない場合、オンプレミスのソースの場所でビルドをホストすることができます。

注: オンプレミスでビルドをホストすると、Office クライアントは適切なチャネル管理を制御できなくなるので、更新エンジンでは、関連するチャネル メンバーシップではなく、入手できる最新のビルドが選択されます。

ビルドの公開日はさまざまなので、1 か月に数回はビルドの更新プログラムを確認することをお勧めします。特定のチャネルで入手できる新しいビルドがあるかどうかを Office CDN で確認する自動タスクを作成することができます。自動タスクで確認する場合、ビルドのソース ファイルを指定した場所にダウンロードできます。管理者は新しいダウンロード ソース ファイルを取得し、適切なチャネル メンバーシップ グループに配布することができます。

更新プログラム チャネルの切り替え

チャンネルの更新プログラムを切り替える場合、完全な delta 変更を考慮する慎重に計画する必要があります。100% ファイル デルタがインストールされているためチャンネルの切り替えはお勧めしません。切り替え中にチャンネルが 1.2 GB の場合は、[ネットワークの帯域幅の場合は、完全な 1.2 GB が表示されるローカルにインストールする場合 (700 800 GB Office CDN を使用している場合)。アンインストールしてから再インストールします。 必要はありません。ただし、ネットワークに影響は、新しいインストールと同じです。更新チャンネルの切り替えのタスクには、既存の展開インフラストラクチャを使用する必要があります。

更新プログラム チャネルを切り替える手順については、「ベスト プラクティス: チャネル管理」を参照してください。

半年チャネルの帯域外の構築

Microsoft を解放する - 域外ビルド半期チャネルの見積もりのリリース スケジュールの外部でします。この場合、展開管理者が-域外ビルドおよび展開するか、バンド ビルドの出力をスキップするかどうかを評価をお勧めします。

展開に必要と思われる場合は、前述した展開手順と同じ手順に従い、通常どおりに処理します。それ以外の場合は、帯域外のビルドをスキップし、リリースされた帯域外の月例の修正プログラム ビルドを展開します。

ロールバックまたはダウングレードの戦略

ロールバックまたはダウングレードの戦略は、新しい Office 365 ProPlus のビルドによってサービスが中断する、という可能性が低いイベントに備えて計画することをお勧めします。更新エンジンではダウングレードを実行できますが、ロールバック先の旧ビルド番号を指定してロールバックを指示する必要があります。対象のバージョンが指定されていない場合、Office 365 ProPlus クライアントはダウングレードを完了できません。

更新シナリオと同様に、ロールバックでは、クライアント チャネルのメンバーシップを考慮する必要があります。ダウングレードの場合、クライアントの現在のチャネル メンバーシップと、指定された現在のチャネル メンバーシップとターゲット ビルド バージョンの関係を尊重して、チャネル メンバーシップを保守します。指定されたターゲット バージョンが、クライアントが現在使用しているチャネルと異なるチャネルの場合、ダウングレードは成功し、別のチャネルへのダウングレード時に完全な差分が実行されます。

OfficeC2RClient.exe 更新エンジンを使用してロールバックを実行する方法のガイダンスについては、「ベスト プラクティス: チャネル管理」を参照してください。

グループ ポリシーの管理

Office 365 ProPlus の更新設定を構成するには、Office 2016 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) を組み込むことをお勧めします。

注: Office 365 ProPlus を管理するためにグループ ポリシー設定を使用すると、グループ ポリシー設定は、インストール XML と Office 展開ツールに設定されている構成設定よりも優先されます。そのため、インストール XML と Office 展開ツールで指定される設定に追加の強制としてグループ ポリシー設定を使用することをお勧めします。

次のグループ ポリシー オブジェクトを使用して Office 365 ProPlus を管理できます。

更新設定

グループ ポリシーの設定

更新が自動的に実行されるように設定する

自動更新を有効にする

更新プログラムを検索する場所を指定する

更新パス

更新後の Office 365 ProPlus のバージョンを指定する

ターゲット バージョン

更新プログラムの適用期限を設定する

更新期限

更新通知をユーザーに表示しない

更新通知を非表示にする

Office の自動更新を有効または無効にするオプションを非表示にする

更新を有効または無効にするオプションを非表示にする

グループ ポリシーを使用した更新プログラムの管理、Office 展開ツールの構成オプションを使用した Office 365 ProPlus 更新設定の管理については、「Office 365 ProPlus の更新設定を構成する」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×