チケットや割引券に追跡番号を付加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

チケットや販促用割引券の導入は新規顧客やリピーターの確保につながるため、マーケティング戦略において重要な役割を果たします。しかし、ビジネスの発展にどれだけ貢献しているかを判断するには、どうすれば良いのでしょうか。マーケティングに費やす時間と費用を最大限に活用するため、マーケティングの効果を追跡することによって、どの種類の顧客にどのようなマーケティング戦略を適用すると効果的かを判断する必要があります。

チケットや割引券などのマーケティング要素の効果を追跡する最も簡単な方法として、配布するチケットや割引券に追跡番号または追跡コードを付加することが挙げられます。チケットや割引券が使用されると、この追跡番号を使用して、顧客の反応を記録して分類することができます。

このトピックでは、Microsoft Office Publisher で作成したチケットや割引券に追跡番号を付加する方法を説明します。

このトピックの内容

[確認する方法

追跡番号が記載されたデータ ソースを作成します。

Publisher を使用してチケットや割引券を作成するには

差し込み印刷を使って、文書に追跡コードを追加するには

追跡の方法

追跡情報を文書に組み込む場合、2 とおりの方法をとることができます。たとえば、次のいずれが可能です。

  • チケットに一意の番号を付加する     チケットごとに一意の番号を使用することによって、いつ、だれが、どんな製品やサービスにチケットを使用したかを追跡できます。また、一意の追跡番号を付加することによって、そのチケットが複製されたり、2 回以上使用されたりしていないか確認することができます。

  • 割引券に特定のコードを付加して顧客の反応を追跡する     各マーケティング用メッセージ、広告、宣伝に異なるコードを付加します。このコードにより、顧客がどのようにして製品やサービスの情報を入手したかがわかります。どのような顧客がどの点に注目して製品やサービスを利用したかがわかれば、今後のマーケティング戦略に焦点を合わせることができるようになります。

一意の追跡番号があるチケット

注: 入場券、くじ引き券、納品書など、その他の種類の文書に連続番号を付加する必要がある場合にも、同じ方法を使用できます。

ページの先頭へ

追跡番号のリストを格納したデータ ソースを作成する

差し込み印刷でまとまった枚数のチケットや割引券に追跡番号を付加するには、追跡番号のリストを列に格納したデータ ソースを作成する必要があります。追跡番号のみを文書に付加する場合は、追跡番号のためのデータ ソースを作成します。顧客名や住所など、その他の情報も差し込み印刷で文書に挿入する場合は、使用する名前や住所のデータ リストを格納したデータ ソースに、追跡番号の列を追加することができます。

Microsoft Office Publisher、Microsoft Office Excel、Microsoft Office Access、Microsoft Office Outlook、または Microsoft Office Outlook with Business Contact Manager を使用して、差し込み印刷プロジェクトのデータ ソースを作成できます。 ただし、チケットや割引券の追跡コードとして使用する一意の連続番号を大量に作成する場合は、Excel を使用すると、番号リストをすばやく生成できます。

Excel を使用して一意の追跡番号のリストを作成する

  1. Microsoft Office Excel で、新しい Excel ワークシートまたは既存の Excel ワークシートを開きます。

  2. 追跡番号を追加する列の最初のセルに、「追跡番号」などのラベルを入力し、Enter キーを押して下の行に移動します。

  3. 列の 2 番目のセルに、連続する追跡番号の最初の番号を入力します。たとえば、「1,000」のように入力します。

  4. その下のセルに、上のセルで入力した番号に 1 をたした番号を入力します。たとえば、「1,001」のように入力します。

    これで、作成する一連の番号のパターンが設定されます。

  5. 番号を入力した 2 つのセルを選択します。

  6. コピーするセルの範囲全体で フィル ハンドル を処理する塗りつぶしをドラッグします。

  7. 必要な追跡番号の入力がすべて完了したら、ファイルを保存します。

定義済みの追跡コードをデータ ソースに追加する

顧客の反応を追跡して分類するための一連のコード番号が既に定義されている場合は、その番号を、差し込み印刷に使用するデータ ソースの列に入力することができます。

  1. Microsoft Office Excel で、新しい Excel ワークシートまたは既存の Excel ワークシートを開きます。

  2. データを入力する列の最初のセルをクリックします。

  3. 追跡コード」などのラベルを入力し、ENTER キーを押して下の行に移動します。

  4. 追跡コードを入力し、Enter キーを押して下の行に移動します。

  5. 使用するすべての追跡コードの入力が完了するまで、この手順を繰り返します。

    注: 特定の追跡コードを共用するチケットまたは割引券を複数枚作成する場合は、列内に同じ番号を複数回入力することもできます。

  6. 必要な追跡コードの入力がすべて完了したら、ファイルを保存します。

ページの先頭へ

Publisher を使用してチケットや割引券を作成する

Publisher を使用してチケットや割引券を作成するには、次のいずれかの方法を使用できます。

あらかじめデザインされたチケット文書を使用する

  1. Publisher を起動します。

  2. [文書の種類] の一覧で、[チケット] をクリックし、使用するデザインをクリックします。

  3. 文書に必要な変更を加えてカスタマイズします。たとえば、異なる配色やフォント セットを選択できます。

  4. [作成] をクリックします。

  5. プレースホルダ テキストやプレースホルダ画像を独自の情報に置き換えるには、次のいずれかの操作を行います。

    • プレースホルダ テキストを置き換えるには、プレースホルダ テキストをクリックし、テキストを入力します。

      ほとんどの場合、テキストのサイズはテキスト ボックス内に収まるように自動的に変更されます。テキストのサイズを指定するには、テキスト ボックスをクリックします。次に、[書式] メニューの [文字サイズの自動調節] をポイントし、[自動調整なし] をクリックします。テキストを選択し、ツールバーの [フォント サイズ] ボックスの一覧で目的のフォント サイズをクリックします。

      注: 勤務先情報セットを既に作成している、ロゴ、ビジネス用連絡先情報が自動的に置き換えプレース ホルダーのテキストの一部。詳細については、作成、変更、または、ビジネス情報のデータを削除するを参照してください。

    • 文書のスタイルは変更しないで、プレースホルダ画像を独自の画像に置き換えるには、プレースホルダ画像をマウスの右ボタンでクリックし、[図の変更] をポイントして、新しい画像の挿入元を選択します。

      画像をマウスの右ボタンでクリックしたときに [図の変更] が表示されない場合は、もう一度画像をクリックし、画像を囲む灰色の円が表示されてから、画像をマウスの右ボタンでクリックしてください。

      注: 画像のサイズ変更、移動、およびその他の操作の詳細については、Publisher のヘルプを参照してください。

  6. 希望どおりのチケットになったら、ファイルを保存します。

文書をゼロから作成する

チケットや割引券を最初からデザインする場合は、白紙の文書から始めることもできますが、既存の文書を基にして作成することもできます。名刺、はがき、ラベルなどの小さい文書を割引券に作り変えることができます。また、チラシや 3 折パンフレットをチケットに作り変えることもできます。

  1. Publisher を起動します。

  2. [文書の種類] の一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • 白紙の文書から始める場合は、[白紙のページ サイズ] をクリックし、目的のサイズをクリックします。

    • 特定の文書のデザインを基にして作成する場合は、使用する文書の種類をクリックし、目的のデザインをクリックします。

    • [ユーザー設定] で、必要な変更を加えます。

  3. [作成] をクリックします。

  4. 文書に、必要なテキスト、画像、およびその他のオブジェクトを追加します。

    テキスト、画像、およびオブジェクトの操作方法の詳細については、Publisher のヘルプを参照してください。

  5. 希望どおりの文書になったら、ファイルを保存します。

ページの先頭へ

差し込み印刷を使用して文書に追跡コードを付加する

データ ソースの追跡番号リストの準備と文書のデザインが完了したら、追跡番号リストを文書に差し込んで、1 枚ごとに一意の追跡番号が付加されたチケットや割引券を作成できるようになります。

この差し込み印刷プロジェクトでは、次の 4 つの手順を必要とします。

  1. 接続のギフト券または割引券、データ ソースにします。

  2. 追跡番号情報のプレース ホルダーとして文書にデータ フィールドを挿入します。

  3. 差し込みをプレビューするレイアウトを調整するには

  4. 差し込み印刷文書を作成またはチケットや割引券データ ソースの追跡番号を表示するの一括して印刷を印刷します。

文書をデータ ソースに接続する

  1. 追跡番号のリストが格納されたデータ ソースを保存して閉じます。

  2. Publisher で作成したチケットまたは割引券の文書を開きます。

  3. [ツール] メニューの [宛名/カタログ] をポイントし、[差し込み印刷] をクリックします

  4. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[アドレス帳の作成] の下の [既存のリストを使用] をクリックし、[次: アドレス帳の作成、またはアドレス帳に接続] をクリックします。

  5. [データ ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、追跡番号が格納されているデータ ソースを探し、そのファイルを選択して [開く] をクリックします。

    注: 既定では、最初に [My Data Sources] フォルダが開きます。[My Data Sources] フォルダ以外の場所にデータ ソースを保存した場合は、データ ソースを保存した場所を参照します。

  6. データ ソースが Excel ワークシートである場合は、[テーブルの選択] ダイアログ ボックスの一覧から目的のワークシートを選択します。

  7. [差し込み印刷の宛先] ダイアログ ボックスで、差し込む追跡コードを選択できます。差し込むレコードのチェック ボックスをオンにし、差し込みから除外するレコードのチェック ボックスをオフにします。

    リストに含まれるエントリのうち一部だけを使用する場合は、特定のフィールドまたは条件でリストをフィルタします。リストをフィルタした後は、チェック ボックスを使用して、差し込むレコードと差し込みから除外するレコードを指定できます。

    リスト内のアイテムをフィルター処理します。

    1. フィルタを適用する列の見出しの先頭にある矢印をクリックします。

    2. 次のいずれかをクリックします。

      • [(データなし)] をクリックすると、対応するフィールドが空白のレコードがすべて表示されます。

      • [(データあり)] をクリックすると、対応するフィールドに情報が含まれているレコードがすべて表示されます。

      • [(詳細)] をクリックすると、複数の条件でフィルタを適用できる [フィルタと並べ替え] ダイアログ ボックスが開きます。[フィルタと並べ替え] ダイアログ ボックスは、[差し込み印刷の宛先] ダイアログ ボックスで [アドレス帳の絞り込み] の [フィルタ] をクリックして開くこともできます。

        ヒント: データ ソースに同じデータが格納されたレコードが複数ある場合、その列内のデータが 10 種類以下であれば、データを指定して抽出することができます。たとえば、国/地域のデータとして「オーストラリア」が格納されたレコードが複数ある場合は、「オーストラリア」で抽出することができます。

        [差し込み印刷の宛先] ダイアログ ボックスには、指定されたレコードのみが表示されます。すべてのレコードをもう一度表示するには、[(すべて)] をクリックします。

    リストのアイテムを並べ替える

    1. [差し込み印刷の宛先] ダイアログ ボックスで、並べ替えるアイテムの列見出しをクリックします。

    2. すべてのアイテムをすばやく選択または選択解除するには、列見出しのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

    3. 複数の条件を使って並べ替えるには、[差し込み印刷の宛先] ダイアログ ボックスの [アドレス帳の絞り込み] で、[並べ替え] をクリックします。[フィルタと並べ替え] ダイアログ ボックスで、並べ替えに使用する条件を選択します。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [差し込み印刷] 作業ウィンドウの下部にある [次 : 差し込み文書の作成] をクリックします。

文書にデータ フィールドを挿入する

使用するデータ ソースに文書を接続したら、文書内で追跡番号を表示する場所にデータ フィールドを挿入できます。

  1. 差し込み印刷を行う文書で、追跡番号のデータ フィールドを挿入する場所をクリックします。データ フィールドの挿入場所にテキスト ボックスがない場合は、先にテキスト ボックスを作成する必要がある場合があります。

  2. [差し込み印刷] 作業ウィンドウの [文書の準備]の下の一覧で、データ ソース内の追跡番号の一覧の列見出しに対応するフィールドの名前を見つけます。たとえば、 Numb 追跡er列見出しとして一覧で使用した、スプレッドシート内の追跡番号場合、は、追跡番号を検索します。テキスト ボックスを作成するには、追跡番号フィールドをドラッグします。

  3. データ ソース内の他のデータ (顧客の氏名や住所など) 用のデータ フィールドを挿入する場合は、それらのフィールド名を文書にドラッグします。

  4. データ フィールドの書式設定で差し込みデータの外観を変更する場合は、そのフィールドを選択し、[書式] メニューの [フォント] をクリックして、必要なオプションを選択します。

  5. すべてのデータ フィールドを挿入したら、文書を保存します。

差し込み結果のプレビューを表示する

差し込みを完了する前に、差し込み結果のプレビューを表示して、追跡番号が希望どおりに文書に表示されることを確認してください。差し込み結果のプレビューは、2 とおりの方法で表示できます。レイアウトを微調整しているときは、個々の割引券またはチケットのレイアウトのプレビューを表示し、印刷の準備をしているときは、印刷用紙上での割引券またはチケットの配列のプレビューを表示します。

割引券またはチケットのレイアウトのプレビューを表示する

データ ソース内の最初のレコードのデータがデータ フィールドに読み込まれます。ナビゲーション ボタンを使用すると、データ ソース内の残りのレコードのデータによるプレビューを表示できます。

  1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、文書内の他のデータ ソースからエントリの外観を確認するナビゲーション ボタン 転送ボタン [戻る] ボタン ] をクリックします。

    ここではデータ ソースのエントリを編集することはできませんが、データ フィールドの書式設定、移動、または削除を実行することにより、データの書式設定、位置の移動、または文書からの削除を行うことができます。

  2. 番号の一部が表示されない場合は、書式設定と文書のレイアウトを調整します。たとえば、追跡番号を表示するデータ フィールド用のテキスト ボックスを大きくする必要がある場合や、データ フィールドのフォント サイズを小さくする必要がある場合があります。

  3. プレビューの表示に問題がなければ、作業ウィンドウの下部にある [次 : 差し込み文書の作成] をクリックします。

印刷用紙のプレビューを表示する

差し込み結果のプレビューで、印刷前の差し込み文書の最終チェックを行うことができます。

  1. [ファイル] メニューの [プリンタの設定] をクリックします。

  2. [プリンタの設定] ダイアログ ボックスで、[用紙 1 枚に複数ページ] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[差し込み印刷文書の作成] の下の [印刷プレビュー] をクリックし、チケットまたは割引券の用紙にデータが正しく配置されていることを確認します。

  4. [閉じる] をクリックして印刷プレビュー ウィンドウを閉じます。

差し込み文書を印刷する

  1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[差し込み印刷文書の作成] の下の [印刷] をクリックします。

  2. [印刷] ダイアログ ボックスで、必要な印刷オプションを選択して [OK] をクリックします。

  3. [ファイル] メニューの [保存] をクリックして、文書を保存します。

    注: 保存する文書は、印刷した一連の割引券またはチケットではないことに注意してください。保存するのは、データ ソースへの接続とプレースホルダ フィールドが設定された文書です。この文書を保存しておくと、必要なときに別の一連の割引券またはチケットをすばやく作成できます。この文書では、接続先のデータ ソースへのリンクが保持されているため、プレビュー手順にすぐに進むことができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×