チェック マークを挿入する

PowerPoint でチェック マーク (または目盛) を使用して、プレゼンテーションの重要ポイントを強調できます。これらの記号は、スライド内のテキストを分解して、情報を整理し、視聴者の注意を引きつけます。チェック マークを挿入する最も簡単な方法は、Wingdings フォントを使うことです。

この記事の内容:

ツール バーからチェック マークを挿入する

  1. スライドのテキスト ボックスにカーソルを移動します。

    この方法でチェック マークを挿入するには、カーソルがテキスト ボックス内にある必要があります。必ず、チェック マークを表示する場所にカーソルを置きます。

  2. リボンの [挿入] タブをクリックし、[記号と特殊文字] をクリックします。

    [記号と特殊文字] は [挿入] タブにあります。
  3. [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスで、[フォント] ドロップダウン メニューをクリックして開きます。[Wingdings] を選択します。

    [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスの [フォント] メニューをスクロールして、目的のフォントを探すことができます。
  4. [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスの右側にあるスクロール バーを使用して、記号と特殊文字の最後の行までスクロールします。チェック マークだけまたはボックス付きのチェック マークをクリックします。

    ヒント:    文字コードを個別に入力してこれらの記号を探すこともできます。下部にある [文字コード] ボックスに、チェック マークだけの場合は「252」を、チェック マーク付きのボックスの場合は「254」を入力します。

    [文字コード] フィールドで記号を指定することもできます。
  5. 使用するチェック マークを選んで、[挿入] をクリックします。カーソルを配置したテキスト ボックスにチェック マークが表示されます。

    ヒント:   PowerPoint は、簡単に使用できるように前の記号を保存します。[挿入]、[記号と特殊文字] の順にクリックし、[記号と特殊文字] ダイアログ ボックスの下部にある [最近使用した記号] でチェック マークを探します。

ページの先頭へ

キーボード ショートカットを使用してチェック マークを挿入する

キーボード ショートカットを使って記号を挿入できます。コンピューターにテンキーが付いている必要があります。また、必要な場合は Num Lock を有効にします。

  1. チェック マークを追加するスライドのテキスト ボックス内にカーソルを置きます。

  2. [ホーム] タブの [フォント] ドロップダウン メニューで、[Wingdings] を選びます。

    [ホーム] タブの [フォント] ドロップダウン メニューを使用して、目的のフォントを検索できます。
  3. キーボードで、Alt キーを押しながら、入力する記号のコードを入力します。

    • チェック マークだけ チェック マーク の場合は、Alt キーを押しながら「0252」と入力します。

    • チェック マーク付きのボックス オンになったボックス の場合は、Alt キーを押しながら「0254」と入力します。

    ヒント:    同じ手順を使用して、任意の数の記号を PowerPoint プレゼンテーションに挿入できます。

ページの先頭へ

チェック マークまたはチェック マーク付きボックスを箇条書きに挿入する

チェック マークやチェック マーク付きボックスを箇条書きで使用することもできます。

  1. テキスト ボックス内にカーソルを置きます。

  2. [ホーム] タブの [箇条書き] アイコンをクリックしてドロップダウン メニューを開きます。

    [箇条書き] アイコンは [ホーム] タブにあります。
  3. [箇条書きと段落番号] をクリックします。

    [箇条書き] ダイアログ ボックスの下部にある [箇条書きと段落番号] をクリックします。
  4. [箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスで、[ユーザー設定] をクリックします。[記号と特殊文字] ダイアログ ボックスが開きます。

    [箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスで、[ユーザー設定] をクリックします。
  5. [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスで、[フォント] ドロップダウン メニューをクリックして開き、[Wingdings] を選択します。

    [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスの [フォント] メニューをスクロールして、目的のフォントを探すことができます。
  6. 右側のスクロール バーを使用して、記号と特殊文字の最後の行まで下にスクロールします。目的に応じて、チェック マークだけ、またはチェック マーク付きのボックスの記号を選びます。[挿入] をクリックします。

  7. [箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックしてスライドに記号を挿入します。

スライドに既にあるテキストに対して箇条書きを作成することもできます。それには、テキストを強調表示にしてから、[箇条書き] アイコンをクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×