チェック マーク、またはその他の記号と特殊文字を挿入します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Word 文書、PowerPoint プレゼンテーション、および Excel ブックでチェック マーク (とも呼ばれる「目盛り」)、分数、またはその他の記号と特殊文字を簡単に挿入できます。

記号、分数、特殊文字、または国際文字を挿入するときに理解して最も重要な点は、使用するフォントが重要なことです。すべてのフォントは、これらの同じ文字を必要、たとえば象フォントがなし分数文字に Verdana はします。実行結果としてすることが重要記号または文字を検索する適切なフォントを使用します。

挿入するしますか。

ASCII を使用するか、キーボードから文字を挿入するのには、Unicode 文字コードを参照してください:チェック マークまたは ASCII または Unicode 文字コードを使用してキーボードを使うと、その他の記号を挿入します。

これらの記号は、静的な記号です。チェックに進んでクリックするか、オフにする対話型のチェック ボックスを探している場合を参照してください: Word でチェックリストを作成または追加する] チェック ボックスまたはオプション ボタン (Excel)

(¥) 通貨、音楽 (♫)、またはチェック マーク (✔) などの記号します。

  1. ファイルの記号を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [挿入] タブで、[記号と特殊文字] をクリックします。

    [挿入] タブの [記号と特殊文字] コマンド
  3. 表示されたそのギャラリーで目的の記号が表示された場合はクリックして挿入します。それ以外の場合、[記号と特殊文字] ダイアログ ボックスを開くには、その他の記号] をクリックします。

    Wingdings フォントの一部として使用可能な特殊文字の一覧。
  4. 検索の記号を挿入する上下にスクロールします。

    別のフォント セットは、これらの異なるシンボルを保持する多くの場合、最も頻繁に使われる記号と特殊文字Segoe UI Symbolフォントに設定されます。記号と特殊文字] ボックスの一覧の上にある [フォント] セレクターを使用すると、参照するフォントを選択します。

  5. 目的の記号が見つかったら、それをダブルクリックします。ファイル内の記号が挿入されます。できます] をクリックする閉じるしない限り、その他の記号を挿入します。

ヒント: 記号を拡大または縮小する場合は、選択して、フォント サイズの設定を使います。

多くの場合、同じ記号と特殊文字を挿入する場合、挿入するには、[オート コレクトの設定を検討してください。ここでは、さらに詳しい情報を見つけることができます。チェック マークやオート コレクトを使用して他の記号を挿入します。

全角ダッシュやセクション記号 () などの特殊文字

  1. 特殊文字を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入]、[記号]、[その他の記号] の順にクリックします。

  3. [記号と特殊文字] ダイアログ ボックスで、[特殊文字] タブをクリックします。

    [特殊文字] タブで、[改行をしないスペース] 行をクリックして強調表示し、[挿入] をクリックします。
  4. 挿入する文字をダブルクリックします。

    ヒント: 多くの特殊文字により、それらに関連付けられているショートカット キーがあります。今後、特殊文字を挿入する場合は、ショートカット キーを押します。Alt キーと ctrl キーを押しながら C では、たとえば著作権記号 (©) を挿入します。

  5. 特殊文字の挿入が完了したら、[閉じる] をクリックします。

分数 (1/3, 2/5)

一部の分数 (1/4、1/2、3/4) が自動的に切り替える (¼、½ ¾) を分数文字を入力するとします。そうでない他のユーザー (1/3、2 3/1/5 など)、記号の挿入を使用する必要がありますプロセスの記号を挿入されている場合は、します。

  1. 分数を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入]、[記号]、[その他の記号] の順にクリックします。

  3. [種類] ドロップダウン メニューで [数字の形] を選びます。

    [種類] ダイアログ ボックスで分数とその他の数式記号を表示する数字の形を選択します。

    注: すべてのフォントでは、番号フォームのサブセットがあります。フォントを使用できる番号フォームの一部が表示されない場合は、Calibri などの別のフォントを使用して、分数文字を挿入する必要があります。

  4. 分数を挿入する] をダブルクリックします。

  5. [閉じる] をクリックします。

一般的な分数の少なくがある、記号と特殊文字を置き換えることができます。8/9 など、その他の特殊な分数の記号を概算するには、上付き文字と下付き文字として分母分子を設定します。詳細については、「テキストを上付き文字と下付き文字を挿入する」を参照してください。

¿や ü などの国際文字

多くの場合、他の言語で入力する場合は、その言語にキーボード レイアウトを切り替えることを検討してください。に関する詳細を有効にするかキーボード レイアウトの言語を変更することがあります。

1 回限りの文字はほとんど常にショートカット キーには、その Office でされます。例えば:

  • CTRL キーを押しながら SHIFT キーを押しながら ALT キーを押しながらですか?¿を挿入します。

  • Ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら ~ に続く「を」挿入 ã します。

  • Ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら: に続く"u"は ü が挿入されます。

キーボードを使用して文字を挿入する、完全なガイドを参照してください:国際文字のショートカット キー

チェック マークまたは ASCII または Unicode 文字コードで、キーボードを使うその他の記号を挿入します。

キーボード ショートカットとして、記号の文字コードを使用することもできます。記号と特殊文字は、ASCII または Unicode のコードを使用して挿入するか。どのような場合があることがわかります文字のコードを検索します。

  1. リボンの [挿入] タブに移動し、[記号と特殊文字] をクリックして >その他の記号] ダイアログ ボックスの記号を挿入すると同じようにします。

  2. または、目的の記号を検索するのには、リストの下にスクロールします。ノートのフォントまたはサブセットを探し、それを変更する必要があります。

    ヒント: Segoe UI Symbol フォントには、選択 Unicode 記号の非常に大きなコレクションがあります。

  3. 右下に向かって文字コードをボックスを表示するされますとから:します。文字コードは、キーボードからこの記号を挿入する内容を入力してから:は文字の種類が表示されます。場合から: "Unicode (16 進)"は Unicode 文字があるというメッセージが表示されます。場合から: 「記号 (小数点)」と表示される、ASCII 文字。

[フィールドからでは、Unicode の記号があります。
Unicode

Unicode

[フィールドのでは、これには、ASCII 記号と特殊文字を

ASCII

ASCII

Unicode 文字を挿入します。

  1. Unicode 記号を挿入する文字コードを入力します。

  2. コードを [記号と特殊文字に変換するのには alt キーを押しながら X キーを押します。

ヒント: 

  • 文字が表示されない場合は、期待どおり、選択された正しいフォントがあるかどうかを確認します。

  • 別の文字の直後に、Unicode 文字を配置する場合などの文字の直後に 0300 コードを配置する「、」この"a0300"単語と考えするようにしようとしている"a0300"- 5 文字コードを使用して文字を挿入します。実際には、文字に変換され、0300 だけを作成する場合何ができる選択マウスで 0300 alt キーを押しながら X キーを押す前にします。Word がのみ、選択した文字列に変換する - 0300 の文字をし (この例で「à」) ̀̀̀ します。

ASCII 文字を挿入します。

注: 

  • 数字を入力するには、キーボードのテンキーを使う必要があります。キーボードの上部にある数字キーでは入力できません。数字を入力するときは、Num Lock キーがオンになっていることを確認してください。

  • 4 桁のすべての ASCII 文字コードが表示されます。目的の文字のコードが 4 桁の数字を未満の場合は、右の長さを取得先頭にゼロを追加する必要があります。例: 249 0249 として入力します。85 は 0085 などと入力します。

  1. [ホーム] タブの [フォント] グループで、フォントを [Wingdings] に変更します。

    [フォント] セレクターで展開 Wingdings フォントを選択します。
  2. ALT キーを押しながらテンキーの文字コードを入力します。4 桁の長さを取得する必要がありますの先頭に 0 を追加してください。例: ALT + 0252 はチェック マーク記号を挿入します。

重要: 手順 1 を省略しないでください。省略すると、コードを入力しても正しい文字にならない可能性があります。

[記号と特殊文字を挿入した後、以前のフォントにフォントを変更することを確認します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×