チェック ボックスを挿入する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートにする] チェック ボックスを挿入するには、ユーザーは、true または false の値をすばやく入力できるようにします。

この記事の内容

チェック ボックスを使用します。

チェック ボックスを挿入します。

レイアウトのヒント

チェック ボックスを使用します。

たい場合は、1 つまたは複数のチェック ボックスを使用します。

  • True または false を指定するユーザーを有効にするまたは"はい/いいえ"を選択します。

  • True または false またははい/いいえデータベース、Web サービス、またはその他のデータ ソースから送信される情報を表示します。

次の図では、ユーザーは、航空会社の予約とホテルやレンタル車を予約するかどうかを示すにはチェック ボックスを選択します。

フォーム上のチェック ボックス

ヒント: 既定では、チェック ボックスが選択されていません。既定でオンにする] チェック ボックスを実行する場合に、それをダブルクリックし、既定の状態を変更できます。

関連するコントロール

InfoPath には、チェック ボックスに似ていますが、目的の異なる他のコントロールが含まれています。これらのコントロールのうちのどれに最適なフォーム テンプレートを決定するには、次の一覧を参照してください。

オプション ボタン   チェック ボックス、オプション ボタンのグループをユーザーは選択肢をします。ただし、オプション ボタン付き、ユーザーがの代わりに四角形のチェック ボックスのセットからの小さい円のセットから] を選びます。また、チェック ボックスを通常を表しています共有の選択肢として、オプション ボタンを使用して、相互に排他的な選択肢のセット内の 1 つの選択肢を表すがあるのに対して。

複数選択リスト ボックス   複数選択リスト ボックスは、スクロール可能なリスト内のチェック ボックスの数値で構成されます。ユーザーでは、リストで 1 つ以上のチェック ボックスを選択したり、によっては、フォーム テンプレートを設計する方法、リストに自分のエントリを追加することができます。

ページの先頭へ

チェック ボックスを挿入する

チェック ボックスを挿入するための手順は、フォーム テンプレートのデザイン、データベースやその他の外部データ ソースを基にしたか新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインしているかどうかによって少し異なります。

次の図では、 デザイン モードで選択されているときにチェック ボックスをどのように見えるかを示します。

デザイン モードで選択されたチェック ボックス

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。

チェック ボックスは、常に、フィールドにバインドします。次の例では、フォーム テンプレートでは、[ホテルを含める] チェック ボックスは、データ ソース] 作業ウィンドウの[includehotel]フィールドにバインドされています。

フォーム テンプレート上のチェック ボックスとデータ ソース内の対応するフィールドの関係

チェック ボックスを繰り返しフィールドにバインドする場合繰り返しテーブルや繰り返しセクションなど、繰り返しコントロール内、チェック ボックスがあります。

新しい、空白のフォーム テンプレート上のチェック ボックスを挿入します。

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[チェック ボックスをクリックします。

  4. コントロールの既定のラベルを置き換えるには、フォーム テンプレートに挿入されたチェック ボックスの横にあるテキストを選択し、独自のラベルを入力します。

  5. ユーザーがフォーム上のチェック ボックスをオンまたはオフのときに、データ ソースに格納されている値を変更する] チェック ボックスをダブルクリックして、データ] タブをクリックして、オフになっているときに、値リストと値で必要な値をクリックして時オンになって] ボックスの一覧です。

    注: チェック ボックスの既定では、true の場合、「選択」または「オフになっていて、」FALSE「消去」または「オフ」の意味があるのに対して

既存のデータ ソースを基にしたフォーム テンプレート上のチェック ボックスを挿入します。

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでは、フォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウからする] チェック ボックスをドラッグするか、[コントロール] 作業ウィンドウから代わりに、次の手順で説明したようにする] チェック ボックスを挿入する] チェック ボックスを挿入できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[チェック ボックスをクリックします。

  4. チェック ボックスのバインド] ダイアログ ボックスで、チェック ボックスの値を格納するフィールドを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

  5. InfoPath では、コントロールのラベルとしてフィールドまたはグループの名前を使用します。必要に応じて、ラベルのテキストを変更します。

  6. チェック ボックスがオフになっているときに、データ ソースに格納されている値を変更または選択すると、フォーム テンプレートに挿入されたチェック ボックスをダブルクリックして、[データ] タブをクリックし、オフになっているときの値に使用する値を入力し、「c2 > オンになっているときの値ボックス。

    注: チェック ボックスの既定では、true の場合、「選択」または「オフになっていて、」FALSE「消去」または「オフ」の意味があるのに対して

    ヒント: コントロールを挿入するのにデータ ソース] 作業ウィンドウを使用することもできます。データ ソース] 作業ウィンドウでは、フィールドには、チェック ボックスのバインド先を右クリックし、ショートカット メニューの [チェック ボックスをクリックします。このコマンドを表示する、フィールドには、True または False (Boolean) データの種類など、適切なデータ型を使用する必要があります。

ページの先頭へ

レイアウトのヒント

次のヒントを使用して、外観、サイズ、およびチェック ボックス コントロールの他の側面を調整するのに役立ちます。

  • 一度に複数のチェック ボックスのサイズを変更するには、チェック ボックスのサイズを変更するのにを選択します。Alt キーを押しながら ENTER キーを押してし、[サイズ] タブで、必要な調整を加えます。

  • チェック ボックスを大きすぎるにした場合、チェック ボックス内のチェック マークが変形表示されます。

  • 枠線やする] チェック ボックスの色を変更するには、変更する] チェック ボックスを選択します。[書式] メニューとページ罫線と網かけの変更] をクリックし、必要な調整します。

  • 条件付き書式を使用すると、ユーザーは、特定のチェック ボックスを選択すると、フォーム テンプレート上のアイテムを表示します。たとえば、経費報告書フォームの条件付き書式に使えるマネージャーを表示するユーザーの管理者の承認を要求する] チェック ボックスを選択したときに承認] セクション。管理者の承認が必要でない場合は、ユーザーは、チェック ボックスを選択しないし、セクションは、フォーム上の非表示のままします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×