チェック ボックスを挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ユーザーがすぐに true または false の値を入力できるように、Microsoft Office InfoPath フォームテンプレートにチェックボックスを挿入することができます。

この記事の内容

チェックボックスを使用する場合

チェック ボックスを挿入する

レイアウトのヒント

チェックボックスを使用する場合

必要に応じて、次の1つ以上のチェックボックスを使用します。

  • ユーザーが true/false、または yes/no を選択できるようにします。

  • データベース、Web サービス、またはその他のデータソースから取得した情報を、true/false または yes/no で表示します。

次の図では、ユーザーがチェックボックスをオンにして、航空会社の予約と共にホテルまたはレンタカーの予約を行うかどうかを指定します。

フォーム上のチェック ボックス

ヒント: 既定では、チェックボックスはオンになっていません。既定でチェックボックスをオンにする場合は、それをダブルクリックして既定の状態を変更することができます。

関連するコントロール

InfoPath には、チェックボックスに似た他のコントロールがありますが、その用途は異なります。フォームテンプレートで最適に動作するコントロールを決定するには、次の一覧を参照してください。

オプションボタン   チェックボックスと同じように、オプションボタンのグループは、ユーザーが選択できるようにします。ただし、オプションボタンを使用すると、ユーザーは一連の四角形のチェックボックスではなく、一連の小さな円から選択します。また、チェックボックスは通常、非の選択肢を表しますが、オプションボタンは、限られた一連の相互排他的な選択肢内で1つの選択肢を表すために使われます。

複数選択リストボックス   複数選択リストボックスは、スクロール可能なリスト内の多くのチェックボックスで構成されています。ユーザーは、フォームテンプレートのデザインに応じて、リスト内の複数のチェックボックスをオンにしたり、リストに独自のエントリを追加したりできます。

ページの先頭へ

チェック ボックスを挿入する

チェックボックスを挿入する手順は、新しい空白のフォームテンプレートをデザインするか、データベースまたはその他の外部データソースに基づいてフォームテンプレートをデザインするかによって少し異なります。

次の図は、 デザイン モードでチェックボックスをオンにしたときの外観を示しています。

デザイン モードで選択されたチェック ボックス

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォームテンプレートのデータソースは、[データソース] 作業ウィンドウの階層ビューに表示されているフィールドとグループから成ります。

チェックボックスは常にフィールドにバインドされます。次の例では、フォームテンプレートの [ホテルを含める] チェックボックスが [データソース] 作業ウィンドウの [ includeHotel ] フィールドにバインドされています。

フォーム テンプレート上のチェック ボックスとデータ ソース内の対応するフィールドの関係

チェックボックスを繰り返しフィールドにバインドする場合、チェックボックスは、 繰り返しテーブルや繰り返しセクションなどの繰り返しコントロール内に存在する必要があります。

新しい空白のフォームテンプレートにチェックボックスを挿入する

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] の [チェックボックス] をクリックします。

  4. コントロールの既定のラベルを置き換えるには、フォームテンプレートに挿入されたチェックボックスの横にあるテキストを選択し、独自のラベルを入力します。

  5. ユーザーがフォーム上のチェックボックスをオフまたはオンにしたときにデータソースに格納されている値を変更するには、チェックボックスをダブルクリックし、[データ] タブをクリックして、[クリアしたときの値] ボックスの一覧で目的の値をクリックし、値チェックボックスをオンにします。

    注: チェックボックスの場合、既定では、TRUE は "選択" または "オン" で、FALSE は "クリア" または "オフ" を意味します。

既存のデータソースを基にしたフォームテンプレートにチェックボックスを挿入する

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービス上のフォームテンプレートのデザインを基にした場合、その既存のデータソースから [データソース] 作業ウィンドウにフィールドとグループが作成されます。このシナリオでは、次の手順に従って、[データソース] 作業ウィンドウからフォームテンプレートにチェックボックスをドラッグするか、代わりに [コントロール] 作業ウィンドウのチェックボックスを挿入して、チェックボックスを挿入できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] の [チェックボックス] をクリックします。

  4. [チェックボックスのバインド] ダイアログボックスで、チェックボックスの値を格納するフィールドを選択し、[ OK] をクリックします。

  5. InfoPath では、コントロールのラベルとして、フィールドまたはグループの名前が使用されます。必要に応じて、ラベルのテキストを変更します。

  6. チェックボックスをオフまたはオンにしたときにデータソースに格納されている値を変更するには、フォームテンプレートに挿入されたチェックボックスをダブルクリックし、[データ] タブをクリックして、クリアしたときの値に必要な値を入力します。[c2] > [値] チェックボックスをオンにします。

    注: チェックボックスの場合、既定では、TRUE は "選択" または "オン" で、FALSE は "クリア" または "オフ" を意味します。

    ヒント: [データソース] 作業ウィンドウを使用して、コントロールを挿入することもできます。[データソース] 作業ウィンドウで、チェックボックスをバインドするフィールドを右クリックし、ショートカットメニューの [チェックボックス] をクリックします。このコマンドを表示するには、フィールドに適切なデータ型 (True/False (Boolean) データ型など) を使用する必要があります。

ページの先頭へ

レイアウトのヒント

チェックボックスコントロールの外観、サイズ、その他の側面を調整するには、次のヒントを参考にしてください。

  • 複数のチェックボックスのサイズを一度に変更するには、サイズを変更するチェックボックスをオンにします。ALT + enter キーを押して、[サイズ] タブで必要な調整を行います。

  • チェックボックスを大きすぎる場合は、チェックボックス内のチェックマークがゆがんで表示されることがあります。

  • チェックボックスの枠線または色を変更するには、変更するチェックボックスをオンにします。[書式] メニューの [罫線と網かけ] をクリックし、必要な調整を行います。

  • 条件付き書式を使用すると、ユーザーが特定のチェックボックスをオンにしたときに、フォームテンプレートのアイテムを表示できます。たとえば、経費明細書フォームでは、条件付き書式を使用して、[管理者の承認を要求する] チェックボックスをオンにしたときに、[管理者の承認] セクションをユーザーに表示することができます。マネージャーの承認が必要ない場合、ユーザーはチェックボックスをオンにせず、セクションはフォーム上に表示されたままになります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×