チェック ボックスを変更する

文書にチェック ボックスを挿入すると、チェック ボックスの記号を X からチェックマークやその他の記号に変更したり、チェック ボックスの色やサイズを変更したりできます。

チェック ボックスの記号を変える

チェック ボックスを選択すると、チェック ボックスの中に X が表示されます。

X を別の記号に変更し、チェック ボックスを選択すると、記号は表示されますが、チェック ボックスは消えます。記号をクリックすると、記号は消えますが、チェック ボックスが再表示されます。

  1. リボンに [開発] タブが表示されていない場合は、[ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

  2. 右側の [リボンのユーザー設定] で [開発] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  3. 文書内で、チェック ボックスの周囲にあるコンテンツ コントロールの内側をクリックします。

    Word 2013 文書のチェック ボックス コントロール

  4. [開発] タブで、[プロパティ] をクリックします。

    [開発者] タブの [プロパティ] オプションが強調表示されています。

  5. [チェック ボックスのプロパティ] ([コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスの下部近くにある) で、[選択時の記号] の横の [変更] をクリックします。

  6. [記号] ボックスで、[最近使用した記号] 一覧の中から記号を見つけます。目的の記号がない場合は、[フォント] 一覧から Wingdings などのフォントを見つけます (特にチェック マークの記号を選ぶ場合)。目的の記号をクリックして、[OK] をクリックします。

  7. チェック ボックスごとに、同じ手順を繰り返します。

チェック ボックスに対するその他の変更

チェック ボックスの枠の色を変更したり、チェック ボックスの上にマウスを置いたときにテキストを表示したりできるほか、 その他の変更も行えます。

  1. リボンに [開発] タブが表示されていない場合は、[ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

  2. 右側の [リボンのユーザー設定] で [開発] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  3. 文書内で、コンテンツ コントロール内のチェック ボックスを選びます。

    Word 2013 文書のチェック ボックス コントロール

  4. [開発] タブで、[プロパティ] をクリックします。

    [開発者] タブの [プロパティ] オプションが強調表示されています。

  5. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ボックスで、次の操作を行います。

    • チェック ボックスの上にマウスを置いたときに説明文を表示するには、[タイトル] ボックスにテキストを入力します。

    • コンテンツ コントロールの上にマウスを置いたときに、色を付けて表示するには、[] をクリックします。

    • コンテンツ コントロール ボックスを表示しない場合は、[表示方法] で [なし] を選択します。このオプションを選択すると、[タイトル] ボックスに入力されたテキストも表示されません。

    • チェック ボックスのサイズ、色、枠線のスタイルを変更するには、[空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] チェック ボックスをオンにして、[新しいスタイル] をクリックします。

      • [書式] でフォント サイズを選択し、チェック ボックスのサイズを変更します。

      • [] 一覧から色を選びます。

      • 別の枠線を選択するには、[書式から新しいスタイルを作成] ボックスで [書式]、[罫線] の順にクリックします。

  6. 開いているダイアログ ボックスが閉じるまで [OK] をクリックします。

  7. チェック ボックスごとに、同じ手順を繰り返します。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×