スキップしてメイン コンテンツへ

チェック ボックスまたはオプション ボタン (フォーム コントロール) を追加する

チェック ボックスやオプション ボタンなどのフォーム コントロールを挿入し、データ入力を容易にすることができます。 チェック ボックスは、複数の選択肢があるフォームに適しています。 オプション ボタンは、ユーザーが 1 つの選択肢のみを選ぶ場合にお勧めです。

[サンプル] チェック ボックス ラジオ ボタン コントロールのサンプル

チェック ボックスまたはオプション ボタンを追加するには、リボンの [開発] タブを表示する必要があります。

注:  [開発] タブを有効にするには、次の手順を実行します。

  • Excel 2010 以降のバージョンでは、[ファイル]、[オプション]、[リボンのカスタマイズ] の順にクリックし、[開発] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。

  • Excel 2007 では、[Microsoft Office] ボタン Office ボタンの画像 、[Excel のオプション]、[人気]、[[開発] タブをリボンに表示する] の順にクリックします。

  1. チェック ボックスを追加するには、[開発] タブ、[挿入]、[フォーム コントロール] の ボタンの画像 の順にクリックします。

    リボンのチェック ボックス コントロール

    オプション ボタンを追加するには、[開発] タブ、[挿入]、[フォーム コントロール] の ボタンの画像 の順にクリックします。

    リボンのラジオ ボタン コントロール

  2. チェック ボックスまたはオプション ボタン コントロールを追加するセルをクリックします。

    ヒント: 一度に追加できるのは、1 つのチェック ボックスまたはオプションに限られます。 作業をすばやく行うには、最初のコントロールを追加した後、そのコントロールを右クリックして [コピー]、[貼り付け] の順に選びます。

  3. コントロールの既定のテキストを編集または削除するには、コントロールをクリックし、必要に応じてテキストを更新します。

    フォーム コントロールのテキストを編集する

ヒント: すべてのテキストが表示されていない場合は、表示されるようになるまでコントロール ハンドルのいずれかをクリックしてドラッグします。 コントロールのサイズとそのテキストからの距離は編集できません。

コントロールの書式設定

チェック ボックスまたはオプション ボタンを挿入した後、それが目的とする方法で動作することを確認することができます。 たとえば、外観またはプロパティをカスタマイズできます。

注: コントロール内のオプション ボタンのサイズと、関連するテキストからの距離は調整できません。

  1. コントロールの書式を設定するには、コントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

    [コントロールの書式設定] ダイアログ ボックスのオプション

  2. [コントロールの書式設定] ダイアログ ボックスの [コントロール] タブでは、すべての利用可能なオプションを変更できます。

    • オン:選択したオプション ボタンが表示されます。

    • オフ:オフのオプション ボタンが表示されます。

    • [リンクするセル] ボックスに、オプション ボタンの現在の状態を含むセル範囲を入力します。

      リンクするセルは、オプション グループのうち、選択したオプション ボタンの数を返します。 同じグループ内のすべてのオプションには、同じリンクするセルを使用してください。 最初のオプション ボタンは 1 を返し、2 つ目のオプション ボタンは 2 を返し、以降も同様です。 同じワークシートに複数のオプション グループがある場合、オプション グループごとに別のリンクするセルを使用します。

      選択したオプションに応答する数式には、返される数値を使用します。

      たとえば、人事フォームで、[仕事の種類] グループ ボックスに、セル C1 にリンクされた [フルタイム] と [パートタイム] というオプション ボタンがあるとします。 ユーザーがこの 2 つのオプションからいずれかを選ぶと、セル D1 の次の数式は、最初のオプション ボタンが選ばれた場合は "フルタイム"、2 つ目のオプション ボタンが選ばれた場合は "パートタイム" と評価されます。

      =IF(C1=1,"Full-time","Part-time")

      同じオプション グループで評価されるオプションが 3 個以上ある場合、同様の方法で CHOOSE 関数または LOOKUP 関数を使用できます。

  3. [OK] をクリックします。

コントロールの削除

  • コントロールを右クリックし、Delete キーを押します。

現時点では、 Web 用 Excelでチェックボックスコントロールを使用することはできません。 Web 用 Excel で作業しているときに、チェックボックスまたはその他のコントロール (オブジェクト) を含むブックを開くと、これらのコントロールを削除せずにブックを編集することはできません。

重要: "ブラウザーで編集しますか?" または "サポートされていない機能" というメッセージが表示された場合、ブラウザーでブックを編集することを選択しても、チェックボックスやコンボボックスなどのすべてのオブジェクトはすぐに失われます。 この問題が発生し、それらのオブジェクトを元に戻す場合は、[以前のバージョン] を使用して以前のバージョンを復元します。

Excel デスクトップアプリケーションをお持ちの場合は、[ excel で開く] をクリックして、チェックボックスまたはオプションボタンを追加します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

チェック ボックス、オプション、またはトグル ボタン (ActiveX コントロール) を追加する

ワークシート内のフォーム、フォーム コントロール、および ActiveX コントロールの概要

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×