チェックアウトを元に戻してファイルの変更を破棄する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト上のライブラリからファイルをチェックアウトして変更を加えた後に、ファイルに加えた変更を保持しない場合は、チェックアウトを元に戻すことができます。チェックアウトしたとき以降にファイルに加えられた変更は破棄され、ファイルは、他のユーザーが編集できる状態になります。

ファイルのチェックアウトを元に戻すことができるのは、ファイルをチェックアウトした本人か、またはライブラリを変更する権限を持つユーザー (たとえばサイト所有者) です。他ユーザーによってチェックアウトされているファイルを元に戻す場合は、チェックアウト以降にそのユーザーによってファイルに加えられた変更が上書きされてしまうため、注意が必要です。

  1. まだライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、ライブラリの名前をクリックします。

  2. チェックアウトを元に戻すファイルをポイントし、表示される矢印をクリックします。次に、[チェックアウトの破棄] をクリックします。

  3. 変更内容を破棄するかどうかを確認するメッセージが表示されます。変更を保存する必要がないことが確実な場合は、[はい] をクリックします。

注: バージョン管理が有効になっているライブラリでは、チェックアウト中にファイルに加えられた変更はバージョン履歴の一部にはなりません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×