ダッシュボードを使用して Excel 2007 ワークシートと KPI を共有する

ダッシュボード ページを使用して Microsoft Office Excel 2007 ワークシートのデータのスナップショットを表示するには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトで、ワークシートを Microsoft Office Excel Web Access Web パーツに表示します。ダッシュボードには、組織の目標達成までの進捗状況を測定する主要業績評価指標 (KPI) も表示できます。レポート センター サイトには、レポートおよびダッシュボード ページを作成、保存、および管理するためのツールが用意されています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ダッシュボードおよびレポート センターについて

ダッシュボードへのアイテムの追加を準備する

新しいダッシュボード ページを作成する

ダッシュボード ページで Office Excel 2007 ワークシートを共有する

ダッシュボード ページに KPI を追加する

ダッシュボード ページを発行する

ダッシュボードおよびレポート センターについて

ダッシュボードは、ステータスの通知とアクションの実行に使用されます。Office SharePoint Server 2007 ダッシュボードは、レポート、グラフ、KPI など異種のソースからの情報を整理して表示する Web ページ テンプレートです。

さまざまな Web パーツを使用して、独自のダッシュボード ページを作成できます。ただし、ダッシュボードを最も迅速に作成する方法は、レポート センターに用意されているダッシュボード ページ テンプレートを利用することです。ページを作成した後で、アイテムの追加や削除、ページの外観の変更を行うことができます。

ダッシュボード ページは任意のサイトに作成できますが、レポート センター サイトは、レポートおよび KPI の管理と表示用に最適化されています。チーム、部署、または組織は、レポート センターから、レポートの格納、取得、および変更を一元的に行うことができます。

適切な権限を持つユーザーであれば、組織内の任意のトップ レベル サイトからレポート センターをセットアップできます。また、サイトにライブラリを追加する権限を持っている場合は、レポート ライブラリを作成して、そこでレポートおよびダッシュボードを簡単に作成、格納、共有できます。たとえば、チーム サイトからレポート ライブラリを作成できます。

レポート センターのホーム ページには、サンプル ダッシュボード ページ、サンプル データ、およびサンプル KPI へのリンクが既定で含まれます。独自のダッシュボードを作成する前に、この情報を理解しておくと参考になります。レポート センターでは、次の機能があらかじめ構成されています。

  • メジャー バージョンとマイナー バージョンが追跡され、レポートとページに対する変更を確認したり、以前のバージョンに戻したりできます。

  • 下書きアイテムのセキュリティが有効になり、レポートを編集する権限のあるユーザーだけがマイナー バージョンを参照できます。

  • 基本的な KPI 構成が行われます。KPI リストが自動的に作成され、そのリストがダッシュボード ページにリンクされ、KPI Web パーツがページに追加されます。これにより、ダッシュボード ページへの KPI の表示が簡単になります。

レポート センターにアクセスするには、既定のナビゲーションのあるトップレベル サイトで、[レポート] タブをクリックします。レポート センターのダッシュボードをすべて表示するには、サイド リンク バーで [ダッシュボード] をクリックします。次に、[ビュー] メニューの [ダッシュボード] をクリックします。

[表示] メニューの [ダッシュボード] コマンド

ダッシュボード ページを表示する権限を持っているユーザーは、ダッシュボード ページを表示したり、そのページに別のサイトからリンクしたりできます。

ページの先頭へ

ダッシュボードへのアイテムの追加を準備する

Office Excel Web Access を使用するには、Microsoft Office Professional Plus 2007 または Microsoft Office Enterprise 2007 に付属するバージョンの Excel 2007 を使用する必要があります。また、Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーで、Office Excel Web AccessExcel Services が有効になっている必要があります。

ダッシュボードで Office Excel 2007 ブックを表示するには、SharePoint サイトのドキュメント ライブラリにブックを保存する必要があります。また、ブックを含んでいるライブラリは、Office Excel Web AccessExcel Services に対して信頼できる場所として定義する必要があります。ブックをドキュメント ライブラリに保存するには、ライブラリのあるサイトに投稿する権限が必要です。

自分または他のユーザーがライブラリに保存した既存のブックを表示することもできます。これを行うには、ブックを表示する権限が必要です。

KPI をダッシュボードに含めるには、新しい KPI リストを作成する権限、または既存の KPI リストにアクセスする権限が必要です。既定では、Site Members SharePoint グループのメンバはページを編集できますが、KPI リストの作成はできません。KPI リストを作成するには、リストの管理権限が必要です。既定では、Site Owners SharePoint グループにこの権限が与えられています。

権限および信頼できる場所は、通常、サイト管理者によって設定されます。

ダッシュボードの作成時には、ダッシュボードで使用するレポートおよび KPI の数を選択し、ページのどこに表示するかを指定します。ページの作成後は、Web パーツの追加と削除、レイアウトの変更、Web パーツの接続とフィルタリングによってページをカスタマイズできます。

ページの先頭へ

新しいダッシュボード ページを作成する

Web パーツを自由に組み合わせて、SharePoint サイトの任意の場所からダッシュボード ページを作成できます。レポート センターにあるダッシュボード ページ テンプレートを使用すると、適切な Web パーツを追加して KPI リストにリンクすることにより、ページを作成できます。レポート センター以外のサイトでもダッシュボード ページを作成できますが、次の手順では、レポート センターからページを作成する方法を示します。

  1. レポート センターのサイド リンク バーで、[ダッシュボード] をクリックします。

  2. [新規] メニューの [ダッシュボード ページ] をクリックします。

    [ダッシュボード ページ] コマンド

  3. [ファイル名] ボックスに、ダッシュボードのファイル名を入力します。このファイル名は、ページの URL の一部として使用されるほか、見出しやリンクとしてサイト全体に表示されます。

  4. [ページ タイトル] ボックスに、ページの名前を入力します。このタイトルは、見出しやナビゲーション リンクとしてサイト全体に表示されます。

  5. [説明] ボックスに、ページの説明を入力します。説明の入力は省略できます。この説明は、ライブラリの一覧の列に表示されます。

  6. [ドキュメント ライブラリ] ボックスで、ページを格納するライブラリを選択します。

  7. [フォルダ] ボックスで、ページを格納するライブラリ内のフォルダを選択します。

  8. [現在のナビゲーション バーにリンクを追加する] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • サイド リンク バーにページのリンクが表示されないようにするには、[いいえ] をクリックします。ページにアクセスするには、格納先のドキュメント ライブラリに移動するか、ページの URL を使用します。

    • サイド リンク バーにリンクを追加するには、[はい] をクリックし、一覧からオプションを選択します。このリンクは、サイド リンク バー内のセクションの下に表示されます。

  9. [レイアウト] ボックスで、必要な Office Excel Web Access Web パーツと主要業績評価指標の数、およびページ上での配置方法を選択します。

  10. [主要業績評価指標] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

オプション

説明

[KPI リストを自動的に作成する]

KPI リストを作成して KPI Web パーツにリンクします。これは、KPI リストがまだ作成されていない場合に最適なオプションです。

[後で既存の KPI リストを選択できるようにする]

ページに KPI Web パーツを追加しますが、KPI リストは Web パーツに関連付けません。Web パーツで使用できる既存の KPI リストがある場合は、このオプションを使用します。

[このダッシュボードに KPI リストを追加しない]

KPI リスト Web パーツを追加せずにダッシュボードを作成します。このオプションは、KPI の表示が不要であるとわかっている場合に選択します。後で表示が必要になった場合は、ページを編集して KPI Web パーツを追加できます。

ページの先頭へ

ダッシュボード ページで Office Excel 2007 ワークシートを共有する

ダッシュボード ページで Office Excel 2007 ワークシートを共有するには、最初にブックを SharePoint ライブラリに保存してから、Office Excel Web Access Web パーツに追加します。

注:  Office Excel Web Access を使用するには、Microsoft Office Professional Plus 2007 または Office Enterprise 2007 に付属するバージョンの Excel 2007 を使用する必要があります。また、Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーで、Office Excel Web AccessExcel Services が有効になっている必要があります。

ブックを SharePoint サイトに保存する

使用するブックがまだ SharePoint ライブラリに含まれていない場合は、Excel Services を使用して公開する必要があります。Excel Services を使用して公開する方法は、SharePoint サイトの [アップロード] メニューを使用してアップロードするよりも良い方法です。Excel Services を使用してブックを公開すると、Excel Services で Office Excel Web Access に表示するブックの部分 (個別のワークシート、名前付き範囲、グラフなど) を定義できます。ブックの特定の部分のみを表示し、Office SharePoint Server 2007 の権限を使用してブックを不正アクセスから保護することで、認証されたユーザーによる表示可能なデータの更新、再計算、および対話操作を許可しながら、ブック内のデータの機密性を保持できます。

また、パラメータを定義することもできます。パラメータとは、ワークシートを公開する前に名前を付けた単一のセルのことです。このセルは、Office Excel Web Access Web パーツを使用して公開できます。ユーザーは、セル内に値を入力し、ブックを再計算してデータを分析できます。

注: Excel Services では、すべての Microsoft Office Excel 機能がサポートされているわけではありません。サポートされていない機能の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

次の手順で使用されている例では、ブックをレポート センターの [レポート] ライブラリに公開しています。ただし、投稿の権限レベルが付与されていれば、任意の SharePoint サイトに公開できます。

  1. Excel Services を使用して公開するブックを開きます。パラメータを定義する予定がある場合は、ユーザーの入力に使用するそれぞれのセルに名前を付けます。

  2. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[発行] をポイントして、[ドキュメントを他のユーザーに配布] の下にある [Excel Services] をクリックします。

  3. [ファイル名] ボックスで、サーバーへのパスおよびファイル名を入力します。たとえば、コントソ社のトップレベル サイトで、Test.xlsx というファイルをレポート センター サイトのレポート ライブラリに保存するには、「http://Contoso/Reports/ReportsLibrary/Test.xlsx」と入力します。

    重要: 保存先の SharePoint ライブラリの URL をブラウザから [ファイル名] ボックスに直接コピーして貼り付ける場合は、保存先ライブラリへのファイルのコピーが失敗しないように、余分な文字列を削除する必要があります。この例では、URL 内の Forms/current.aspx が不要な文字列です。

  4. [Excel Services のオプション] をクリックし、Excel Services でのブック全体またはブックの一部の表示に使用するオプションを選択します。

  5. ブックの表示可能な領域がブラウザに正しく表示されるようにするには、[Open in Excel Services] チェック ボックスをオンにします。

  6. [OK] をクリックし、[保存] をクリックします。

  7. [ドキュメントの種類の選択] ダイアログ ボックスで、[ドキュメントの種類] ボックスの一覧の [レポート] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

  9. SharePoint サイトを更新し、新しくアップロードされたドキュメントを表示します。

ワークシートをダッシュボードに表示する

  1. ワークシートを追加するダッシュボード ページで、 ボタンの画像 (サイトの操作) をクリックし、[ページの編集] をクリックします。

  2. ワークシートを追加する Office Excel Web Access Web パーツで、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツの [編集] メニュー) をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

  3. Office Excel Web Access ツール ウィンドウで、[ブック] の下にある [ビルダー] ボタン (リンクの選択) をクリックし、[リンクの選択] ダイアログ ボックスを使用してブックを見つけます。

  4. ワークシートの一部のみを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

オプション

説明

名前付きアイテム

[ビルダー] ボタン をクリックし、[テキストの入力] ボックスに、ワークシートで定義したセルの範囲の名前を入力します。この範囲のみが Web パーツに表示されます。

表示するワークシートまたは名前付き範囲の行数を入力します。たとえば、「5」と入力すると、ワークシートまたは名前付き範囲の最初の 5 行が表示されます。

表示するワークシートまたは名前付き範囲の列の数を入力します。たとえば、「5」と入力すると、ワークシートまたは名前付き範囲の最初の 5 列が表示されます。

Office Excel Web Access Web パーツの使用方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

ダッシュボード ページに KPI を追加する

KPI は、目標までの進捗状況を通知する視覚的な効果です。

ダッシュボード ページへの KPI の追加方法は、ダッシュボード テンプレートで自動的に KPI リストを作成するか、または既存の KPI リストを選択するかによって異なります。

ダッシュボード テンプレートで選択したオプションに応じて、次の 2 つの手順のいずれかを選択します。

自動的に作成された KPI リストを使用して新しい KPI を追加する

ダッシュボード テンプレートで KPI リストを自動的に作成するオプションを選択した場合は、KPI Web パーツを空白の Web パーツ ページに追加するときに必要となる手順のいくつかを省略できます。ダッシュボード テンプレートを使用することにより、KPI リストが自動的に作成され、ページに関連付けられます。さらに、Web パーツが自動的にページに追加されます。

次の手順では、KPI のタイプを選択して KPI リストに追加します。これは、ダッシュボード ページの KPI Web パーツから行います。

  1. KPI Web パーツのツールバーで、[New] の横にある矢印をクリックします。

  2. KPI のデータのある場所に応じて、次の KPI の種類のうち、いずれかを選択します。

選択するオプション

対象となるソース データ

SharePoint リストのデータを使用するインジケータ

合計、最小値、最大値などの集計値の作成に使用するアイテムが含まれている SharePoint リスト。KPI を設定する前に、使用するビューに既に SharePoint リストが含まれていることを確認してください。KPI を正しく機能させるためには、最初に適切な列を表示する必要があります。

Excel ブックのデータを使用するインジケータ

KPI が計算される Excel ブック。

SQL Server 2005 Analysis Services のデータを使用するインジケータ

SQL Server 2005 Analysis Services キューブ。

入力した情報を使用するインジケータ

システム内に存在しない情報。したがって、データを手動で入力します。

  1. [New Indicator] ページで、手順 2. で選択した KPI の種類に応じて、次のいずれかの操作を行います。

KPI の種類

操作

SharePoint リストのデータを使用するインジケータ

  1. [名前] ボックスおよび [説明] ボックスに、インジケータの名前と、オプションとして説明を入力します。

  2. [コメント] ボックスに、KPI を参照するユーザーが KPI の表している内容を理解するのに役立つテキストを入力します。

  3. [SharePoint のリストとビュー] の [リストの URL] ボックスに、リストまたはライブラリの URL を入力します。

    注: 

    • Microsoft Office データ接続 (.odc) ファイルの URL がわからない場合は、[参照] をクリックして [リンクの選択] ダイアログ ボックスを表示し、.odc ファイルを参照します。

    • SharePoint リストまたはライブラリは、同じサイト コレクションに含まれている必要があります。

  4. [View] で、KPI で使用するアイテムが含まれているビューを選択します。

  5. [値の計算] で、KPI の目標を計算する次のいずれかの方法を選択します。

    • [ビュー内のリスト アイテム数]     リスト内のアイテム数の合計。

    • [次の条件を満たすビュー内のリスト アイテムの割合]     リスト内の 1 つまたは 5 つ以内の列のコンテンツの種類の値を比較する計算。

    • [ビュー内のすべてのリスト アイテムを使用した計算]     リスト内の数値の列の [合計]、[平均]、[最大値]、または [最小値] の計算。

      注: [ビュー内のすべてのリスト アイテムを使用した計算] オプションは、リストに数値フィールドが含まれている場合にのみ使用できます。

Excel ブックのデータを使用するインジケータ

  1. [名前] ボックスおよび [説明] ボックスに、インジケータの名前と、オプションとして説明を入力します。

  2. [コメント] ボックスに、KPI を参照するユーザーが KPI の表している内容を理解するのに役立つテキストを入力します。

  3. [ブックの URL] ボックスに、ブックの場所を入力します。

    注記: 

    • ブックの URL がわからない場合は、 ボタンの画像 (参照) をクリックして [リンクの選択] ダイアログ ボックスを表示し、ファイルを参照します。

    • URL は、現在のサイトからの相対的な位置を表すものと見なされます。

  4. [インジケータ値のセル番地] で、ブック番号に続けて感嘆符を入力し、その後に KPI のワークシート内の場所を示すセル番地を入力します。たとえば、インジケータがワークシート 1 のセル D15 にある場合は、「Sheet1!D15」と入力します。セル番地を使用しない場合は、名前付き範囲を使用します。

SQL Server 2005 Analysis Services のデータを使用するインジケータ

  1. [データ接続] ボックスに、.odc ファイルのある場所の URL を入力します。

    注: .odc ファイルの URL がわからない場合は、[参照] をクリックして [リンクの選択] ダイアログ ボックスを表示し、.odc ファイルを参照します。

  2. [表示フォルダから KPI のみを表示] ボックスで、KPI が含まれている Analysis Services データベース内の表示フォルダを選択します。

  3. [KPI リスト] ボックスで、[Total Revenue] や [Average Profit Margin] など、目的の KPI を選択します。

  4. 選択した KPI の子インジケータをすべて表示するには、[子インジケータを含める] チェック ボックスをオンにします。

  5. [名前] ボックスおよび [説明] ボックスに、インジケータの名前と、オプションとして説明を入力します。

  6. [コメント] ボックスに、KPI を参照するユーザーが KPI の表している内容を理解するのに役立つテキストを入力します。

入力した情報を使用するインジケータ

  1. [名前] ボックスおよび [説明] ボックスに、インジケータの名前と、オプションとして説明を入力します。

  2. [コメント] ボックスに、KPI を参照するユーザーが KPI の表している内容を理解するのに役立つテキストを入力します。

  3. これまでの進捗状況を示す数値を入力します。

  1. [ステータス アイコンのルール] セクションの [適した値] の一覧で、[高い値] または [低い値] を選択して、どの数値の範囲が緑色になるかを指定します。

  2. ボックス内にステータス インジケータの数値を入力します。たとえば、タスクのセットに対する進捗率の最小値を追跡するには、緑色のインジケータを目標値に設定し、警告値を目標値より 1 つ少ない値に設定できます。この場合、進捗率の最小値が 25% を下回ったときに通知を受け取るようにするには、緑色のインジケータを 25 に設定し、黄色のインジケータを 24 に設定します。

    注: [Analysis Services のデータを使用するインジケータ] の KPI の [ステータス アイコンのルール] は、データベース アナリストによって事前設定されています。

既存の KPI をダッシュボード ページに追加する

テンプレートを使用してダッシュボードを作成する場合は、既存の KPI を後で選択できます。この方法では、KPI Web パーツがダッシュボード ページに配置されるので、Web パーツ ツール ウィンドウを使用して、表示する KPI リストを選択できます。Web パーツで KPI リストを使用するには、KPI リストにアクセスする権限が必要です。

  1. KPI リストを Web パーツに追加するには、[Open the tool pane] をクリックします。

  2. [インジケータ リスト] ボックスで、 ボタンの画像 (参照) をクリックして、表示する KPI リストを見つけます。

  3. [リンクの選択] ダイアログ ボックスで、使用する KPI リストのタイトルをダブルクリックします。

  4. [OK] をクリックして、ツール ウィンドウを閉じます。

KPI の操作方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

ダッシュボード ページを発行する

Office SharePoint Server 2007 のほとんどの Web ページと同様に、ダッシュボード ページでは、チェックインとチェックアウトのシステムを使用して、一度に 1 人のユーザーのみがページを編集できるようになります。また、バージョン管理機能により、ページに加えられた変更を追跡できます。他のユーザーがダッシュボードを参照できるようにするには、ダッシュボードを公開する必要があります。場合によっては、公開する前に、組織内の別のユーザーによるページの承認が必要です。

次の手順は、ユーザーにダッシュボード ページを公開する権限が割り当てられていて、校閲者によるページの承認が必要ないことを前提としています。ページの公開方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

ページを保存し、他のユーザーが編集できないようにする。これにより、下書きを共有することなく、後でページに戻って編集することができます。

ページ編集ツールバーの [ページ] をクリックし、[編集を保存して終了] をクリックします。

ページを保存し、他のユーザーが編集できるようにする。このオプションは、共同作業を行うチーム メンバーがいて、メンバーがページの下書きを表示して変更できるようにする場合に便利です。

ページ編集ツールバーの [下書き共有のためチェックイン] をクリックします。

ページを公開し、権限を持つすべてのユーザーが表示できるようにする。

ページ編集ツールバーの [公開] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×