ダイヤルイン会議

ダイヤルイン会議は、Office Communications Server 2007 R2 でホストされる電話会議の新しいオーディオ オプションです。ダイヤルイン オプションは、会社の会議プロバイダ サービスに代わるコスト効率の良い手段を提供します。また、このオプションを使用すると、電話会議の参加者が、電話またはモバイル デバイスから電話をかけて、オーディオ部分にダイヤルイン会議を使用する Communicator 電話会議または Live Meeting に参加できます。ダイヤルイン オプションは、予約された Communicator 電話会議または Live Meeting に使用できます。ダイヤルイン会議を使用すると、企業ネットワークのメンバおよび非メンバが電話会議に参加でき、会議プロバイダは必要ありません。

会議アドインをインストールする

ダイヤルイン会議をサポートする Communicator 電話会議または Live Meeting を予約するには、Microsoft Office Outlook 用会議アドインをインストールまたはアップグレードする必要があります。以前のバージョンの Microsoft Office Live Meeting クライアントおよび会議アドインがインストールされている場合は、削除してください。さらに、Outlook が実行されていないことを確認してから、新しいバージョンの会議アドインをインストールします。

Microsoft Office Outlook 用会議アドインをインストールするにはここをクリックしてください。

会議アドインのインストールまたはアップグレード方法の詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

ダイヤルイン会議の設定を構成する

主催者、発表者、または認証済みの発信者として電話会議に参加するには、PIN を使用する必要があります。

  1. PIN を設定するには、Outlook で [会議] をクリックし、[ダイヤルイン会議の設定] をクリックします。

  2. ホーム ページで、[暗証番号 (PIN)] の下の [サインイン] をクリックします。

  3. [言語] の一覧で、使用する言語をクリックして、[サインイン] をクリックします。

  4. [新規 PIN の作成] ページで、[PIN] または [暗証番号 (PIN) の変更] をクリックし、PIN の要件を満たす数値を [PIN] ボックスに入力します。次に、[PIN の確認入力] ボックスに新しい PIN をもう一度入力します。

  5. 操作が完了したら、[保存] をクリックします。

ダイヤルイン会議を使用する電話会議に参加する

オーディオ部分にダイヤルイン会議を使用する Communicator 電話会議または Live Meeting に参加する場合は、電話からダイヤルインするために次のアクセス情報が必要です。

  • 電話会議のダイヤルイン番号

  • 電話会議 ID

  • パスコード (必要な場合)

ダイヤルイン会議を使用する Communicator 電話会議または Live Meeting への電子メール招待状を受信している場合は、招待状の [オーディオ情報] の下にオーディオ情報が記載されています。

電話会議の主催者、発表者、または認証済みの発信者として参加するには、次の情報も必要です。

  • 暗証番号 (PIN)

  • 内線番号

ダイヤルイン会議を使用して Live Meeting を予約する

ダイヤルイン会議の設定を構成すると、Live Meeting の既定のオーディオ オプションがダイヤルイン会議になります。

  1. Outlook で、[会議] をクリックし、[Live Meeting の予約] をクリックします。または、Outlook のツール バーの [Live Meeting の予約] をクリックします。

  2. ■訳文なし■[件名] 行をクリックし、ミーティングの件名を入力します。■訳文なし■[宛先] 行に、招待する参加者の電子メール アドレスを入力します。複数入力する場合は、各アドレスをセミコロンで区切ります。

  3. 発表者を指定するには、[発表者] をクリックし、発表者名をクリックします。次に [追加] をクリックして、発表者名を [発表者] ボックスの一覧に移動し、[OK] をクリックします。

  4. オーディオのダイヤルイン会議を使用するには、[オーディオ] をクリックし、[コンピュータ オーディオを使用する、または電話を掛ける] をクリックします。

  5. 必要に応じて、[電話会議への参加にパスコードを必要とする] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、PIN を所有していない参加者が電話会議に参加しようとしたときに、会議 ID とパスコードの入力を求められます。

  6. 一覧で、市内電話番号に対応する地域をクリックし、[OK] をクリックします。

  7. アクセス制御を変更するには、[アクセス許可] をクリックします。

    既定では、電話会議用の電話番号と電話会議 ID を知っていれば、だれでも電話会議に参加できます。ダイヤルイン電話会議への参加者を制限するには、電話会議を予約するときに次の詳細なアクセス許可を構成します。

    • [ネットワーク内で招待] を選択すると、企業ネットワークの内部またはその提携先の参加者が会議に参加できるようになります。会議の参加者は、組織内の別のユーザーにミーティング招待状を転送することもできます。

    • [ネットワーク内で招待 (制限付き)] を選択すると、組織またはその提携先に所属しているユーザーのうち、開催者が招待した参加者のみが会議に参加できるようになります。この場合、他の参加者はミーティング招待状を転送できません。

    • [任意のユーザーを招待] を選択すると、すべてのユーザーに会議への参加を許可します。既定ではこのオプションがオンになっています。

  8. ミーティング招待状が完成したら、標準ツール バーの [送信] をクリックします。

ダイヤルイン会議を使用して Communicator 電話会議を予約する

ダイヤルイン会議の設定を構成すると、直ちに Communicator 電話会議の既定のオーディオ オプションがダイヤルイン会議になります。

  1. Outlook で、[会議] をクリックし、[電話会議の予約] をクリックします。または、Outlook のツール バーの [電話会議の予約] をクリックします。

  2. ■訳文なし■[件名] 行をクリックし、会議の件名を入力します。■訳文なし■[宛先] 行に、招待する参加者の電子メール アドレスを入力します。複数入力する場合は、各アドレスをセミコロンで区切ります。

  3. 主催者を指定するには、[主催者] をクリックし、主催者名をクリックします。次に [追加] をクリックして、主催者名を [主催者] ボックスの一覧に移動し、[OK] をクリックします。

  4. オーディオのダイヤルイン会議を使用するには、[オーディオ] をクリックし、[コンピュータ オーディオを使用する、または電話を掛ける] をクリックします。次に、使用する会議ブリッジの種類を次の中からクリックします。

    • すべての会議で同じダイヤルイン情報を使用する場合は、[割り当てられた会議 ID をすべての会議で使用する] をクリックします。

    • 各会議で一意のダイヤルイン情報を使用する場合は、[電話会議ごとに新規の電話会議 ID を使用する] をクリックします。

  5. 必要に応じて、[電話会議への参加にパスコードを必要とする] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、PIN を所有していない参加者が電話会議に参加しようとしたときに、会議 ID とパスコードの入力を求められます。

  6. 一覧で、市内電話番号に対応する地域をクリックし、[OK] をクリックします。

  7. アクセス制御を変更するには、[アクセス許可] をクリックします。

    既定では、電話会議用の電話番号と電話会議 ID を知っていれば、だれでも電話会議に参加できます。ダイヤルイン電話会議への参加者を制限するには、電話会議を予約するときに次の詳細なアクセス許可を構成します。

    • [ネットワーク内で招待] を選択すると、企業ネットワークの内部またはその提携先の参加者が会議に参加できるようになります。会議の参加者は、組織内の別のユーザーにミーティング招待状を転送することもできます。

    • [ネットワーク内で招待 (制限付き)] を選択すると、組織またはその提携先に所属しているユーザーのうち、開催者が招待した参加者のみが会議に参加できるようになります。この場合、他の参加者はミーティング招待状を転送できません。

    • [任意のユーザーを招待] を選択すると、すべてのユーザーに会議への参加を許可します。既定ではこのオプションがオンになっています。

  8. ミーティング招待状が完成したら、標準ツール バーの [送信] をクリックします。

予約なしで電話会議を設定する

電話会議を予約しなくても、参加者に会議のダイヤルイン番号を送信することで、いつでも臨時電話会議を開催できます。会議の情報は電子メール、インスタント メッセージ (IM) などで送信できます。

  1. ダイヤルイン会議の情報を取得するには、次のいずれかの操作を行います。

    • Outlook で、[会議] をクリックし、[ダイヤルイン会議の設定] をクリックします。

    • ブラウザ ウィンドウのアドレス バーに、管理者が指定した [ダイヤルイン会議の設定] ページのアドレスを入力します。たとえば、「https://im.contoso.com/dialin」のように入力します。

    • ダイヤルイン会議参加の招待状を受信している場合は、招待状を開き、[オーディオ情報] の下の [PIN を設定しましたか?] をクリックして、[ダイヤルイン会議の設定] ページを開きます。

    • Communicator の [ツール] メニューをクリックし、[ダイヤルイン会議の設定] をクリックします。

  2. ホーム ページで、[電話会議の入場情報] と、1 つまたは複数の [電話会議用の電話番号] をメモします。

  3. IM や電子メールなどを使用して、会議に招待する人に、電話会議に関する必要な情報を送信します。

ダイヤルイン会議を使用して "今すぐミーティング" を開始する

ダイヤルイン会議の設定を構成すると、Live Meeting の既定のオーディオ オプションがダイヤルイン会議になり、これには "今すぐミーティング" も含まれます。

重要: Communicator 電話会議または Live Meeting のオーディオ オプションを変更した場合は、最新の変更後のオーディオ オプションが "今すぐミーティング" の既定のオーディオ オプションになります

  1. Outlook で、[会議] をクリックし、[今すぐミーティング] をクリックします。または、Outlook のツール バーの [今すぐミーティング] をクリックします。

  2. Microsoft Office Live Meeting が自動的に開き、今すぐミーティングのミーティングに参加した状態になります。コンピュータにクライアントがインストールされていない場合は、インストールするように指示されます。

  3. ミーティング クライアントが開くと、Outlook で会議出席依頼が開きます。■訳文なし■[件名] 行をクリックし、ミーティングの件名を入力します。■訳文なし■[宛先] 行に、招待する参加者の電子メール アドレスを入力します。複数入力する場合は、各アドレスをセミコロンで区切ります。

  4. ミーティング招待状が完成したら、標準ツール バーの [送信] をクリックします。

その他のリソース

ダイヤルイン会議のビデオ

Microsoft Office Communications Server 2007 R2 のダイヤルイン会議用クイック リファレンス カード

Microsoft Office Communications Server 2007 R2 用の Microsoft Office Live Meeting クライアント ファースト ステップ ガイド

Microsoft Office Communications Server 2007 R2 用の Microsoft Office Live Meeting クイック リファレンス

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×